FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
茶壷に恋する
20010816_01.jpg


中国茶を入れる基本的な器である「茶壷(チャフー)」。日本の急須とは違い、把手は後ろ側についているか、上についているものが多く、しかも、日本の急須より焼き締めの固い磁器と陶器の中間である[火石]器(せっき)と呼ばれるものなのです。

■茶壷とは?

茶壷の代表的な産地は、中国江蘇省宜興(ぎこう:yixing)です。ここで作られる茶壷は、その土の素材から「紫砂壺(しさこ)」とよばれ、昔から珍重されてきました。この宜興の紫砂壷は、遠く明代にその発祥を遡ることが出来ます。そもそもは明代に科挙制度からスピンアウトされた文人たちが、茶を飲むために使っていた水注が原型であるといわれていますが、この時代、固形茶から散茶にお茶の形態が変化して行ったのにあわせて出現した茶器であるともいわれています。

しかも、官製の陶磁器とは異なり、宜興では多くの作家が作品を生み出したのも特徴といえるでしょう。明代には時大林(じだいひん)、恵孟臣(けいもうしん)といった巨匠が出現し、紫砂壷の基礎を固め、清代には、陳鳴遠(ちんおうえん)、恵逸公(けいいつこう)、陳曼生(ちんまんせい)などが更にデザインや装飾、そして紫砂壷そのものの完成度を高めて行きました。その後も王寅春(こうこしゅん)、范大生(はんだいせい)といった巨匠を生み、現代でも顧景舟(こけいしゅう:故人)、蒋蓉(しょうよう)、李昌鴻(りしょうこう)といった作家が活躍しています。

20010816_02.jpg


紫砂壷の魅力は、その形やデザインだけではなく、お茶を淹れた際にその渋みやあくなどの成分を除去し、また熱湯を注ぐときに注ぎやすい作りになっているなど、実用においても非常に優れていることにあります。

そのため、多くの中国茶器は、この宜興の紫砂壷を最高峰とし、台湾などでもこれらの作品をお手本に、茶壷が作られているのです。

■茶壷の種類

茶壷には、様々な色や形のものがあり、棚に飾っておくだけで非常に楽しいのですが、そのスタイルから「筋紋型」、「自然型」、「幾何型」に3分類されています。「筋紋型」は茶壷に線の入ったもの、「自然型」は梅の木、竹や蛙、兎などを模したもの、そして「幾何型」はオーソドックスな形の茶壷です。また、幾何型の茶壷は、外形から「円珠壺」、「直筒壺」、「倣古壺」など数多くの種類に区分されています。


20010816_03.jpg
筋紋型
(菊心壷:菊の花のような縦線がきれいに入っているものです。)

20010816_04.jpg
自然型
(梅段壷:梅の切り株と花などに模した茶壷です。)

20010816_05.jpg
幾何型
(倣古壷:一番オーソドックスな形で、やや扁平なものです。)


■良い茶壷とは?

20010816_06.jpg


このように沢山ある茶壷、ではどうやって見分ければ良いのでしょう?見分け方のポイントをいくつか掲げてみましょう。

〇 見た目に上品であること
見た目に優雅な茶壷であること長く使っていて、飽きの来ない茶壷を選ぶこつになります。いくら感覚的に良いと思っても、その茶壷に品が無いと台無しですね。

〇 作りがきちんとしていること
ひび割れや傷がなく、本体と蓋に隙間が無くしっかりと噛合っているものが良いものです。蓋にある取手(紐:チュウ)に開けられた穴(孔:コウ)を塞いだときに湯が口から漏れないものがよいものです。

〇 固く焼き締められているもの
きちんと焼き締められているものが上等なものとされますが、茶壷の薄いものと厚いものでは、若干性格が異なります。薄めで固いものは性格上磁器に近くなり、香りがたちますが、一方で、しっかりと厚みのあるものは、保温の効果が良く、まろやかな落ち着いた感じになります。

〇 形のバランスの良いもの
デザイン的にバランスがとれていることも重要な要素です。形そのものも重要ですが、各パーツどうしが形良く作られているかを良く観察してみましょう。左右や上下のバランスがとれていて、安定感のあるものが良い壺です。

〇 地肌の色艶の良いもの
余りてテカテカしているものは蝋やワックスが塗られているものです。自然と品があって艶の良いものが良質なものです。土の素材にもこだわって、普段から良いものを見て目を養いましょう。

〇 機能的なもの
茶壷は、芸術品として集めるので無ければ、所詮は茶を入れる道具。ですから、きちんと茶が淹れられるかが最大のポイントであるのです。水の出は良いか、注ぎやすいか、持ちやすいか、茶葉がいれやすいかなどをチェックしてください。

■茶壷の育て方

20010816_07.jpg


このようにして選んだ茶壷。大切に大切に育ててください。茶をじっくりと茶壷で飲むことによって、その茶壷が育って行くのです。このように毎日茶壺を手入れすることを「養壺(ヤンフー)」といいます。紫砂壺は磨くほど、非常に良い光沢が出てきて、独特の風合いになります。この養壺が楽しくてお茶を飲む人がいるほどです。
気に入った茶壷を入手したら、先ずは「下ろし」の作業をしてください。

〇茶壷の下ろし方
最初に、歯ブラシにクレンザーをつけて茶壺を丹念に磨き、ワックス、汚れや油などを取り去ります。そのあと、鍋に茶壷が隠れるくらい水をいれ、茶壷と茶葉を入れとろ火で30分ほど煮込みます。必ず水から茶壷を煮てください。冷えたら、茶壷をそのまま乾かし、表面に水気が無くなったら、柔らかい布で磨きます。これでお茶を淹れられる状態になりました。

さて、重要なのは、普段の茶壷の扱い方です。養壷の基本は「茶葉によって使い分けをすること」です。これは高山茶用、これは鉄観音用と、茶壷が増えれば、こんな風に分けて使えると良いでしょう。でも最初は、清香系の台湾茶用といったように、似たような系統のお茶で区別すると良いでしょう。

20010816_08.jpg


〇養壷の仕方
茶壷に湯を注ぎ、中を綺麗にして暖めます。茶葉を入れて、湯を注いで、蓋をしたあと、上から湯をかけます。そして茶を入れるのですが、そのあと茶壺の地肌が熱く、表面が乾かないうちに木目の細かい布で磨きます。地肌が乾いてしまった場合は、養壷筆という刷毛で茶を塗ってからみがいたりもします。このとき気を付けることは、茶船に茶壷を水没させたままにしないこと。ツートンカラーになってしまいます。養壷座や茶盤を使うと良いでしょう。地肌が乾いたら今度はやや木目の粗い布で綺麗に磨きましょう。これで光沢が出てきます。
使い終わった茶壷は、茶殻を採りだし水を流す程度に洗います。そして蓋をとって、乾燥してください。

このようにして育てた茶壷は、きっともう手放せないはず。じっくりと茶壷に嵌って、大事に慈しんであげてください!




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村