中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
吉田山大茶会 初参戦
_1590065

今年で8回を迎えるという中国茶イベント
それが京都の吉田山大茶会だ。

岩茶房の左能さんを中心に、
関西の中国茶店や中国茶関係者が一堂に会して
年に2日のお茶のイベント。

初回からイベント自体は知っていたけれど
初めて訪問してみた。

10年以上ぶりの左能さんとの再会
同じくとても久しぶりの亀岡紀子さんとの再会

_1590014

_1590012

_1590018

_1590027

_1590026

_1590047

_1590051

_1590041



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
久し振りの中国茶イベント
R1147282

中国茶のイベントに参加したのは、もうかれこれ2年ぶりぐらいか。
なんだかすっかり中国茶界(笑)からはなれてしまったなあ。

随分と大きなイベントに成長した「地球にやさしい中国茶交流会」。
まう君の台湾茶が飲みたくて参加してみた。

IMG_5685

さすがにまだこういう大きなイベントに参加すると
随分懐かしい顔に再開したりする。
工藤佳治さんとも久しぶりにお話したし、海風號の設楽さんもお元気そうだった。
そして蘭亭の藤原さんにもおいしいお茶をごちそうになり、
しゃおしゃんの前田さんの懐かしい笑顔にも再会できた。

こういうのが楽しくてしょうがなかった時代はとおに過ぎてしまったけれど
郷愁に近い懐かしさを感じてしまうのだから
まだまだお茶の世界から完全に足を抜け切れているわけではないのだろうなあ。

R1147284

たまにはこういうイベントに顔をだして
旧交を温めるのもいいものだ。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
地球にやさしい中国茶交流会
tearecipe20131004-01.jpg

何だか久しぶりに中国茶のイベントに顔でも出してみようかなと。
まうぞう氏の品茶会、たのしみ。
フリマで久しぶりにお会いする方もいるだろうなあ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
梨山茶を飲む
7967546966_3911931b82_z.jpg

なんだかとっても久しぶりに、梨山茶を飲んだ
最近はもう本当に紅茶ばかりの日々だから
梨山茶が新鮮に感じた

ねっとりとしたキャラメルのような鉄観音が大好きだけど
やパリ梨山も好きだなあと

台湾まで毎回出向き美味しいお茶を入手するまう氏
彼の地道な努力のおすそ分けを頂戴し
美味しい梨山に舌鼓

こんなお茶だと正直お茶うけはいらない
茶の味をそのままに楽しみたいと思うのは
爺になった証拠だろうか(笑)





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
チーズ茶会
P1010856

ようするに、どんな名目でもお茶会は開かれる

渋谷チーズスタンドという
生チーズ専門店
ここのチーズの作り方を見ながら
茶でも飲もうと
出かけたのであった

結局チーズの上手さばかりに感動して
茶は二の次(笑)

もう10年以上前に
沢山のチーズと会うお茶を探す作業をしたけれど
見つけられたのはアッサム紅茶とミモレットの組み合わせだけ

でも、モッツレラは癖がないので
なんでもあうかな・・・(笑)

飲んだのは台湾茶、岩茶、鳳凰単叢らしい・・・


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
香白韻 【寒露の茶事~乳白の森】
DSC_9451-edit

先週に引き続き、今週は浦川さんの香白露主催のお茶会 
寒露の茶事~乳白の森】にお呼ばれし、
カメラマンとして(笑)参加してきた。

茶席は全部で5つ。
それぞれの茶席では茶人がそれぞれ工夫を凝らした設えで、
それぞれのやり方でそれぞれのお茶を淹れてくださった。

全体のイメージは白と青。
月がライトアップされている。



僕はまず浦川さんの席につかせていただく。
お茶は今年の文山包種茶と文山包種老茶。
清香の香のよい文山包種で、品種は青心烏龍か?

そして老茶。
これはなんと35年前の文山包種茶だそうだ。
綺麗に茶葉がそろっているお茶で
見た目は上等な京番茶という感じ
香はスパイシーで味わいは上品な陳年茶
酸味を取り除いた阿波番茶というような感じ
なかなか面白い
こんなお茶があるんだなという感想

DSC_9531

その後は鳴川さんの茶席へ
ここでは蜜香烏龍を茶壺で淹れていただく
甘味のある香がずっと残る
しっかりと焙煎を効かせた台湾の烏龍茶
それがとても柔らかく入っていた

DSC_9467

これらのお茶と一緒に出される茶菓子は
wagashi asobi Rioさんの作品
和三盆とフランボワーズのお菓子は
入場時につるされた木から自分で収穫する

そして栗をメインにしたガレットのような和菓子は
小麦粉の原種が使われており
上に光る闕所は岩塩なのだとか

どちらもとてもおいしいお菓子だった

途中、篳篥(ひちりき)の演奏や歌があり
和と台湾のお茶を融合させた
素敵な茶事であった

DSC_9507

茶席をともにさせていただいた方々
ありがとうございました。

茶席を運営されたスタッフのみなさん
ご苦労様でした。

そして茶事を主催された浦川さん
ご招待有難うございました。

香白韻
http://chanoyu-china.at.webry.info/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
『槿花一日』:ロ・ヴー茶会
槿花一日

名古屋の白鳥庭園・清羽亭で2010.10.3に開催された、ロ・ヴーのお茶会『槿花一日』にご招待いただいたので、参加してきた。

白鳥庭園は、名古屋の名所「熱田神宮」から程近い場所にある池泉廻遊式庭園で、園内は御嶽山、木曽川、伊勢湾に見立てた日本庭園。

その敷地内にある「羽清亭」は、数寄屋建築の日本家屋で、母屋には広間と二つの茶室、渡り廊下を経て立札席が中洲に立つ、大変趣のある建物になっている。

この広間と立札席をメイン会場に、それぞれ茶席が用意され、さらに、母屋の茶室では、ウエルカムティを愉しむことができる。

全体のテーマは『槿花一日』。白居易の詩から、一日しか咲かない秋の季語「槿」をモチーフに、こうして一日だけここに会したさまざまなでも、平等な人々とともに、お茶を飲み交わすという趣向である。

さらに、それぞれの茶席には、テーマが決められており、それにマッチした茶席が設えられていた。

槿花一日
白鳥庭園 清羽亭全景


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
この続きを読む
第三回地球に優しい中国茶交流会
tr20091114-01.jpg

Yahooブログ中国茶三人衆である碧眼猫さん、上海小町さん、あるきちさんが始めたイベント。すでに3回目になり、規模もどんどん大きくなったのだという。

今回はイベントゲストとしてうらりんさん、荷花さん、madokaさん、めぐさんなどお友達の茶人も沢山参加して、9卓もお茶席が用意された。さらに特別ゲストの茶壺天堂の井上さん、今古茶籍の簡さんなども参加。

一席5人がけで9席。それが11時から4時までの間に6回転。なんやかんやで200人を越える参加者ということになる。

僕は今回初めて参加させていただき、みなさんとってもお茶が好きというのが良くわかった。昔だったらまぜて!と直ぐに声を上げたんだろうけど、いまはこうして皆さんが入れてくださるお茶を飲むのがうれしい。

今回は、ある意味取材だったので、参加者の方々と一緒にのんびりは出来なかったけど、でも、懐かしい顔に再会したりして、楽しいひと時だった。
それにしても、会う人会う人「ブログ拝見しています」とおっしゃってくださるのだが、そのあと「最近は・・・・」(笑)。すみません。こちらはすっかり手抜きです。向こうは毎日更新しているんですけどね。

ああ、気が付けば11月も半分すぎようとしているのだなあ。早くAll Aboutの記事かかないと・・・。そちらでもう少し詳しい内容をレポート予定です。

ともかく、お誘いくださった碧眼猫さん、ありがとうございました。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
この続きを読む
『香白韻』~夏至の茶事~
tr20090620-09.jpg

浦川さん主催『香白韻』~夏至の茶事~にお招きいただき、美味しいお茶をご馳走になってきた。ちゃんとしたお茶会は本当に久しぶり。丁度去年の今頃、浦川さん主催の陽明茶会に参加させていただいて以来のことか。

スタジオの中に、3つの席が用意され、それぞれの卓に木漏れ日のように光が当たる。そんな光影のの中で、淹れられるお茶。静かに流れる音の中で、ふっと心の力を抜いて、その味わいと美味しさの中に溺れてみる。

そういえば、こんな風に静かにお茶を楽しむことをしばらく忘れていた。もちろん、日々の日常茶は飲んでいたのだけれど、こういうふうに手をかけて、もてなしていただくお茶は、別物なのだと、当たり前のことに気がついた。

時にはこういうお茶会に是非顔を出させていただきたいものだ。

tr20090620-08.jpg

『香白韻』~夏至の茶事~

時/2009年6月20日(土) 11-13時
処/東京・渋谷STUDIO BYBROS
司茶 紫蓮池席/依田智子 紫草花席/鳴川誉子 藍海子席/浦川園実
侶 岡本裕子
照明 深瀬元喜
津軽三味線 曾我紀文

茶譜
 明前安吉白茶2009、阿里山金萓茶2008冬茶、北埔烏龍茶2008

Cha-No-Yu China 中国茶と和の粋
香白韻的品茶楽園

お茶会のimgeは「この続きを読む」からどうぞ


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
この続きを読む
2009年夏6-7月、お茶会セミナー
2009年夏6-7月、お茶会セミナー

大阪の「アジアのお茶時間」では、6-7月お茶会セミナーを下記の要領で実施します。

日時:6月27日(土) 14:00~16:00
    7月7日(火) 19:00~21:00
場所: 「アジアのお茶時間」オフィス
     大阪市中央区南船場3-7-29 南船場じゅんさんビル403号室
会費:2000円
定員:各日程5名様まで
内容:烏東単叢老叢高山茶(満堂香、大烏葉、芝蘭香ほか)
    鉄観音呑み比べ(清酸香、濃香など)
    岩茶大紅袴2世
    文山包種茶コンテスト入賞茶
    宇治和束辻茶園の煎茶

*どちらの日程に参加されるかを明記の上、メールもしくは電話でお申し込みください。
  info@ochajikan.com
  06-6258-2307

株式会社 コード アジアのお茶時間
http://www.ochajikan.com/57teacircle/school_senba.html


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。