中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
月光白生茶
DSC_4852

この茶葉をみて"うふふ"と想うのは
相当の白茶好きだ

そう、こういう形状の茶葉は
おいしい(笑)

白牡丹をはじめとする幾つかの白茶は
確かにおいしい
とても魅力的な茶葉といえるだろう

ところがこれは白茶ではない
いわゆる生茶のプーアル

塊にされていないプーアル散茶なのだ

2009年にロブーで扱っていたお茶が
わが茶倉からひょっこり出てきたもの(笑)

プーアルだから全然問題なく飲めるし
意外と数年たって味が落ち着いてきていたりする

DSC_4848

それにしても
昔台湾にも月の光で乾かした「月光茶」という
白茶があったのだが
最近でもあるんだろうか?

この月光白生茶も
由来的には似たようなものか?

「茶葉の白の部分を月の光に黒の部分を夜の闇に見立てた」という説
そして「日光萎凋はせず月光萎凋した茶」という説

まあいずれにしても、おいしければ
それでいいのである(笑)




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
今雨軒プーアル茶
今雨軒プーアル茶
SIGMA DP2

美味しいプーアルは見た目ではわからない。人が美味しいといったお茶でも、自分には合わなかったりする。いくら中国茶の大家がこれは凄いお茶なんですといったって、自分が美味しいと思わなければ、そこには価値はない。だから、お茶は、特に解りにくいプーアル茶は、自分の舌を信じていいのだと、僕は思っている。

熟茶であろうと生茶であろうと、人様が「あんなお茶」というお茶であったとしても、自分を信じてあげる勇気があれば、本当においしいと思えるお茶に出会える可能性はあるのだろう。

今雨軒プーアル茶

でもね、誰が何を感じるかわからなくても、僕が美味しいと思えるお茶、それが重要なんだ。でも、このお茶は、きっと美味しいと賛同してくれる人が多いと思うよ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
黒茶生姜茶
tr20090905-01.jpg

ダッシュの安蒜さんから届いたのが黒茶にさらに生姜をブレンドした「黒茶生姜茶」。この手の健康茶といわれるものは普段飲まないのだけれど、ダイエット真っ最中の僕としては、たまにはこういうのを飲んでみようかなと思う。

黒茶は古くから中国では紅茶と同じで身体を温める性質があるとされてきた。丁度緑茶と反対だ。
それに生姜も、漢方の薬剤として知られており、胃腸の働きを整えるほか、血の流れを良くし、体を温めたり、発汗を促す作用があるといわれている。

tr20090905-03.jpg

そんなうれしい黒茶荘生姜茶は、ティバッグなので、手軽に飲むことが出来るので、カップに一つ、ぽんと入れて、熱湯を注ぐだけ。

これらのオーガニックな天然素材を組み合わせ、さらに野生甜茶のほのかな甘味を加えて作られているから、とても飲みやすい。甜茶といっても、市販されている甜茶のような妙なあまさはなく、黒茶と生姜茶のマッチングを寄りよく保つために使われる隠し味のようなもの。口当たりも良く、食事中も、食後でも、違和感無く愉しむことができる。

tr20090905-04.jpg


 黒茶生姜茶
 茶葉1.5g、20パック入り
 価格:420円(税込み)
tr20090905-02.jpg


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
RIKOさんで、プーアル茶
tr20080601-01.jpg


名古屋で一泊して、翌日は、阿里山茶坊の張さんにお付き合いいただき、名古屋茶館巡り。

といっても、最初にいったRIKOさんですっかり腰をおちつけてしまったので、茶館巡りというほど他のお店にはいかれなかったのだが。

それでも、久しぶりにRIKOさんにお会いして、あれこれとお話をお伺いしながら、お茶の縁っておもしろなと思った。

tr20080601-02.jpg


宜興のお茶とか、岩茶をご馳走になった後、あれこれとプーアル茶談義。
なるほど、これは面白いと思ったこともあったり、すっかり楽しんでしまった。

RIKOさんは、今月中に店舗を閉め、ほかに移転するのだとか。
移転後は、路面店はもうやらないのだそうで、いわゆる予約制のサロンに変身。

それはそれで、楽しみな移転ではある。
ふらりとお店を覗きに行くというのが出来な来るのは、寂しいのだけれど。

新しくなったら、またRIKOさんの顔を見に行こう!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
易武正山野生茶
tr20080517-02.jpg


雲南に、「南糯」「倚邦」「班章」「易武」「邦威」「攸楽」という六大茶山と呼ばれるお茶の産地がある。
その一つ、有名な易武。

その生茶。

生茶は普シ耳茶でもやはり黒茶には入れられないのだろうな。
決定的に黒茶と違う味。

30年ぐらいたつと、美味しいお茶に育つのだろうか。
そんな楽しみをじっくりと。

こいつはまだ3年ぐらいの若造なので。


tr20080517-01.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
菊普茶
tr20080210-01.jpg


菊普茶(コッポーチャ)は昔香港で良く飲まれてたお茶だ。

一時期、発がん性物質が含まれている騒ぎがあり、白牡丹や寿眉にシフトしたのだけど、これって、もしかしたら、今話題の餃子騒動と似たようなものだったらしい。

で、この組み合わせは、結構いけているのだ。
菊の花単独で飲むのはちょっとつらいのだけれど、プーアルにいれると、なんとも相乗効果。

菊の一種のカモミールでも会いそうな気がするので、こんどやってみようとは思うけど、やはり、菊普茶はおいしい。

tr20080210-02.jpg


今回は自分の好きなプーアル茶に菊の花を好きなだけ入れる、自家製ブレンド。
折角だからカップもちょっとお洒落にロイヤルコペンハーゲン。

まあ、飲茶にも合うお茶なので、あまり器にはこだわらないのだけれどね。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
Asahi 黒茶
tr20080202-01.jpg


2008年1月8日にAsahi飲料から発売になった「黒茶 熟成」。All Aboutの記事にでもしようかとおもいつつ、どたばたしていて機を逸してしまったので、ここにUP。

近所の薬局に販売されていたのをGET(近所のコンビにでは見かけない。)したので、のんでみたのだが、黒茶・・・。確かに黒茶だが、口に残った味は、ジャスミンだなあ。

以前、サントリーから「熟茶」というお茶が出されて、なんだかサントリーにしては、宣伝戦略がどうだかなあと思った記憶があるが、結局不評で1年後には販売中止になったらしい。

あの熟茶は、プーアルに香料のみで、他のお茶はブレンドされてなかったのだが、それが不評の原因とも言われている。それはどうかと思うものの、たしかに、ペットボトルにして採算が取れる程度のプーアル茶だと、「おいしい」というのを体感するのは難しいかもしれない。

tr20080202-03.jpg


もともと、プーアル茶というのは、プレミアムの付くお茶なので、品選びも価格の妥当性を測るのも非常にむずかしいので、そんな高級なお茶をペットボトル飲料にするということは、端から期待はしていないのだが、僕がお茶にはまり始めたことに一般的に出回っていたあまりにもひどいプーアル茶(そのころは、「フジチャ」なんてよばれてた。)に比べたら多少はましなものが飲めるようになったと期待したいところだ。

でも、現実はなかなか難しい。

コクとさっぱり感という、矛盾するような味わいの表現が混在するキャッチコピーさながら、プーアル茶にジャスミン茶をブレンドせざるを得ないというのは、なんだかやはりそれまでかという気もする。

tr20080202-02.jpg


いずれにせよ、大紅袍がそうだったように、なかなかペットボトル飲料というのは、コスト的に美味しいお茶を作るのがむずかしいのだろう。それはもう、宿命的にしょうがないことなのだ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
餅茶がやってきた
tr20060116-01.jpg


部下のN氏は中国人の女性と結婚している。そのN氏が昨日僕の部屋にやってきて、「これ、妻が中国の南の方に行ってきたお土産なんですけれど、中国茶がお好きだときいたものですから、現地の中国茶専門店の知り合いが譲ってくれたのだそうです。」そういって、プーアルと書かれた袋を置いていった。

袋の中には立派な化粧箱に入れられた雲南七子餅茶が。

中国雲南省西双版納[孟力]海茶廠のもの。「益字」のお茶といえば中国でも名門とされているらしい。よくはしらないが。

こういうお土産はわけもなく、うれしい。まるでおもちゃを与えられたような子どもの気分。そのうち、みんなで飲みましょう。


tr20060116-02.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
ビンテージポーレイ茶会 in 江南飯店
tr20060505-04.jpg


四国のバンブー茶館館主のかめきちさんと一樓茶軒のあっこ姉さんご夫妻が上京し、横須賀の江南飯店で「ビンテージポーレイ茶会」が開催された。

主催は、横浜中国茶愛好会の中村さん。いつも横浜中華街を中心においしいお茶会を主催してくださる。

そして会場は、スイーツ大王Andy師匠のお店、『江南飯店』。
これはもう参加するしかないと、この日を楽しみにしてきた。

かめきちさんの持参されたビンテージポーレイは、フアアーとため息を付いてしまうほど、美味しいお茶たちだった。

それらは、どれもそれぞれの表情を持っていて、スパイシーなもの、僕の好きなあずき系のあじわいのもの、めりはりのあるものから、易しいものまであれこれと。

ビンテージポーレイの世界は茶壷の世界と同じで、足を踏み込んではいけない世界なのだが、こうして入り口の方からときどき奥のほうを覗いてみるのはよいか知れない。

飲むにつれ、みな顔が風呂上りのように上気して、さっぱりとしていたのも面白い現象だ。それに、これだけたくさんのお茶を飲んでも、昨日の台湾茶のように上に登るような酔いではなく、どんどん下降して行くような、そんな感じの酔いを感じたのも、面白い経験だった。

これらのお茶は、どれもおいそれと手がれるような代物ではないのだが、惜しげもなく割って提供してくださったかめきちさんに感謝である。

Andy師匠の料理は、Junk Box Photo & Eating TracksにてUP予定。
tr20060505-01.jpg


tr20060505-02.jpg


tr20060505-03.jpg





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
角砂糖?
tr20060224-01.jpg


まるで角砂糖。

でも、これは広州のとある茶荘で売られていたという黒茶。
一つが一ポット(または大き目のマグカップ)分という感じの大きさ。デザインもなかなかよろしいので、とても気に入った。

がぶ飲みプーアル茶用のお茶というところだろうか。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村