中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
お茶の物語
tr20171028-2.jpg

『お茶の物語』が発売された。

著者の王旭烽(おう きょくほう)氏は、1952年浙江省嘉興市生まれの茶文化学者。
中国茶葉文化博物館勤務を経て、現在は浙江農林大学芸術設計学院であり、
さらに人文・茶文化学院院長、教授なのだとか。

作家でもあり、杭州の茶葉農家の四代にわたる歴史を描いた小説『茶人三部曲』
(第一部『南方に嘉木あり』、第二部『不夜の侯』、第三部『草を築きて城となす』)を書いた人でもある。

第一部と第二部が第五回茅盾文学賞受賞)などがある。
作者は著名な茶文化学者・作家として茶の歴史文化に深い造詣を持つ。植物としての茶の淵源、人間との出会い、中国の文人や皇帝たちの愛した茶、中国文化の中の茶の役割、茶器や茶藝の発展、日本やヨーロッパに伝わった茶文化の発展など、悠久の歴史を持つ茶の「物語」を作家の感性で生き生きと描く。

世界をめぐる茶文化の遙かなる源流や茶と人間との出会い、中国の文人や皇帝たちの愛した茶、さまざまな茶器や茶藝、日本やヨーロッパに伝わった茶文化の発展など、幅広く悠久の歴史を持つ茶の「いた物語」をいきいきと描いた内容だとか。

茶を巡る色々な話を物語風に紐解いていく話だとしたら、とっても興味深い。

その昔、中国の茶を巡る逸話を集めた本が淡交社から出版されていたが(名前を失念)、いまなら、あの話を茶話としてじっくりと呼んでみたいものだと思ったが、この本もそれに近いのだろうか。丸善で中身をみてみて、気に入ったら入手してみることにする。

お茶の物語
お茶の物語
posted with amazlet at 17.10.28
王 旭烽
大樟樹出版 (2017-10-10)
売り上げランキング: 380,354




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
茶の辞典


茶の歴史から,世界的な流通・消費,文化,茶の生産技術,
科学と医学・健康,茶の審査・評価・おいしい淹れ方,
茶の料理への利用や生活への応用まで幅広く解説した
茶専門の辞典。

94名の専門家が集結して執筆したとか。
この手の辞典、本業で執筆に加わったが
結構まとめるのが大変なんだよね。

大森 正司大妻女子大学名誉教授編集というのなら
一冊あってもいいかもしれない。
しかし10000円越えなので、図書館で拝読予定。

茶の事典
茶の事典
posted with amazlet at 17.10.28

朝倉書店
売り上げランキング: 177,476




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
Almond Sugar Cookie Tea
DSC_3701

海外に行くと、その国で売られているお茶が気になって仕方がない。ついついその国の茶荘を覗いてみたくなる。欧米の場合は、基本的には紅茶がメインになるわけだが、今回のNYでも、例えばオーストラリア発のカラフルな茶荘”T2”や、フランス発の”Palais des Thes”、そして世界のお茶を扱うNY発の”Harney & Sons”などを覗いてみた。どこも色々と工夫して、各種のお茶を扱っているのが楽しい。そして最近はどこも日本茶、特に抹茶ブームなんだとか。だから、Palais des Thesで小山園の抹茶を見つけてちょっとほくそ笑んだりした。しかし、せっかくNYに来たのだから、なにかNYらしい感じのお茶が欲しいではないか。にもかかわらず、これという茶が見つからなかった。

P7302841

ところが、食品スーパーで有名なZabars(P58参照)に行ったら、オリジナルのコーヒー豆とともに、オリジナルの紅茶を売っていて、その品ぞろえが面白くて思わずGET。なにしろAlmond Sugar Cookie Teaだ。いかにもアメリカらしいというか、NYらしいではないか。とっても甘いケーキを食べながら、これを飲むニューヨーカーの顔が思い浮かぶ。

いろいろと素材が混ざっている紅茶はあちこちにあるものの、こんな面白い組み合わせのお茶が、主流のティーバックではなくLoose Tea(茶葉)であれこれ売られているのが面白い。しかもこのパッケージが素朴でなんともいい感じだ。やるじゃないかZabars!

Zabars
2245 Broadway, New York, NY 10024
(212)787-2000
時間: 8:00~19:30
http://www.zabars.com/on/demandware.store/Sites-Zabars-Site/            



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
『はじめましての中国茶』
81r43S49nnL.jpg

これは楽しみ。

私の敬愛する池澤夏樹氏のお嬢さんで
声優の池澤春菜さんの著書。

早速予約してしまいました。

はじめましての中国茶
池澤 春菜
本の雑誌社
売り上げランキング: 13,257




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
熟成烏龍茶?
P1630955

コカコーラから、国産茶葉を熟成させた「熟成烏龍茶」なるものが出た。
国産の茶葉を半発行で止めた後、じっくり熟成させましたとのこと。
熟成って、要するに老茶路線を狙ったということなのだろうか。
いろいろ考えるなあ(笑)。

確かに火入れした直後はとんがっているから
それを寝かせると丸くなるよね。
そこで再度火入れをして抽出したということか?

そのうちコンビニで見かけたら飲んでみることにしよう。

https://secure-c.cocacola.co.jp/nihon-tsumugi/



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
『世界の茶文化図鑑』
2017-09-06 15.17.16-2

多摩センターの丸善で
ふと見つけたのがこの本。

世界の茶文化図鑑。
なんとも魅力的なタイトルだ。

お茶の本は久しく手にしていない。
本自体買っても積んでおくだけで
雑誌を目にするばかり。
それもこれもHuluとかU-NEXTの
韓国ドラマがいけないのだけれど。

久しぶりにめくってみたこの本は、
茶の基礎的知識から世界のお茶事情まで
図鑑という名のごとくビジュアルに
掲載している初心者向けの本。

これからお茶をいろいろと勉強してみたいな
と考えている人には、一冊あると便利かも。

世界の茶文化図鑑
世界の茶文化図鑑
posted with amazlet at 17.10.02
著者:ティーピッグズ ルイーズ チードル ニック キルビー
出版社:原書房





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
NYでバブルティ
P7292609

息子が留学中、シアトルで結構飲んだというのがバブルティ

台北でも飲み比べして、もういいやと思うぐらい飲んだのだが
やっぱり見つけると飲みたくなる。

で、この夏のNYでも案の定、
街中のフリーマーケットで見つけて飲んでしまった。

台湾出身の子たちが売っているバブルティは、
少し甘めだけれど、ちゃんといい味の紅茶だった。

P7292615

42nd St. の6th Aveの角に出ていたテント屋台。
フルーツなんかも売っていて
案外繁盛していたようだ。

P7292614




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
中華街のがぶ飲み烏龍茶
P1630068

久しぶりに横浜中華街へ。
ここに来ると大抵萬珍楼、
聘珍樓、四五六菜館、
そして菜香新館へ行くことになるのだが、
今回もやっぱり菜香新館。
ここははずれがないので、
安心して食べられるのが嬉しい。
で、ごはんの内容は普通のブログで。

で、ここで飲んだのは冷たい烏龍茶。
焙煎の濃い目の烏龍茶なのだが
意外とがぶ飲みするにはいい感じだ。

丁寧にいれたお茶ばかり
飲んできたのだけれど
こういうがぶ飲み烏龍茶を
それなりの水準で淹れるのは
中華の時にはいい感じなのではないか。

がぶ飲み烏龍茶、なんか懐かしい響きだ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
横浜でもバブルティー
P1630035

中華街をブラブラしていたら、
バブルティーの店を見つけた。
台北でバブルティー飲み比べしまくったので
結構バブルティーにはうるさい(笑)

で、ここのはどんなだろうと
オーソドックスなやつを頼んでみた

P1630034

なかなか美味しいミルクティーに
ブラックタピオカももちもちでおいしい。
なかなかいい感じのバブルティーだった。

処でこの店、台湾茶も沢山売っている。
鼎雲茶倉という名前の茶荘らしい。
茶缶が赤くて、王徳傳みたいだったが
どんなお茶なんだろう。

二階の喫茶コーナーでは、
バブルティーや各種スイーツのほか、
台湾茶も飲めるのだそうだ。
今度はここで飲んでみることにしよう!

鼎雲茶倉
住所:神奈川県横浜市中区山下町146
営業:11:00~21:00 [土・日・祝] 11:00~22:00
定休:水曜日
http://www.dingyuntea.com/Japanese/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
Harney and Sons SOHO/ New York
P7303039

いろんな国に行くたびに、
その国の茶荘を覗くのは
僕の習慣だ。

お茶から距離が出来たとはいえ
お茶は生涯通じての興味の対象。

で、NYといえば、やはりここだ!
Harney and Sons

Harney and Sonsは30年前にニューヨーク郊外でスタートした。
シナモンフレイバーの紅茶が大ヒットするやいなや、
有名ホテルなどで取り扱われ始め、
ついには紅茶界のオスカー、
英国ロンドンのAfternoontea賞を受賞した。

紅茶の本場イギリスでも認められた、
アメリカ発の紅茶ブランドというのが潔い。

SOHOの本店は、品ぞろえが素晴らしい。
お茶好きなら、まずはここを覗いてみることだ。
紅茶はもとより、日本茶、中国茶も置いてある。
カフェスペースもあるので、ここでお茶を楽しめる。

僕が買ったのは、小さな小分けのティーバッグ缶。
いろいろなフレーバーの紅茶もあって、
お土産にはもってこい。

Harney and Sons公式サイト:https://www.harney.com/
住所:33 Broome St, New York, NY 10013


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村