FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
駄農園の深蒸し茶
DSC_3745

オフィスで美味しく頂いた駄農園の深蒸し茶。
すっかりなくなってしまったので、
また注文しようかなと思ったら、
駄農園さんからサンプルが届いた。

これはうれしいお年玉。

このところ珈琲の量ががくっと落ちていて、
その分茶の量がふえているので、
寒いオフィスで飲めるお茶が増えるのは
とっても嬉しい。

しかも、この駄農園さんの深蒸し茶は、
相当美味しい。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
牧原草人 駄農園
DSC_3055

美味しい深蒸しの日本茶が飲みたくて、
ネットであれこれ探していたら、
深蒸しよりも釜炒りの面白い日本茶を発見。

静岡県牧之原でお茶作りをしている
駄農園というお茶農家の
牧原草人」という名前のお茶だった。

日本で釜炒りといえば、嬉野とか青柳とか
九州の一部でいまでも作られているのだが、
静岡で釜炒りって珍しいなあ。

釜炒り茶は比較的高い温度で淹れられ、
香りがいいのが特徴。

ほんの一息冷ました湯で淹れてみたが、
香りが良く味わいもいいお茶だった。
面白いなあ、この手のお茶。

とりあえず淹れたのはサンプルで頂戴したもの。
僕が注文した夏摘みの藤かおりとどういう風に違うのか
飲み比べしてみようかと思う。

深煎り茶の方は、オフィスで最近コーヒーより
日本茶を飲んでいるので、
今飲んでいる煎茶が終わったら飲んでみる予定。

しあkし、日本茶も胡乱なお茶があって面白いな。
自分が好きだと思うのはどんなお茶か、
再発見してみるのも面白い。

これはどこのどんなお茶で、品種がなにで、
どんな作り方をしていて、どんな流通をしているのか、
そういうのは置いておいて、
自分として美味しいかどうか
それが最近では一番重要だ。

他の人の意見も参考にするけれど
やっぱり自分にとってのお茶は
人の意見に左右されず
価格とかそういうのは置いておいて
本当においしいと思うこと。

そんな目線でみても、このお茶は好みだった。
こういうお茶にひょんなことで出会えるから
お茶の世界は面白い。

DSC_3057

DSC_3058

DSC_3059

DSC_3061

DSC_3065

DSC_3070

DSC_3079

DSC_3083

DSC_3082


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
マリコロード・印雑焙茶
DSC_2985

金沢に行くたびに購入する加賀棒茶。
もちろん丸八製茶場のものを買う。
その時に次いでに買うのがマリコロードだ。

印雑という品種の日本茶を
丁寧に焙煎した、
味わいや香りに紅茶の片りんを感じられるお茶。

印雑を始めて飲んだのはも20年ぐらい前のことだろうか。
日本茶にもこんな味わいと香りのお茶があるのだと
とても驚いたことを覚えている。
その時は緑茶だった。

その印雑を加賀棒茶のように焙煎した
このマリコロードが、
僕は好きだ。
DSC_2989

DSC_2987


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
一保堂 煎茶「薫風」
APC_6289

牧之原のつゆひかりを飲み終えたので、
久しぶりに一保堂の煎茶「薫風」。
50gだと結構すぐ飲み終えるかも。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
伊勢茶
伊勢茶

夏休みで伊勢にいった。
伊勢は伊勢神宮のおひざ元。
でも、お茶の産地でもある。
あまり知られていないけれど、
静岡、鹿児島に次いで、
全国3位の生産量を誇るのだ。

内宮の参道にあたるおはらい町には
伊勢茶の専門店もあり、
和の飲食店で食事をすると
伊勢茶のほうじ茶などが出てくるわけだ。

おかげ横丁にある伊勢茶の店では
伊勢の在来種で作ったお茶を試飲させてくれる。

COVID-19のせいで
この伊勢茶が売れなくなっているという。
伊勢に宿を取ると、
伊勢の観光協会が伊勢茶の試飲用ティーバッグを配布してくれる。

こんなウイルスのせいで
伝統産業が影響を受けるのは困ったものだ。

そんな状況にあるからか、
二見浦の宿に泊まった際にも
伊勢の和紅茶のティーバッグをもらった。
伊勢茶はいろいろと工夫をしているのだなと思う。
なので、是非、全国レベルとで広がるとよいなあと思う。

伊勢茶net
http://www.isecha.net/

DSC_0535 (2)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
美国屋(鰻屋)の茶
2020-08-17 13.56.34

最近ちゃんとしたウナギ食べてないなあと思い、
ちょっとテレワークで節約していた昼食代を奮発して
美国屋にいってみた。

COVID-19のせいで店でランチするのがはばかられる昨今、
時間的におそかったので結構いい感じのすき具合。

最初に出されたお茶が、
結構渋くて目が覚めるようなお茶。
最近なんだかひょろひょろした茶が多い中で
こういうガツンとした食事向け緑茶というのは
わけもなくうれしくなってしまう。

茶の本質から言えば、
あり得ない入れ方なんだろうけれど、
食事の時はありなのである。

2020-08-17 13.56.30

2020-08-17 14.02.38


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
つゆひかり
APC_4248

正月に熱海で飲んでおいしかったつゆひかり。
なので、ネットで探してオーダーしてみた。

緑茶なのにほのかにマスカテルフレーバーがする
とっても面白い緑茶だ。

調べてみると、
2000年に種苗法に基づく品種登録をした新しいお茶の品種。
天然玉露と呼ばれる「あさつゆ」と
爽やかな香をもつ「静7132」を交配して
作られたのだという。

渋みが少なく、すっきりとした甘さと、
独特な香りが特徴のお茶で、
栽培面積自体が少ないので
市場に多く出回ることの少ない無い希少なお茶だという。

静岡県の奨励品種にも指定されているらしい。

お湯で入れてもいいのだけれど、
水出しにするとより良い感じだ。

日本茶もいろんな品種があるけれど、
いろいろと面白いお茶が開発されているんだなあ。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
はし本で抹茶をいただく
2020-01-23 20.44.21-1


日本橋本町のはし本で懐石料理。
食後のお茶が、抹茶と和菓子だった。
こういうのはうれしい。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
和菓子と煎茶セット
P1030373

網代の駅前に
熱海一帯で有名な和菓子屋がある。
間瀬菓子舗網代駅前店だ。

本店も網代にある。

とてもおいしい生菓子とともに
煎茶を飲んだのだけれど
流石静岡県の和菓子舗である。
日本茶がとても美味しかった。

素性は全くわからないのだけれど、
こうしてほっとできる煎茶と和菓子が楽しめるのも
お茶好きにはたまらない瞬間なのである。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
つゆひかり
IMG_0613

熱海の中村屋で
葛きりとともに飲んだのが
つゆひかりという
マスカテルフレーバーの日本茶の
冷茶を飲んだ。

これは美味しかった。
調べてみると牧の原の長谷川製茶という
農園のお茶だった。
35gのお茶が3袋で5000円。
なかなか良い値段のお茶だった。

日本茶もいろんな味と香りのものが
出てきているので、
こんどじっくりと飲み比べしてみるのも面白い。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村