中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
さんぴん茶
_1310520

なんやかや行っても、沖縄は中華圏に近い食文化が存在しているように思う。
首里城に残されている清代の皇帝から送られた品々が残されていたり、
そもそもの様々なものは、台湾にも通じている。

そもそも地図を見れば、台湾のほうが格段に近いのだから
まあ、それは仕方がない。

僕の場合は、まさにこのさんぴん茶。
これって、そのままジャスミン茶なのだから。

こうしてみると福建省にも近いわけで
昔からさんぴん茶が飲まれていたのも納得なのである。

でも、そんな場所に気軽に行かれるのだから、
沖縄が日本でよかったと切実に思うのだった。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
ジャスミン茶
R1199841

フォートナムメイスンのジャスミン茶(ティーバッグ)
中国茶のそれよりも、心なしかあか抜けている気がするのは
単なる気のせいか?

緑茶ベースのジャスミン茶なのだが、
苦い感じがしないのが良い。
やや濃いめの水色だけれど、
オフィスで常飲するには打ってつけ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
Classic Lotus Tea
2014-08-25 19.33.10

会社の部下がタイへ行ったらしくて
お土産に蓮茶のティーバッグを買ってきてくれた

意外と有名なメーカーらしく
ウエブサイトもなかなかお洒落

The Oriental Senses of Premium Tea SARO

紙のティーバッグに細かな花の破片のようなものが
どうやらお茶に香り付けした蓮茶ではなく、
花そのもののお茶という感じ

入れてみたらまるで香水みたいな香り
水色も黄色い感じ
香水を口に含んでいるような感じ

こういう蓮茶は初めて
おもしろいなあ




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
蓮茶
2014-08-10 14.07.13

久しぶりにタイ料理のお店にいったのだが、  
珍しく、蓮茶がサーブされた。

見た目そのまま中華料理店で出される鉄観音なのだが
一口口に含んだとたん蓮の香りがふんわりと口の中で広がった。

タイ料理とのマッチングが抜群な蓮花なので
なんともおいしく料理をいただけたのは
とてもうれしかった。

やはりお茶も料理とのマッチングってとても大事だなと
改めて思ったりした。

ちなみに好みではベトナムフロッグというお店。
その時の料理記事は、こちらを参照。

⇒ ガパオライス、フォー定食




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
アイスジャスミン銀針
tr20090412-02.jpg

最近レストランに行くと、中国茶を出してくれる店が多い。しかもなかなかに美味なのだ。これも車で来る人が多い所以か。特にイタリアンレストランだと、ワインのセレクションと並んでソフトドリンクが充実している。

今日行ったPARADISOという多摩センターのイタリアンも、そんなお店の一つ。

種類は多くないのだが、凍頂烏龍や茉莉花銀針などのアイスティーがサーブされる。

今回僕は茉莉花銀針のアイスティー「アイスジャスミン銀針」(この表記だと、茶名を知らない人は、「なんだ?銀針って?」て思うかもしれないなあ。)をランチメニューと一緒に飲んだのだが、しっかりと入れられた茉莉花茶をしっかりと冷やしてあるので、イタリアンの割と濃い味にもマッチしていた。

ブルーティーのボトルティーよりも、こうしてちゃんとレストランで美味しく淹れたお茶を冷やしてサーブするほうが、コスト的にも安上がりだとおもうし、お客さんにも喜んでももらえるのではないかなあと思った。その意味で、ソムリエの方々にも、中国茶の淹れ方を勉強していただくといいのかもしれないなあなどと、ふと思った。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
ジャルダン・ピエール
tr20081012-00.jpg

金曜日に開催されたピエールエルメのスイーツパーティー。そこで、ピエールエルメ青山の社長に頂戴した紅茶二箱。そのうちの一箱がこのジャルダン・ピエール。

原料は紅茶、ジャスミン茶、ゼニアオイ、ひまわり花、バラ花。

なんともゴージャスな香。
紅茶はスリランカ原産らしい。

味わいもきちんとスイーツに合うようにブレンドされているような気がする。

tr20081012-01.jpg

箱のデザインも、めちゃくちゃシンプル。
案外好きだな、こんな風に潔くシンプルなの。

tr20081012-02.jpg

中身はティーバッグ。
三角のメッシュスタイル。
中身が透けて見えるのが面白い。
これを湯に沈めると・・・

tr20081012-03.jpg

なんと最初に湯に抽出されるのは、青い色。
ゼニアオイの花だろうか。
ちょっとびっくり。
その後いろんな素材が抽出され、最終的には、薄めの紅茶の色になる。
ホット一息。
そんな気持ちになるお茶。

ただし、香料が結構効いているので、好き嫌いはあるかもしれない。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
新ジャスミン茶?
tr20080625-01.jpg


ペットボトルのジャスミン茶といえば、伊藤園なんだけど、今日、コンビにで見つけたのが、これ。

サントリーの「ザ・ジャスミンティー」

なんとなく、上品な味。
緑茶のエグミとかはぜんぜんなくて、とても飲みやすい。

ただ、それだけで、なんとなく物足りなさを感じる。
でも、濃いお茶を飲みたくないときには、これはいいかもしれない。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
サクラ・グリーンティー
tr20080316-01.jpg


ううう・・写真がぼけた。

今日も、蘭亭さんのお茶。
でも、このお茶はぼけてない。

よくある桜の風味をつけた単なるお茶というよりも、緑茶としてもしっかりとした味わい。
そこにふんわりと桜の風味。
なんとも春らしいお茶。
幸せになる。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
ライチ紅茶
tr20060708-01.jpg


本屋併設のCafe add-ressでライチ紅茶をオーダー。
蒸し暑かったので、もちろんアイスティー。
そうしたら、妙にこいつがうまかった。

ライチ紅茶はいつもどうでもいいなんておもって、飲むことがほとんど無い紅茶なのだが、いやあ、これはいけるなとおもった。

今度おいしいライチ紅茶を見つけて、自宅でやってみよう。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
フランスの香り
tr20060430-01.jpg


フランスのお土産!といってもらったお茶。

ジャスミン茶のティーバッグ。

フランスというだけで、なんでこんなにお洒落なんだろ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村