中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
蓋碗
tr20060729-01.jpg


器の形状
デザイン性
機能性

そんなあれこれを思いながら




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
桜の蓋碗
b200504181.jpg


静岡にある日本茶専門店「錦園」。おいしい日本茶をいろいろとプロデュースするオーナーの石部さんは、この道のプロ。

そのプロがプロデュースしたのが、この可愛らしい蓋碗。日本の急須の産地常滑(とこなめ)の地で作られたもの。

これを作っているのが常滑の高資陶苑。ここでは常滑独特の轆轤でも蓋碗を作っていますが、できる限り均一性と精度を高め、なおかつ低価格にするために、鋳込み製法で作られているのだそうだ。

容量は130cc。でも、お茶を入れることを考えると、だいたい90cc程度なので、やや小ぶりの蓋碗といえるだろう。

色は朱、黒、白の3色あるのだが、基本的にはこの白がお気に入り。かわいい桜の花びらがポイントとしてデザインされている。

形的にも、思い切り蓋碗というよりも、お茶を淹れることをイメージしてやや上に長く作られているのがうれしい。そして扱っていても非常に軽いので、操作しやすい蓋碗だといえよう。

昨日の無我茶会で使ってみたが、なかなか扱いやすかった。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
蓋碗使い
20050129181521.jpg


僕は、蓋碗使い。
蓋碗は、お茶を入れる道具だと思い込んでいる。
良いところも悪いところもひっくるめて、蓋碗はいい。
できることなら、もっと縦長の香港でいうゴクチョンのような蓋碗がもっともっとたくさん日本でも使われるといいのになあ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
兄弟?!
20050112224946.jpg


我が家では、大体蓋碗でお茶を入れることが多い。ついついおおきめの蓋[中皿]を使うのだが、時々、安渓鉄観音で使われているという品茶杯を使う。

7gの茶をこの小さめの蓋碗に入れて茶をがんがん飲むのがいいんだな。

まるで兄弟のようなこの二つの蓋碗にもう一つ一回り大きな蓋碗が我が家の「蓋碗三兄弟」である。

こんなの使っているから、茶壺の出番がすくなくなるわけだよねえ。(笑)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
蓋碗、蓋碗、ミーッキーの蓋碗
b200408211.jpg

ディズニーリゾートへ行ってきた。相変わらずの混雑で、ほとほと疲れた。その状況は、All Aboutの日記に書いた。で、お茶からみだが、いくつかネタは見つかった。(笑)

ディズニーの聞香杯セットは健在だった。あとでネタに書く秘密兵器も見つけた。それは後日。

で、今回のおすすめはこれ!

ホテルミラコスタに入っている中華レストラン「シルクロード」でいまブラビッシーモのコースを食べると付いてくる。というか。料理の値段の中に含まれているということなのだろう。

中身はなにかというと、マンゴープリンなのだった。しかも、これがめちゃくちゃおいしいマンゴープリン。

蓋碗に話をもどすと、白磁の蓋碗の胴の部分に、ブラビッシーモのミッキーが描かれているのだ。シルクロードのマークもなかなかシックでかっこいい。

b200408212.jpg

ちょうどお茶をいれるのに良い大きさの蓋碗である。こんな蓋碗は、そう、これからお茶に興味を持ってくれそうな小学生相手にでもお茶を入れるときに使うのが良いかもしれない。最近すっかりお茶に興味を失ってしまった息子を釣るのにつかってみようか。

これは市販されてはいないプレミアムもの。もしかしたら、秋のフリマ茶会にでるかもしれない。でも、出ないかもしれない。(笑)




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
デザイン
b200404151.jpg

デザインは嗜好の一つ。そのデザインを気に入るか気に入らないかは、この嗜好に依存することが多い。特に天邪鬼な僕は、「このデザインいいですよね」といわれるようなオーソドックスなものに、あまり触手を伸ばすことがない。

でも、奇をてらったデザインが好きなわけで無く、どこかこころの片隅にある「琴線」にふれるようなデザインであるかどうかがとても重要なのだ。

この蓋碗。デザインは尊敬するライター牛嶋直美さん。漢方や花茶の世界でしられる「金銀花」をモチーフにしたもの。この絵柄を、見事に香港式の蓋碗「コクチョン」の上で表現した大好きな蓋碗なのだ。

香港のお茶の先生である池谷さん。少し前のメールで「何故、日本では蓋碗でお茶を淹れるんでしょうかね。あれって、お茶を淹れる道具ではないんですよね。」と書かれていた。たしかに、もともと貴族なんかがお茶を飲むための杯として利用していたというのは、はじめて海風號にいった時に、清代の宮廷の茶会の写真を見せてもらいながら教えていただいた。

蓋碗でお茶を淹れるのは、日本が専売特許ではないのだろう。事実、先日いった陸羽茶室でも、蓋碗でお茶を淹れているおじいさんがいた。

でも、たしかに、これはお茶を飲む道具。それを理解した上で、あえて、僕はお茶を淹れる道具として利用したい。そのために、このちょっと上に伸び上がったような形のコクチョンは、本当にありがたいのだ。よくぞ、こんな形の蓋碗を作ってくれたと、拍手喝采である。

道具は使うもの。使ってこそ良さが分かる。その良さが分かった人がデザインするというのは、とても大切なことなんだなあと、この蓋碗を使いながら、改めて思った。







にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
蓋碗は熱い
b20040221-01.jpg

蓋碗はとても使いやすい。特に茶葉の大きなものを淹れる場合に、僕の場合は必携なのである。蓋碗は慣れればとても使いやすい道具なのだ。ちょっと舌コツさえつかめれば、どこでも簡単にお茶が淹れられる。

しかし、しかしだ。蓋碗の最大の欠点は、蓋碗はお茶を淹れるとき、熱い!ということ。とにかく、磁器製なので湯の温度を非常に伝えやすい。薄い蓋碗であればあるほど、持つ場所は熱くなっている。そこに指を添えてお茶を淹れるのだから、熱くないわけはない。

b20040221-02.jpgしかし、面の皮が厚くなるのと同じ原理で?!(笑)、蓋碗を持つ指の皮も、慣れによっては厚くなるらしい。そして持ち方を工夫すれば、どうにか持つことができるようにはなうようで、この熱さといのは、どうにか克服できるものだ。

ではどうすればいいのかというのは、文章ではうまく説明できないが、できる限り蓋碗に当たる指の面積を少なくするために、指を立てて蓋碗を持つことが重要だ。そして、茶を茶海に注ぐときには、手を向こう側に倒すのではなく、手首を時計と反対周りに曲げて注ぐとよい。

蓋碗の持ち方には、いちじきどこかのBBSで話題になったが、男持ち、女持ちなど、いろんな持ち方がある。慣れないうちに男持ちをすると、非常に熱い目にあうのでくれぐれも注意が必要である。基本は、女持ち(女の人だけがやっていい持ち方では決してないないので、男性諸君もご安心を)。中国茶藝師の実技などでは、小指を裏側に添えるなどのバリエーションがこれに加わる。

結局は茶芸と同じで、何事も訓練ということか・・・。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
蓋碗の謎
b20040220.jpg

蓋碗がこの世に誕生したのは何時ごろの頃なのだろうか。そもそも、この器は、はじめからお茶用に作られたものだったのだろうか。

四川省の茶館あたりでは、「蓋碗茶」というのが一般的で、昔から飲まれていたようなことが言われている。それに、もともと蓋碗は、清代では貴族がそのまま飲む茶器として利用されていたと言われている。

この蓋碗だが、基本的にはいわゆる白磁が使われている。

白磁といえば=景徳鎮といわれるほど、景徳鎮は有名な陶磁器産地。もともと、原料のカオリンが豊富に産出したため、唐時代の末から発展したこの地は、その後大窯業地へと変貌していったわけである。

もちろん、白磁は景徳鎮だけの特許ではなく、歴史的には、青磁から枝分かれして北斉初年には始められていたといわれている。(ただし、唐代の茶器としては、陸羽が茶経で「越州の瓷、岳州の瓷は皆青く、青ければ則ち茶に益す」と書いているように、青磁がメインだったようだ。)さらに耀州窯(ようしゅうよう)や定窯(ていよう)、鞏県窯(きょうけんよう)などが出現し、 そして各産地に拡散していくことになったらしい。

蓋碗が使われるようになる背景には、飲茶の様式の変化があったわけで、陸羽の時代の煮茶から宋代の抹茶、そして明代になって散茶が奨励されたために、泡茶法が生まれてくることになるわけだが、このような飲み方が生まれて、初めて蓋碗のような茶器も誕生したのではないかと思われる。

ただ、個人的にどうしても納得できないのが、散茶が明代になって初めて出現したわけではなく、むしろ、抹茶などに比べてプリミティブな製茶法である散茶は、もっと昔からあったはずで、ならば、それに見合った茶器もあったのではないのだろうか。

とくに庶民のお茶は、貴族の茶とちがって、散茶であった可能性が高く、そのための茶器もまた違うものだったのではないか。もっとも、だからといって、それが蓋碗を生む動機にはなってはいないかも知れない。なにしろ、今だに行き続けている、茶葉をコップに入れて湯を注ぐ方式、これがなんといっても手軽だから。

ならば、やはり蓋碗は明代以降に生まれた茶器なのだろうか・・・。








にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
必殺蓋碗茶淹人
b20040115.jpg



中国茶を始めたばかりのころから3年ばかりは、茶壷が唯一お茶を淹れる道具だった。もちろん、茶壷も大好きで、いろいろとちょこちょこ安いものをいくつか買い揃えてはいる。

だが、茶藝のレッスンで蓋碗を使った際に開眼。これはなんとお茶の淹れやすい道具なんだろうと。そのときに使った蓋碗は、何の変哲もない白磁の蓋碗で、市販されているものよりも、やや上に伸び上がっているような形をしていた。

のちに、これは香港などで「コクチョン」と呼ばれる蓋碗であることを知った。普段上海や北京などで売られているものは、やや横に広がっていて、背が低い。これは蓋碗のままお茶を飲むには使いやすい。多分、飲むための茶杯として発展してきた形だったのだろう。

一方、「コクチョン」は、背丈が高く、潮州工夫茶の形態において、茶壷よりも手軽に使えて、洗うのがらくだという点において、頻繁に使われるようになったのだといわれている。

それだけに、このコクチョンは、お茶が淹れやすい。

蓋碗でお茶を淹れる際の、最大の難点は「熱い」こと。熱湯を使う青茶を淹れる時、磁器の蓋碗は思いのほか熱くなる。なれないと、その熱さに耐え切れず、「蓋碗って嫌い!」ということになる。さらに、蓋の閉め方を間違うと、工法から立ち上る湯気で焼けどすることになる。

しかし、これも何度も使ってなれれば、ある程度回避できるようになる。熱さは、「蓋碗を使う」という選択肢にとっては、まったくなんのデメリットにもならないのである。

蓋碗の最大のメリットは、茶葉の開き方や茶汁の色を「カンニング」できる点にある。茶壷の場合は、時間を見計らって一発勝負だが、蓋碗は、蓋で茶葉を開かせたり、蓋の裏側で、茶の色を見ることができるので、茶壷以上に、最良の状態で茶を淹れることができるわけだ。

使い慣れてくると、自分なりの持ち方というのをマスターすることになる。女持ちと呼ばれるオーソドックスなものから、男持ちと呼ばれるややがさつな持ちかた、中国茶藝師がもつやり方など、さまざま。僕の場合は、完全に女持ち。手首のひねりと、蓋碗に触れる指の面積を少なくする押さえかたは、完全に独学。

こんな蓋碗ばかり使っているので、普段も、ついつい蓋碗が便利ということになり、茶壷は週末の楽しみに成り下がってしまう傾向が強い。

それでも、いつか「必殺蓋碗茶淹人」と呼ばれるような、蓋碗の達人になりたいものだ。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。