中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
世界一美しいと評判のスターバックス
_1490674

世界一美しいと評判のスターバックス。
富山で出会った。

TEAVANAのお茶もあれこれ。
もう少しお茶の種類が多いのが嬉しいかも。

_1490668


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
京都へ来たら、長竹さんへは行かなければいけない!
_1460203

京都といえば、長竹。
先斗町にある和める茶どころ(ごはん処、甘味処でもある)。

京都へ来るたびにここに寄らせてもらっている。
というか、京都へ来たら
ここへ来なければいけないのである。

_1460199

おいしい玉露の冷茶と
抹茶白玉小豆

ドンピシャなお茶をいつもふるまってくれる
ご主人の心意気がとっても嬉しいのである。


茶香房 長竹 (ちゃこうぼう ながたけ)
電話:075-213-4608
住所:京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町189 8番路地
営業:13:00~23:00
定休:水曜日 月1日不定休


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
インターコンチネンタル大阪 adee (アディ)
_1360437


インターコンチネンタル大阪のバーで、一息。

TWGの紅茶が何種類か選べてポットサービスされる。

のんびりできるラウンジで、おいしい紅茶が飲めるのは
嬉しいこと。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
一笑
_1330373

金沢出張だったので、時間を作って東茶屋町へ。
もちろんここにきたら行くっかないっしょ!ということで
加賀棒茶で有名な丸八製茶直営の一笑へ。

まだ寒くなるには少し早い?という感じの秋の時候
加賀棒茶と生菓子を頼んだのだけれど
いつものように水出しの加賀棒茶を入れてくださった。

加賀棒茶はもちろん暖かいのも美味しいけれど
やっぱり水出しの透明感のある冷茶が美味しいのだ。
ここの店の設えもいい感じだし
そしてこのグラスもいい感じだった。

_1330355


お土産は印雑ブレンドのマリコロードを。
こいつも美味しいので、こんど水出ししてみるのが楽しみなのであった!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
デンメア ティーハウス 六本木店
P1270702

国立新美術館近くにウィーンの紅茶専門店があるという情報を、なんと三宝園に来ていたウィーンからのお茶好き留学生におそわったので、連休のカフェ巡りの途中で寄ってみることにした。

P1270698

国立新美術館の前を通り過ぎて星条旗通りを下っていくと、店はすぐに分かった。ガラス張りの店は、ウインドウに紅茶のパッケージなどがずらっと並び、お茶好きにはたまらない光景だ。

1981年にアンドリュー・デンメアによってウィーンに設立された紅茶専門店。ウィーン訪問時にはハーツアンドハーツしかしらなくて、ここにはいかなかったのがちょっと残念。ベートーベンハウスに本店があるらしい。

P1270697

残念ながら訪問時が日曜定休日だったので、店内を堪能できなかったが、ティーショップに喫茶も併設されているらしい。なんでも、紅茶800円、+500円でケーキセットにでき、ケーキはザッハーのザッハトルテなどらしい。

P1270700

ついでに、ここの紅茶がホテルザッハーのカフェで使われているというのは有名らしい。やっぱりちゃんと一度紅茶を飲みに行かなければいけない。

P1270703


DEMMERS TEEHAUS(デンメアティーハウス)
住所:東京都港区六本木7‐21‐22セイコー六本木ビル1F)
電話:03-5772-1812
営業:11:00~19:00
定休:日曜日
http://www.demmer.co.jp/
http://demmersteehaus.blogspot.com/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
残念だったベッジュマン&バートン サロン ド テ
P1270719
ベッジュマン&バートン

パリの有名な紅茶専門店、「ベッジュマン&バートン」のサロン ド テが、六本木ヒルズにできたというので、行ってみた。以下、あくまでも個人的な印象ということで。

期間限定店ということなので、一応お店のブランドカラーで店内は統一されているものの、いわゆるブランド店という設えではなく、よく大丸とか三越に入っているようなティールーム的な感じ。

メニューは、紅茶専門店だけあって、ストレートティーから紅茶、緑茶ベースなど、各種のフレーバリーティーが用意されている。紅茶とお菓子のセットなどもあるけれど、六本木ヒルズという土地柄か、価格帯はなかなか高めの印象があった。

P1270716

フランスの紅茶店というとマリアージュフレール、janat、ダマンフレールなどが有名だが、このベッジュマン&バートンも、パリではかなり有名店らしい。

もともとは、ロンドンで紅茶を学んだアーサー・ベッジュマンが1919年にパリで開いた紅茶専門店らしい。今では星付きのレストランのシェフたちもここで紅茶を買うという噂も。

ブログで見つけたパリの本店の写真を見ると、なかなかよさそうな紅茶専門店。ただし、ここ六本木の店は、期間限定店なので、パリ本店の雰囲気はあまり感じられないのが残念。丸の内の店は、良いのだろうか?

P1270712

マーガレットホープを頼んでみたのだが、出てきた紅茶は、うーん、無難なダージリンという感じ。確かにポットに出した紅茶のイメージは、それなりに良いのだが、マーガレットホープ独特の華やかな薫りがない。なんとなく単なるブレンドダージリンの印象が強い感じがした。この値段を取るには、CPが悪い。場所柄んだろうなあ。でも、お菓子とお茶を楽しむには、これもありか。

2015-05-03 13.21.56

すでにオープンから1か月たっているにもかかわらず、お店の運営は今一といった感じ。店の入り口にはむやみに人を待たせているし(店員さんがまったくフォローしない)、狭い二人席に2人を通し、次の1人客を四人席に通す始末。

それに、オーダーしてから紅茶が出てくるまでの時間が長すぎる。それによってよりお店の回転が悪くなっている。出てきた紅茶の説明もまったくなし。

お店の経営形態として、もう少しどうにかしたほうがいいのではないかと、ついつい考えてしまうのだが、いかがなものか。そもそものマニュアルがダメなのか、マニュアルにスタッフがついて行っていないのか。はたまた店を仕切っているスタッフが悪いのか。

P1270714

帰り際に店頭に並んでいた紅茶の説明を聞いてみたが、紅茶を入れているスタッフなどは、いま紅茶入れているのだから私に話しかけないで的なオーラを発散させていて、なんだか印象がとても悪かった。重い口を開けたと思ったらつっけんどんな説明で、接客態度は落第点も甚だしい。この人がチーフ?だから店が回っていない?他の店員さんは、それなりに一生懸命に動いていたので、こういうスタッフが一人いると、どうも全体がいい雰囲気にはならないのだろう。

ということで、かなり残念なお店としか言いようがない。まあ、期間限定なんだから逆にもっと頑張って欲しいなあとは思いつつ、もう行かないだろうなあ。

P1270711

ベッジュマン&バートン サロン ド テ

住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェスト ウォーク 4F
電話:03-6434-7440
営業:11:00~21:00 (LO 20:30)
店舗サイト http://www.betjemanandbarton.net/
2015年4月10日から2016年8月までの期間限定開店




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
茶倉
P1270420

元町の茶倉へ久しぶりにいった。
元町から山手へ上る坂の途中に
こじんまりと立っている日本茶専門店だ。

様々なお茶を店主自ら入れてくれるのがありがたいお店。
今回は香駿という日本茶で作った烏龍茶をまずはいただいた。

P1270428

台湾の名間で作っている松柏長青烏龍茶みたいな感じかな。
甘みのある口当たりが優しくて美味しいお茶だ。
日本茶ウーロンも今やいろいろ作られているらしいが
大陸茶をお手本にするよりも
やはり台湾茶をお手本にしたほうがいい感じだ。

P1270434

オーナーがお茶好きだとわかったのか
いろいろと解説してくれたのだが(日本茶は不案内です(笑))
奥様が是非飲んでくださいといって出してくださったのが
「ふじかおり」というお茶。

「印雑131」に「やぶきた」を交配し、その実生から選抜した品種だとか。
藤枝で作っていたお茶らしいが、いまは少ないらしく
このお茶は牧之原台地で少量作られているお茶らしい。

釜炒りの良い感じがちゃんと出ているお茶で、
印雑を親に持つので、
なんとも翠玉のような味わいのお茶だった。

ご馳走様でした!



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
三宝園に行った!
2015-04-30 13.00.03-2

久しぶりに合羽橋の三宝園に
春子さんに会いに行きました。
何年振りだろう。
本当にご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。
でも、元気なお姿拝見できてうれしかったです。
茶丸の清水さんにもお会いできて
こちらもとってもお久しぶり!
10年ぶりぐらい?

P1270367

勿論阿里山の新茶ご馳走になりました。
あと、大禹嶺の冬茶も!
久しぶりに台湾高山茶の香りに酔いました。

P1270371

ウィーンから京大に留学していたという
オーストリア人の若者が来店し
お茶談義に花が咲きました。
美味しいお茶をご馳走様でした!



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
SCHÖNBICHLER
20150426-01.jpg


ウイーンに行った際にハーツアンドハーツには寄ったのだが、実はもっとディープなお茶屋さんがあったのだということを、ウィーンから留学してすっかりお茶にはまったオーストリア人の若者に教えてもらった。

ステファン寺院の北側にあるSCHÖNBICHLERというお店らしい。
1870年創業のお茶の老舗。
入っただけで、お茶のいい香りがするとのこと。
日本茶、紅茶、中国茶など、各国の茶葉を扱っているらしい。

急須などの茶器も置いてあり、お茶入門にはうってつけの店らしい。

彼曰く、初めて茶葉のままのお茶を見せてもらったのがこの店だったらしい。
そこから彼の茶葉遍歴が始まったらしい。

もしまたウィーンに行く機会があったら是非寄ってみたい茶葉専門店だ。

SCHÖNBICHLER
Wollzeile4, 1010 Wien
Tel: 01-512-1868 
Fax: 01-512-1816 20
月~金 10:00~18:30 
土 10:00~17:00

www.schoenbichler.at



ちなみにMölkerbasteiにDemmers Teehausという専門店もあるらしい。
1981年ウィーンで生まれたお茶やさんで、現在ではウィーンの8支店を含め、オーストリア国内に11支店、ハンガリーやポーランドにも支店をもつお店らしい。
ここが最初に出店された店で、規模も大きい。
また二階ではお茶を飲むことも可能。
値段も、SCHÖNBICHLER、Haas&Haasより低めの設定。

Demmers Teehaus
住所:Mölkerbastei5,1010 Wien
電話:01- 533-5995
営業:9:00~18:00(土は 9:30~13:30 )
定休:日曜日
www.demmer.at




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
Haas & Haas
DSC_2630 Haas & Haas

ウイーンは珈琲の都市
ウインナー珈琲という名前があるぐらいだ
比較的濃いめのエスプレッソベースに
ミルクをたっぷりというのがこちらのオーソドックスな飲み方

でも、お茶大国ドイツの横に位置するオーストリアのこと
ちゃんとお茶専門店もあるわけで

やっぱり紅茶がメインだとはいえ
マリア―ジュフレールをも彷彿とさせるHaas & Haasは
その扱うお茶の種類が豊富なのに驚いた

2015-02-07 10.10.29-2

2015-02-07 10.10.45-2

今回購入したのはジンジャーティーと
柑橘系の皮をメインにしたオレンジティ

勿論中国茶も各種扱っており
特に南部鉄瓶の小型の急須をたくさん並べてあった。

P1000857 Haas & Haas

勿論お茶だけではなく、スイーツも扱っているのが
このHaas & Haas

ここにはティールームも併設され
珈琲の都市ウイーンでもちょっと異色な気配がした(笑)
もちろんそこいらへんにたくさんあるカフェにだって
紅茶はあるのだけれど
やっぱりお茶専門店というのには
何故か惹かれてしまうのであった。

ちなみにここのお茶は日本でも購入することができるらしい
詳細はこちらから
http://www.haas.co.jp/

Teehaus Haas&Haas
住所: Stephansplatz 4, 1010 Wien, オーストリア
電話::+43 1 5122666
営業: 8時00分~20時00分
http://www.haas-haas.at/en




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村