FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
KUSUMI TEA
KUSUMI TEA

最近お気に入りの紅茶がKUSUMI TEAだ。
ロシア発祥のフランスブランド。

アールグレイがハウスティーだという。
その柑橘系の香りも各種揃っている。

最近日本でもお店の展開をしていて
入手がしやすくなったのが嬉しい。

KUSUMI TEA

僕のお気に入りは
アルグレイアソート。

KUSUMI TEA



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
ティーバッグの森へ
P1760758.jpg

次の特集に向けて始動!
しかし、我が家にいま転がっているティーバッグだけでも、
結構な数がある。

このほかにハーブティー、
フレバリーティー、日本茶、中国茶などのティーバッグも。
お気に入りの物をセレクトしてみます。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
滇紅沱茶
P63-01.jpg

茶倉に眠っていた滇紅沱茶

1996年、ちょうど今から22年前の3月に
香港の茶荘で買ったのがこの滇紅沱茶だった。

当時お茶のことはあまり知らず、
日本ではあまり見かけないお茶を茶荘で
見かけるとあれこれ試したくなって、
義弟を香港に尋ねた際に、
鉄観音を中心に探し回った記憶がある。

どの茶荘で買ったのかはすっかり忘れてしまったのだけれど、
茶荘のおじいさんに
「この茶は10年前に作られた上等な沱茶だよ」といわれて
購入したのだけは覚えている。

30年経った今でも、金芽の部分は綺麗な色をしていて、
おわん型の茶の塊に鼻を当てると、
わずかな焙煎臭の向こう側に
ふんわりと甘い雲南紅茶独特の金芽の香りがする。

P63-03.jpg

滇紅とは雲南省で作られる紅茶の総称だ。

その昔雲南省あたりを“滇”と呼んでいた時代があった。
“滇”で産出する紅茶なので“滇紅”。

雲南省のこの地域はプーアル茶の産地として有名だが、
緑茶や紅茶の産出も多い。

特に雲南省南西部に位置する
鳳慶、雲具、昌宁等の地域では、
紅茶専用の鳳慶種という品種を使った
上質の紅茶が作られており、
蜂蜜と花を連想するような香りと、
深い味わいをする茶が多い。

P63-02.jpg

そんな滇紅を
わん型に緊圧した沱茶に整形したのが
滇紅沱茶である。

紅茶を何年も熟成させることで、
熟香がし、乾燥フルーツに近い
より甘い香りへと変化する。

その効果を狙っていたのか、
今となってはわからないけれど、
もう少し寝かせたら、
飲んでみようかなと思っている。







にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
Harney and Sons SOHO/ New York
P7303039

いろんな国に行くたびに、
その国の茶荘を覗くのは
僕の習慣だ。

お茶から距離が出来たとはいえ
お茶は生涯通じての興味の対象。

で、NYといえば、やはりここだ!
Harney and Sons

Harney and Sonsは30年前にニューヨーク郊外でスタートした。
シナモンフレイバーの紅茶が大ヒットするやいなや、
有名ホテルなどで取り扱われ始め、
ついには紅茶界のオスカー、
英国ロンドンのAfternoontea賞を受賞した。

紅茶の本場イギリスでも認められた、
アメリカ発の紅茶ブランドというのが潔い。

SOHOの本店は、品ぞろえが素晴らしい。
お茶好きなら、まずはここを覗いてみることだ。
紅茶はもとより、日本茶、中国茶も置いてある。
カフェスペースもあるので、ここでお茶を楽しめる。

僕が買ったのは、小さな小分けのティーバッグ缶。
いろいろなフレーバーの紅茶もあって、
お土産にはもってこい。

Harney and Sons公式サイト:https://www.harney.com/
住所:33 Broome St, New York, NY 10013


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
正山小種
2014-12-22 20.04.45

先日、名古屋の清水さんに頂いたお茶。
かなりグレードの良い正山小種らしい。
昔は全部ひっくりめてラプサンスーチョンなんて読んでいたけれど、
最近はラプサンの言葉を目にすることもあまりなくなった。

これは紅茶と明記されているとおり
結構甘みのある紅茶。
ラプサンのようにばりばりに焙煎がかかっているわけではなく
青楼でかるくいぶされた感じだろうか。

いまだに正山小種が紅茶の原点というのが
いまいち不思議なのだけれど
烏龍茶と紅茶の境目もよくわからんけど、
まあ、飲んで紅茶と思えば紅茶なのか(笑)

星村にも行ってみたいなあって
昔は思ったものだったけれど、
今はヨーロッパの各地をカメラ散歩したいので
中国茶熱はすっかり下火な今日この頃。

布目先生みたいな中国茶紀行をいつか買うんだって思ってた
15年前がとっても懐かしい(笑)




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
しゃおしゃんのムーンティ
P1220459

先日の地球にやさしい中国茶交流会で
しゃおしゃんのムーンティーを購入。

だーじりんを前田さん風に焙煎したというお茶
かなーり期待して封切りをしたら
おいしかったです。

P1220316
焙煎の味わいがダージリンのコクを増していて
どこか中国茶のような風貌になってました。

香りはややダージリンぽくなかったけれど、
これはこれでしっかりありなんだろうなあって思いました。

P1220458

味わいの濃いめのお菓子と合わせるといい感じ。
たとえばチーズケーキとかかなあ。

実際僕はグラン・クリュのマロンパイに合わせました。
おいしかった!ご馳走様




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
アイスティーはなにがお好き?
P1180844

アイステーというと、オーソドックスな紅茶かアールグレーというのが世間の定番
もちろん、ちょっとお洒落な工夫している紅茶専門店なら
アイスティーもいろいろ取り揃えたりしているし
いまやフレイバリーティーもあれこれあるので
それらでアイスティーというのもいい感じ

tearecipe20140608-01

でも、ひたすら個人的な好みで云えば
ダージリンのアイスティーが最高
しかも、単なるダージリンではなくて
やっぱり香り高きリーフルのダージリンがいいよね

今年のファーストフラッシュの案内も来たことだし、
これからの季節、大いにアイスティー楽しんでしまおう




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
クリームキャラメルティ
RICOH GR Digital3

なんか、本当に最近はこればかり。
TWGのクリームキャラメルティ
国内メーカーのキャラメルティより
少しだけスパイシーなこの紅茶は
お菓子似合うから始末が悪い(笑)

RICOH GR Digital3

これを事務所で入れるとたちまちキャラメルの香りに包まれてしまうので
もっぱら自宅愛飲用なのだが
三時のおやつにこいつを入れると
シナボンのシナモンロールが無性に食べたくなってしまう
以前は気軽に手に入ったシナボンだが
近所に全く店が無いので
このお茶のお供はドーナッツ

RICOH GR Digital3

三時のおやつ用のお茶なのである(笑)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
キームン毛峰
R1148676

昔、キームンといえば、キームンジャパンを置いて他の紅茶は考えられない時代があった。
ネットで吉岡さんが丁寧な説明をしていたあの頃、なんかキームンが身近になった時代でもあった。

残念ながらウエブサイトもなくなってしまい、直接購入する手段が途絶えたキームンジャパンのお茶だったが、今は卸などを通じて販売はされているらしい。

で、8年ぶりぐらいだろうか、久しぶりにキームンジャパンの紅茶を飲んだ。ふんわりと甘い、若干スモーキーな口当たりの、おいしいキームン紅茶だった。

そうそう、このなんの飾り気もない茶の缶に、ラベルの端ってあるのがキームンジャパンの特徴だったよねえ。
久し振りのキームンも、おいしさには変わりがない。
たまにはじっくりといろんな中国紅茶の飲み比べなどもしてみるのも悪くないかな。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
ORGANIC WHITE TEA WITH ORENGE
R1148737

オフィスではどうしてもティーバッグになることがほとんどである。まあ、仕事しながら工夫茶でお茶を飲むわけにもいかないからやむを得ない(一時期茶壷を持ちこんで茶を淹れていた時期もあったけれど)。

なので、ティーバッグもおいしいものである必要がある。常に常飲しているのは、LIPTONのイエローラベル(ビラミッド型ティーバッグのやつ)なのだが、最近新丸ビルの地下の紀伊国屋に行く機会があって、そこでこんなティーバッグを見つけたので、飲んでいる。

ORGANIC WHITE TEA WITH ORENGE

うん、確かに白茶風味の味わいがベースにあるお茶だが、品の良いオレンジの香り付けがしてある。クリッパーという会社が製造販売しているが、日本ではオーガニック食品を扱うMIE PROJECTという会社が輸入して販売しているらしい。

R1148735

なんとなくお洒落カフェに似合いそうな紙パッケージのおしゃれな感じがなかなかいい。パッケージデザインが良いと、ついつい購買意欲が増す。マーケティングの鉄則だね。本当は白茶はカフェインが強いはずなので、このお茶も、そうなのだろうけれど、パッケージとWHITE TEAという響き、そして実際のお茶の色などをみてしまうと、とっても優しいお茶のような気がしてくるから不思議だ。

最近は朝一杯目のお茶はこのお茶と決まっている。






にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村