中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
長野でそば茶
_1490819

長野といえば蕎麦。
長野人の血が半分入っている僕としては
やっぱり長野の蕎麦が好き。
で、そのそばを使ったそば茶が好きだ。

手打ちそば十割の大善の蕎麦。
そして大善のそば茶。

ご馳走様でした。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
あがり
2016-08-10 11.40.48-2

寿司屋ではお茶のことを「あがり(上がり)」と言う。
本当は一番最後に出されるお茶のことだが、
この語源は江戸時代の遊郭。

花柳界、遊郭では客が出入りする際には
お茶を出していたが、
最初に出すお茶のことを「お出花」、
最後に出すお茶を「上がり花」といったらしい。

そんな花街の言葉が江戸時代に
寿司屋で使われるようになったらしい。

もともとは、寿司屋の店主やスタッフが使う
いわゆる隠語であり、
「あがり一丁」という言い方が広まったらしい。

だから、客が「あがりください」というのは
もちろん間違えだ。

客側は「お茶ください」といえば十分。
ちなみに、「おあいそ」も客が使うべき言葉ではないから
気を付けよう。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
そば茶
2016-08-05 11.32.15-2

蕎麦のみを乾燥させて作られる蕎麦茶は、 抗酸化物質である「ルチン」を大量に含むので、健康にとても良いといわれている。

そもそもルチンは、高血圧・心臓病・動脈硬化・糖尿病・肝疾患などの生活習慣病を予防する効果があるといわれているらしいが、毛細血管を強化し血行を促進する作用があるため、冷え性の改善にも効果があるのだとか。

まあ、そば茶だけに頼ることはできないけれど、こういう効果のあるものは、出来れば生活の中に取り入れてみたいなと、最近になってようやくおもったりする。

しかも、美味しいものであれば、結構続けやすいかもしれないので、ちょこっと、これから試してみようかななどとおもうのだ。

茶と健康って、あんまり好きなテーマではないのだけれど、最近富に健康が気になるお年頃なので、仕方がない(笑)。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
天竜銘茶
2016-05-04 11.04.27-2

とあるホテルで出されたお茶。
葉桐さんの煎茶だった。

先日高校時代の同級生に煎茶の詰め合わせを送ってもらったのだけれど
その時に入っていたのがこの缶のパッケージと同じもの。
祖霊ら、これが好きで、結構葉桐さんのお茶を今度ちゃんと買ってみようかなと
思っていたところだった。

どうしてもオフィスで過ごす時間が多いので、
面倒だという理由一点で
どうしてもティーバッグ多用してしまうのだけれど、
どうせティーバッグなら、その中でもおいお茶がいいよねと思う。

この天竜地区で摘まれたお茶を丁寧にテトラのティーバッグにした
葉桐のお茶は、かなりのヒットだった。

最近会社に珈琲道具一式持ち込み
コクテル堂のOLD5を飲むのが日課なのだが
お茶もそろそろこれは毎日というのを決めてもいいのかもしれないなあ。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
_1400144

ほうじ茶はいつもは加賀棒茶、
宇治浅煎りほうじ茶、
柳桜園のほうじ茶がメインなのだが、
先日友達が送ってくれた。

以前もこのお茶を茶友に頂戴して
飲んだことがある。

京都の大原の農家が作っているほうじ茶だそうで、
短い茎がたくさん入った、
素朴なほうじ茶だった。

焙煎もいい具合で、
食事の最中のがぶ飲みように最適!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
柳桜園
P1280901


京都柳桜園の煎茶 朝日。

京都に来たら日本茶を買う。
基本はほうじ茶。
一堡堂の京番茶はかさばるので、
柳桜園でかりがねほうじ茶「香悦」を買って帰る。

包んでもらう間に、
煎茶を飲ませていただくのが嬉しい。

さっぱり香りの良い煎茶。
幸せのひととき。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
べにふうき烏龍
DSC_5794

新潟の台湾烏龍茶専門店、ピュアウーロンの店主、北川さんから送っていただいたべにふうきウーロン茶。
他のお茶をあれこれ飲んでいたので、数か月放置してた。

見た目、東方美人に近い形で製茶してあるのは、紅茶品種ということもあって、緑茶とか清香系の烏龍よりも、東方美人系のお茶にあっているからなんだろうなあと。

ただし、茶葉は結構緑だ。やや発酵不足という感じか。

DSC_5788

蓋碗を使って入れてみたけれど、東方美人というよりも、翠玉みたいな感じの味わいだった。

煎も何回も効くいい感じのお茶に仕上がっていた。

こういう面白いお茶を飲むと、なんだかとっても得した気分になる。
他ではあんまり味わえない特殊なお茶。
いろいろと一期一会で面白い。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
国産烏龍茶
やぶきた包種茶(奈良産)

随分昔、奥八女でやぶきたを使って包種茶を作ったことがあった。それ以来、やっぱり品種的に日本茶品種は青茶にはむかないのだと思い込んでいたのだが、最近あちこちで作られるようになった日本茶品種の国産烏龍茶は、なかなかに侮れない。

国産紅茶は、いぜんFTEAでリンアンの堀田さんなどが全国から集めた35種類ぐらいのものを集めて飲んだことがあったけれど、当時ウーロン茶は数件しか売られてなかった。しかし、最近では、製品化して結構沢山うられているのにおどろいた。


たとえば、ネットでググればすぐにざっとこんなのがヒットする。


知覧烏龍茶
http://shinkouen.ocnk.net/product-list/27
香寿
http://lanting.jp/?pid=33308751
花いろ烏龍茶
http://www.yamasen-cha.co.jp/freepage_73_1.html
狭山烏龍茶
http://www.yoshinoen.gr.jp/oolong.htm
有機栽培日本の烏龍茶
http://www.kwfa.gr.jp/kakusyouhin/uuron-m.html
国産ウーロン茶:蒼風
http://cha2962383.ocnk.net/product/128
ウーロン茶 べにふうき
http://cha2962383.ocnk.net/product/30

時代は変わったのだなあ。
今年になってから、大阪で作ったというお茶や奈良の大和茶烏龍というものを御裾分けしてもらったんだけれど、昔出回っていた国産烏龍茶とはまるでちがって、あたかも台湾の包種茶のような味わいで驚いた。それだけ台湾の製茶技術を学びに行っている人が多いということなんだろう。

普通のお茶好きも、趣味が高じて台湾でお茶作りの研修を受けたりする時代、プロの日本茶製造者がおいしい烏龍茶を作れてもいい。ただ、これが流通として出回るかというと、まだまだマニアックなお茶好きに好まれる程度か。

採算にベースに乗るようになれば、おいしくて品質のよい国産包茶を安く手に入れることができるようになるので、それはそれで歓迎なのだけれどね。国産紅茶の盛り上がりほど、国産烏龍がいまいちなのは、日本茶とバッティングするからだろうか?まあ、日本茶風味のお茶は日本茶があればいいということになっちゃうというのも分かることは解るのだけれど。

ともあれ、10年ちょっとの時間でこんなお茶が存在するようになったのかというのは、結構な驚きであった。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。