中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
『現代中国茶文化考』
20170307194253a75.jpg

真面目な論文集?
たまたま丸善で見つけて
手にとってみた。

大阪観光大学専任講師の
王静という方のお仕事。

1983年生まれとは、
お若い方なんだなあ。

台湾の茶藝の発展も研究の対象みたいで、
じっくりちゃんと読んでみたい。

『現代中国茶文化考』
著者:王静
出版:思文閣出版
発行:2017.03.01
価格:5,940



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
BRUTUS New wave of Tea
20170307195443cd4.jpg

本屋で見つけた。
ティーバッグのカタログみたいなのが面白かった。
この発想パクろうかな(笑)
でも、選ぶお茶が違いそう。

お茶のお店も、知らないところばかり。
最近お茶の世界、足を踏み入れてなかったものね。

茶友が買ってたので
ちょっと興味があった。
でも、横の赤塚不二夫!!!に
ちょっと負けてる(笑)




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
『茶楽』
2017030719292793a.jpg

ジョセフ・ウェズリー・ウールの
The art and craft of TEAという
茶の本の翻訳

原本持ってた

写真がなかなか面白いけど、
日本の本ではないなあ(笑)

紅茶の人が入門で読むには
良いのかもしれない。

『茶楽』
著者:ジョセフ・ウェズリー・ウール
発行:2017.1.26
出版:ガイアブックス
価格:3,024円



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
福茶
_1530986

節分には毎年福茶を淹れる。

福茶といえば、正月など
節目節目の時に飲む風習が
昔からあるようだが、
地方によってその中身も違うようだ。

黒豆、昆布、梅干し、山椒といった具に
煎茶や湯を注ぐのが一般的らしい。

茶の効用を重んじて、節目に咽というのは
さもありなんというところだろうか。
さらに茶にいろいろ入れる風習も
もともと中国ではあったので
(今もライ茶などに残っている)、
それが伝えられていると考えると面白い。

我が家の福茶は
栃木の発祥(笑)
家人の実家の両親が二人とも
栃木の出身で、
昔からこのやり方なのだとか。

煎茶に豆と柚子を入れる。
少量の砂糖も加えるのが特徴だ。

柚子のさわやかさと
豆の香ばしさ。
煎茶のいい感じがミックスして
なかなか美味しい。

分量の配合を間違えると
なかなか厳しいお茶になるのだが(笑)、
微妙な配合がうまくいくと
お変わりしたくなる。

今年は煎茶を入れすぎた。
反省!




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
エシレのサブレ
_1540301

このところ嵌っているのがエシレのサブレ。
これ、お茶にめちゃくちゃ会うんだよね。

エシレバターたっぷりなので
一枚たべると結構なボリュームなのだが、
紅茶もしくは濃い目の烏龍茶にあう。

僕はシ真紅とともに楽しんでいる。

エシレ・メゾン デュ ブール
住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア1F
営業 10:00~20:00(無休)
電話:03-6269-9840



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
大益普洱茶の品質鑑定


最近中国茶の本は、放置してた。

たまたま年末御節を買いに多摩センターに行った際に
丸善でたまたま見つけたのがこの本。
知る限りにおいて普シ耳茶について
体系的に書かれた日本語の本はこれが初めてではないか?

井上さんの本とかはあるのだが、
流石普シ耳茶のメーカー大益がまとめただけはある。

プーアル茶の歴史、地理、文学、社会的意義から、
化学成分、健康作用、加工技術など
自然科学の分野までを総合的に概括しており、
プーアル茶鑑定の専門書というのも面白い。

そのうちパラパラとめくってみることにしよう。

『大益普洱茶の品質鑑定』
出版: 東京図書出版 (2016/6/10)
編者:呉 遠之
発売:2016年6月10日
ISBN-10: 4862239765
ISBN-13: 978-4862239761




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
富山で御抹茶をいただく
FH000013

12月1日から富山大学の仕事で富山訪問。
富山湾鮨三昧だったのだけれど、
その途中で、御抹茶と和菓子も。

柚子を模した生菓子は、
美味しいお抹茶とマッチしました。

幸い天気も良くて、遠くに大きく
立山連峰が望めたのがいい感じだでした。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
杉林渓高山陳年茶
DSC_1801-2

台湾茶を商っていたアイシスが2016年いっぱいで閉店。
とっても残念ですが、仕入れをお願いしていた茶荘が
高齢のためみせじまいなんだとか。

アイシスさんからは、いつも美味しい新鮮なお茶を
届けていただきました。

この陳年茶が最後のお茶になりました。

杉林渓はとっても好きなお茶ですが、
その陳年茶もとてもやわらかく深みのある味わい。
もったいないのでちびちびといただいています。

瀬津さん、お疲れ様でした。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
凍頂烏龍茶2016年冬茶
DSC_1376

人形町の小梅茶荘さんから
この季節の凍頂烏龍茶のサンプルが届いた。

香りのよい煎の立つ
美味しいお茶だった。

なんか、最近ちゃんとお茶を飲んでいないなあ。
こういう美味しいお茶を飲むと、
ちゃんと入れたお茶を飲みたくなる。






にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
世界一美しいと評判のスターバックス
_1490674

世界一美しいと評判のスターバックス。
富山で出会った。

TEAVANAのお茶もあれこれ。
もう少しお茶の種類が多いのが嬉しいかも。

_1490668


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村