中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
閑情聴茶シリーズ! お茶を飲むときの音楽
20010531_01.jpg

台湾の茶藝館などを訪問すると、とても静かに流れている音楽。中国の伝統的な楽器が奏でる音の中に、心地よいシンセサイザーの音が混じり、癒しのためのミュージックとなり、お茶を飲む人の心を和ませます。

そんな音楽の中で、有名なのが台湾のレコード会社「ウインドレコード」が発売しているCD「閑情聴茶」シリーズ。中国茶を題材にして、茶藝館やお茶を飲む空間で流すことを目的とされたミュージックは、現在7巻まで発売されています。

20010531_02.jpg

まず、聴茶1の「清香満山月」。中国地方音楽をモチーフに、有名なお茶を表現したこの第一作目は、このシリーズの全てに共通する「和み」を非常にうまく表現し、話題になりました。西湖龍井、広東鳳凰水仙、洞庭碧羅春、台湾凍頂烏龍茶、ミン南功夫茶、蒙古女乃茶などを表現した8曲が収録されています。特に、「従來佳茗似佳人~西湖龍井」とか、「清香満山月~広東鳳凰水仙」、「芳気満閑軒 ~洞庭碧螺春」などと、その曲を思い浮かべられるような曲名になっているのが、心惹かれます。

20010531_03.jpg

第ニ作目の聴茶2「香飄水雲間」も、1作目の路線を継承しつつ、大自然の音である水、昆虫、鳥、海潮の音を加えるなど更に音の広がりを追及しています。1作目同様、有名なお茶の名前を曲名にして、蘆山雲霧茶、普沱山佛茶、信陽毛尖、台湾包種茶、黄山毛峰など全8曲が納められています。
  
20010531_04.jpg

第三作目は、聴茶3の「桂花龍井」。これは、様々な「友」をテーマにしており、曲名は全て花茶。それぞれのお茶が「清友」であったり、「韻友」、「雅友」であったりと、お茶を飲むことで、どのような友を現しているのかがわかるような曲作りとなっています。綺麗な花茶の名前が非常に生きているCDです。

20010531_05.jpg

第四作目は、このシリーズの知名度を台湾内外に知らしめた代表作。その名も「鉄観音」。音の路線は第一作目を引き継いでおり、静かな、心地よい音楽に仕上っています。曲名は、鉄観音、鳳凰単叢、水金亀、白毫烏龍、永春仏手、大紅袍、鉄羅漢と、有名な青茶を列挙してあり、思わずどんな曲だろうか?と目にしたら必ず手に取ってみたくなるCDです。

20010531_06.jpg

第五作目からは従来の路線をやや拡大したモチーフが採用されています。この聴茶5「聴壺」は、茶壷を題材に取上げており、作家物としてマニアには涎垂ものの大彬壺や孟臣壺などが曲名にされているのも非常に興味深いですね。曲調も従来より若干力強さを感じる仕上りになっています。

20010531_07.jpg

第六作目は、聴茶6「一筐茶葉 一筐歌」。中国各地で茶摘みの時に唄われる採茶謡:湘江茶歌、蜀山茶謡、茶山姐妹、茶郎夢、洞庭茶歌などをモチーフに、心地よい音に仕上げられた8曲です。春の茶畑を歩き回っているような気分にさせてくれるこれらの曲は、このシリーズ最大の傑作だと思います。

20010531_08.jpg
そして最後に聴茶7の「奉茶」。「奉茶」とはいわゆる「お茶をどうぞ召しあがれ」という心を表現した曲なのだそうで、このCDでは、お茶を点てる人、飲む人の心を題材にした曲が納められています。一番最後に「茶悟 Expressions」という曲名であるのが何ともほほえましいのですが、心静かに、豊かな時間の中でお茶を楽しむにはもってこいのCDとなっています。

この「閑情聴茶」シリーズ以外にも、茶道的精神と音楽を結合した「茶道 Cha Ta, The way of tea」というCDも発売されていますし、お茶をモチーフにしていなくても、お茶を飲むときにぴったりのCDが沢山発売されています。もし、台湾や中国に旅行されたときに、こんな「お茶の時間のためのCD」を見つけてみるのも楽しいかもしれませんね。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
東方美人@相模大野
(注)東方美人は2008年12月15日をもって閉店しました。


20010524_01.jpg

今回も、前回同様女性オーナーが頑張っている茶藝館を紹介しましょう。

既に名前を広く知られているので、ご存知の方も多いと思いますが、1998年8月にオープンした、台湾風の茶藝館「東方美人」です。オーナーの禰津弘美(ねつひろみ)さんは、台湾で旅行関係の仕事をされていましたが、台湾で流行っている泡沫紅茶のお店に興味を持ち、本格的に喫茶の勉強をするとともに、陸羽茶藝中心で茶藝も学び、帰国後、神奈川県相模原市相模大野にお店を開かれました。

長細いビルの2階にある店内は、右側が長椅子・ロングテーブル席、そこから入り口正面を通って左側はテーブル席、そして一番左手突き当たりは、掘りごたつ式の座敷席になっています。

気が向いた席に座ってのんびりとお茶を飲んだりデザートを食べたり、ロングテーブル席正面にある台湾に関する書籍・雑誌(台北ウォーカー等)を読んだりしながら、のんびりとくつろげるのが嬉しいお店です。

店内に静かに流れるBGMは、中国風のゆったりとした旋律で心地の良い曲ばかり。内装も台湾から持ちかえった装飾品がさりげなく飾られていて、台湾らしさを演出しています。



時は丁度台湾ブームや中国茶と重なって、お店は、毎日賑わっています。単なる台湾の茶藝館のコピーではなく、きちんとしたポリシーを持っているがゆえの賑わいだと思います。

ポリシーは、やはり何といってその「メニュー」に秘められているといえるでしょう。単に中国茶を出せば良いというお店ではなく、また、逆に泡沫紅茶を出せば良いという店でもありません。いろいろなところに工夫のある茶や飲み物を核にしつつ、さらにその周辺のメニューを充実させているのが、東方美人の他の店にない魅力になっているといえるでしょう。

20010524_02.jpg

もちろん、中国茶も本格的。台湾の新茶を中心にスタンダードを押さえています。杉林渓高山茶や文山包種茶などは一押しのメニュー♪。茶漉し付のカップでも飲めますし、本格的な工夫茶器で飲む事も出来ます。

さらにオーナーご自身が泡沫紅茶が好きというだけあって、泡沫紅茶もメニューにはいくつかの種類が用意され、特に、ミルクを混ぜ泡立てた珍珠[女乃]茶は甘さ控えめで、種類も抹茶、茉莉花茶、杏仁、ココナッツなどと豊富。クリーミーなおいしさの中に大きなタピオカ状の粉圓が沈んでおり、これを太いストローでズボっと吸うのが何ともダイナミックです。

20010524_03.jpg

そしてなによりも嬉しいのが、台湾の各種デザートが味わえること。茶凍(ティーゼリー)、愛玉果凍(オーギョーチのゼリー)、花生湯圓(烏龍茶の中にピーナッツ餡入り白玉を浮かべたデザート)、珍珠ぜんざい、[包リ]氷(台湾風かき氷)、黒ごまのパフェ、椰子圓子(ココナッツの蒸し白玉)や豆花(豆乳を固めたプリン風デザート)などの沢山のメニューがあります。

また、軽食も充実しており、烏龍茶粥、叉焼包(チャーシュー入りまんじゅう)、蘿蔔[米羔](大根餅) 、水晶煎餅(エビ入り焼き餅)割包(台湾風バーガー)、ちまき&ハスの葉ご飯、薬膳ドライカレー、ランチタイムには日変わりメニューやセットメニューもあるほどの充実ぶり。

20010524_04.jpg

禰津さんは、「中国結い」も得意で、東方美人で講座も開いています。他には、中華菓子教室や気軽に台湾茶を飲もうという講座なども開催しています。

現在は、お母さんとの二人三脚。厨房で料理を作るお母さん、そしてきはきと明るい禰津さんの働きぶりは、見ていても爽やかで格好よく、とても気持ちいいものです。だからでしょうか、台湾好きの、そしてお茶好きの人間は、必ず何度もここを訪れています。さまざまな中国茶のお店が出来ている中で、このポリシーを持ちつづけて、是非頑張って欲しいですね。


東方美人
〒228-0803 神奈川県相模原市相模大野3-14-10 第2足立ビル2階
電話:042-767-0720
Fax :042-767-0721
営業:11:00~21:00
定休:水曜日、第3火曜日(祝日は営業、翌日振替定休)
URL:http://www.oriental-beauty.com/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
良い茶葉の選び方
新茶の季節も一段落してきました。青茶はまだまだこれからですが、この季節にいろいろと茶葉を入手して思ったことは、やはり良いお茶を選ぶのは難しいことだということでした。新鮮そうで、香りが良くて・・・などといわれますが、なかなか実際には難しいですね。

そこで、今回は、良い茶葉を選ぶための7つのポイントについて考えてみました。

20010517_03.jpgその1 試飲をさせてくれるお店を選べ!

茶葉を買う場合、日本では多くの場合既にパッキングしてあるものが多いので、なかなか自分の目で確かめるというのが難しいのですが、出きれば納得して買いたいので、必ず試飲をさせてくれるお店で茶葉を買う習慣を身につけましょう。自分で飲んで納得できればはずれはないはず!

20010517_02.jpgその2 口コミをたよって選べ!

お店から遠くて、なかなか実際に試飲が出来ない場合は、中国茶のサイトの掲示板やチャットなどで評判の良いネットショップ等を探ってみるというのも一つの方法でしょう。以前はほとんど無かった中国茶のネットショップですが、今まではものすごく沢山のショップがひしめき合っています。その中から自分に合ったショップを探すのはなかなか難しいですね。表紙のデザインが良くて、対応が早く、親切なネットショップは総じて良いお茶が置いてあるもの。口コミは非常にすばらしい情報源なのです。

20010517_01.jpgその3 茶葉の形が整っているものを選べ!

お茶の優劣は、やはり香りと味で決まるものですが、そもそも味と香りの良い上級の茶葉はその製茶も丁寧に行われているものです。ですから、茶葉の形が整っているお茶を選ぶことがとても大切なことなのです。茶葉の一粒一粒を観察して、粒の大きさがばらばらではなく、また、茶葉の色もまちまちではなく(最初からまちまちなものも有りますが・・・。)、鮮明なものを選びましょう。

20010517_04.jpgその4 茶葉の香りがよいものを選べ!

茶葉の香りは、そのお茶の良し悪しの決め手にもなってきます。湯を入れた後で香りを確かめることは誰でもすると思いますが、実際に湯を注ぐ前の茶葉の香りを嗅ぐことは、あまりしませんね。でも、一度試してみてください。茶葉そのものの香りが、くすんでいたり湿気のような香りがしたりするものは、どんなに値段の高いお茶も良いお茶ではありません。

その5 おいしいと思うものを選べ!

もっとも重要なポイントは、お茶は嗜好品だということです。だから、どんなに高級で良い茶葉であったとしても、自分がおいしいと思わなければ意味がありません。自分がおいしい!と感じるお茶を選びましょう。

20010517_05.jpgその6 味と香りで選べ!

その5で美味しいものを選べとしましたが、茶の良し悪しを選ぶポイントとして、茶の味と香りを審査するのは、品評会でも最も重要なことですので、どんなところに気をつければ良いかを簡単に説明しておきましょう。
まず、茶湯の色と濃度、透明度などを確認します。茶の水色が濁って色が鮮明でないお茶は良いお茶では有りません。味は、甘さや苦み、刺激性や喉越しを確認しましょう。舌と喉を使って味わいを感じてみてください。飲み干した時に喉に甘さが持続するアイソトニック感のあるものがお茶です。そして香りですが、香りの立ち方、異臭や焦げた臭いなどのチェック、そして青臭さのチェックなどが重要なポイントです。聞香杯に残った香りを吸い込んだ時、非常に穏やかで豊饒な香りであるかどうか、またピュアな香りであることが良いお茶の証しになります。

私が台湾茶業改良場の試験官にテイスティングのやり方を教えていただいたときに、東方美人を2種類並べて香りを聞いたのですが、私が選んだのは、非常に甘い香りのするものでしたが、試験官はそれは古いからだめだといって、私が選ばなかった方が良いお茶であるといいました。どんなに香りの良いお茶でも、そこに少しでも古さを感じさせる香りがしのびこんでいたら、その茶は、良いお茶ではないのだそうです。もちろん、陳年茶は別ですが・・・。

20010517_06.jpgその7 茶殻(茶底)で良し悪しを見分けろ!

最後に、茶殻を観察してみましょう。中国語では、茶殻を茶渣(ちゃさ)といいますが、渣とは「検査する」という意味があります。つまり、茶を試すリトマス試験紙のような役割をするのが茶殻だということです。
まず、一枚の茶葉の形状や破損度を確認して見ましょう。中国茶の多くは、水分を吸って拡がった茶葉は一枚の葉に復元します。綺麗に茶葉が復元するお茶は、基本的には丁寧に手摘みのされた茶葉だといえるでしょう。
次に、光沢や茶葉の開き具合、そして発酵度なども見てみると良いでしょう。茶葉に光沢があって、くすんだ色ではなく肉厚のものは、総じて良いお茶だと言えます。発酵しているお茶も、その発酵に斑が無いかどうかを見てみると良いでしょう。あまりにも発酵に斑があるものは、ブレンドされている可能性があります。ブレンドはブレンドで良さはあるのですが・・・。青茶の場合、手で触ったときに、ビロードのような手触りであれば、とてお良いお茶だと考えて間違い有りません。

以上の7つをトータルで考えて、自分にあったお茶を選ぶ努力をしてみると、だんだん良い茶がどんなお茶だか分かってくるに違いありません。また、自分の好みもある程度分かってくると思いますから、お茶選びがスムーズに出きるようになるでしょう。同じお店の同じブランドだからという選び方は、茶葉が農産物であることを無視した選び方です。ぜひとも、毎回、このような点を考えながら、是非おいしいお茶を選んでみてくださいね!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
梅舎茶館
20010504_01

東京池袋の路地裏に小さな茶館があります。その名前は「梅舎茶館」。

このお店を知ったのは、オープン少し前でした。梅舎茶館の女主人のヨーダさんからメールをいただきました。小さな茶館だけれど、ほっこりできる空間を作りたいと書かれたそのメール、どんな茶館が出来るのだろうと、ワクワクしたのを昨日のことのように覚えています。それから約1年と少し。週末になると入れないことが多くなるほど、お客さんがつめかけるお店へと成長していました。

とある予備校の向いのビルの2階。香港映画のポスターが並ぶ階段を上っていくと、鳥かごの鳥が迎えてくれるこの梅舎茶館。窓際に沿ってカウンターがあり、真中に丸いテーブルが一つ。15人も入れば一杯になってしまうようなこの小さな茶館の売りは、なんといってもヨーダさんのお人柄。

とにかく、お客さんのことを覚えるのが得意で、みんなに声をかけて歩くし、湯があるか、お客さんがお茶をちゃんと楽しめているかなど、細かいところまで気を付けてくれるのです。でもそれがぜんぜん煩く感じない。そしてほっこりできるのです。そんな女主人の人柄に惚れて通う人は数知れず。

アメリカに留学していたときに台湾のお茶にはまったという彼女。ですから、最初の頃は、台湾茶中心の品揃えでした。しかし今では扱うお茶は大陸の緑茶まで非常に幅が出てきました。昨年も何回か茶荘や茶農家などに直接お茶を買い付けに、単身台湾へ乗り込んでいますし、この春は、長年中国で勉強をされていた茶藝師の資格を持つ方と一緒に江南(浙江省、江蘇省など)の茶の産地を回って、緑茶や珍しい紅茶を仕入れてきました。

20010504_03


もちろん、緑茶はガラスのコップで、そして紅茶は宜興式に茶壺でいれるのを勧めています。お店で使う茶器も、これは木柵鉄観音用とか、これは文山包種茶用とか、きちんと区分けをしているのですが、おいしいお茶を楽しく飲んでもらいたいというヨーダさんの心使いがこんなところにも現れているのです。

ちょっとした手作りのお茶請けも楽しむことが出来ますし、小さなお茶請けの乗った皿から、お茶請けを選ぶ事も出来たりします。パンダの小さなチョコレートはとてもお勧めだったりします。(笑)

それから、月に1~2回、お菓子つくりとかライブなどのイベントが開催されているほか、お店のスペースを使って写真展なども開催されます。その記録は、梅舎茶館のウエブサイトで診ることが出来るので、一度覗いてみてください!

20010504_02


この季節のおすすめはなんといっても江南の緑茶。オーナーのヨーダさんが4月中旬まで江南を歩いて新茶を仕入れてきたので、届いたばかりの新茶が楽しめるのです。四明山龍井はその香り味ともインパクトのある大変お勧めなお茶です。

本当にほっこりしながらおいしいお茶を楽しむ事が出来る、そんな小さな茶館を 是非一度訪問してみてください。♪

梅舎茶館(めいしゃちゃかん)
住所:東京都豊島区南池袋2-18-9-201
電話:03-3971-2256(FAX共用)
営業時間:11:00~20:00(火曜日定休)
URL :http://www.dab.hi-ho.ne.jp/umed/index.htm


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。