中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
風邪の予防と風邪にきく中国茶! 風邪をひいたら紅茶が一番♪
感冒了!!!台湾の友人からメールが届きました。彼女はどうやら「風邪ひいちゃった!」らしいのです。そこで僕が送った返事は、"You should drink a cup of chinatea!"でした。
僕はいつも風邪を引いてしまった場合には紅茶を、風邪の予防に中国緑茶を、みんなに勧めているのです。

そこで、今回は、「なぜ、お茶が風邪に効くのか?」と題して、お茶の威力を探って見ましょう♪

■ 「風邪には中国紅茶を!」

20011023_01.jpg
中国紅茶ではとても有名な邪門紅茶

今年の台湾は、とても天候不順で、台風も多く、地震もあったりと、このところストレスをためてしまっていた彼女。風邪を引いてしまうのも無理はありません。そんなときはあったかくして、寝ているに限るのですが、食欲もなくて、何も食べたくないというときに、是非おすすめなのが、「中国紅茶」。

日本では紅茶というとどうしてもインドやスリランカの紅茶を思い浮かべますが、中国紅茶にも非常においしい紅茶があるのです。僕が風邪の時に飲む紅茶は、「九曲紅梅(きゅうきょくこうばい)」、「祁門(きーまん)」、「[シ真]紅(でぃえんふぉん)」といった中国紅茶。特に、「[シ真]紅」は、ダージリンを髣髴(ほうふつ)とさせるおいしいさ。また極品の祁門礼茶は、安物にありがちなスモーキーな香りはほとんどしない、とても香りの甘い紅茶なのです。

で、こんなおいしい紅茶がなぜ風邪に効くのかというと、それは紅茶の製造工程に秘密が隠されています。緑茶や烏龍茶の場合は、茶葉を摘んですぐ、あるいはしばらくして発酵を止めてしまいますが、紅茶の場合は、茶葉を摘んだ後、完全に発酵させてから、乾燥します。この完全発酵によって、茶葉のポリフェノールが酸化して抗菌性の強い色素「紅茶色素テアフラビン」が生成されるのです。テアフラビンは、細菌やウイルスを撃退する効果があり、風邪やインフルエンザに効くといわれています。最近時々耳にする「紅茶フラボノイド」と呼ばれる「カテキン、テアフラビン、テアルビジン等を含む、紅茶に含まれる抗酸化物質」の中で、もっとも抗菌作用が期待されるのは、このテアフラビンの効果だといわれています。

20011023_02.jpg

さらに、紅茶独特の甜やかな香り成分である「テルペン」が、体をリラックスさせるので、アロマテラピー効果が発揮され、体の自然治癒力も増加するというわけです。女性は、香りに敏感なので、僕は彼女に、香りのよいお茶を選ぶことをすすめたいと思います。

ですから、風邪で寝込んでしまったときには、紅茶と消化によい果物やお菓子を取って、安静に寝ているのが一番。これが僕の風邪治療法です。

■ 「風邪の予防には中国緑茶を!」

一方、普段からの風邪の予防には、中国緑茶を含む、「中国緑茶」がおすすめ!。
お茶には、たくさんの成分が含まれています。そもそもお茶は薬として利用されてきたという歴史もあるようですから当たり前なのですが、その中でも特に風邪の予防に効果覿面なのが、ビタミンC。ご存じのように風邪の予防やストレスの解消に役立つのです。

20011023_03.jpg
開化龍頂(緑茶)

しかし、最近注目を浴びているのが、「カテキン」です。

では、カテキンってなんでしょう。カテキンとは、一般的にお茶の渋みを出すタンニンを形成する成分(禄茶に含まれる渋みの成分)です。このカテキンには、様々な効果があることが近年の研究でわかってきました。特にお茶のカテキンの最大の効果は、あらゆる植物成分の中で最も優れた抗酸化作用を示すことです。(活性酸素が毒化して体が酸化すると「ガン」、「心臓病」、「脳卒中」、「糖尿病」を引き起こすといわれていますが、この活性酸素を無毒化する効果が非常に強いといわれています。

20011023_04.jpg

が、ここでは、風邪の予防に風邪効くかということに絞ってお話をすると、緑茶に含まれるカテキンは、インフルエンザなどのウイルス類をやっつける効果が非常に強く、普段僕たちが飲んでいる濃さのお茶でも感染力を失わせることが可能です。そのため、たくさんの緑茶を飲めば(あるいは緑茶でうがいなどをすると)、インフルエンザなどのウイルスが体に入って感染することをあらかじめ防ぐ効果があるということになります。

20011023_05jpg.jpg

ちなみに、茶葉を発酵させている紅茶・ウーロン茶のカテキンは酸化しているためカテキン本来のパワーが損なわれてしまっているといわれています。だから、まず、風邪にかかる前には、是非緑茶で風邪の予防をしてください♪



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
「茶音空間」というCD
お茶を楽しむときの音楽として、過去「閑情聴茶シリーズ」と「JAZZ」を取り上げてきました。今回は、和製のお茶用音楽として、先日発売になった「茶音空間」を取り上げてみましょう♪

20011020_01.jpg
茶空間(RCCX-1005)

ロックレコードからとてもステキなお茶のための音楽がフューチャーされました。
「お気に入りのお茶を用意して、あなたのお部屋を極上の茶音空間に演出してみてはいかがでしょうか」とコピーに在るように、お茶のための音楽空間、「茶音空間」(定価\2,730(税抜価格\2,600)発売元:ロックレコード 販売元:日本コロム)ビアです。

この「茶音空間」は、日常生活における7つのシチュエーションにあわせて、お茶を楽しむという構成になっており、「月」(月を眺める)、「恋」(恋人と過ごす)といった7つのテーマに合わせて、進行していきます。

収録されているのは全10曲。1曲目はボーナストラックの「花の首飾り」。ご存知、井上陽水が「聞茶」のCMでリバイバルさせたステキな曲です。

本編の始まりのテーマは「月」:「春の夜、月を眺めながらお気に入りのお茶をゆっくりと楽しむ。」です。昼間の喧騒を忘れ、独りの時間を味わう最高のひとときのための2曲。「春江花月夜(しゅんこうかげつや)」、「漁舟唱晩(ぎょしゅうしょうばん)」。

この後に6つのテーマ「恋」、「朝」、「友」、「中」、「古」、「現」と続きます。時にはチャイナ風アンティックの本場の台湾茶藝館に、時には薄暗いあかり、時が止まったかのような古風の茶館に、そして時にはアジアの風韻が味わえる、なんとも無国籍な喫茶空間でお茶の時間を楽しんでいるような、そんなゆったりとした曲たちが、二胡、琵琶、古琴など中国古典楽器で演奏され、お茶の空間を満たしてくれるのです。

20011020_02.jpg

このCDには、小さなイメージフォトブックレットが添付されています。これらの7つのシチュエーションに合わせてセレクトされたお茶の紹介と、さわやかな文章が掲載されています。執筆と監修は、ティーコーディネーターの田中里栄子さん。中国茶の魅力を知り尽くした田中さんのナビゲーションで、お茶の時間の愉しみを倍増させてくれます。そして都内の茶館などで撮影された美しい写真も魅力です。

20011020_03.jpg

このCDを発売したロックレコードは、台湾を本拠地とする滾石唱片(ROCK RECORD CO.,LTD.)の日本法人です。ですから、台湾の茶の魅力をしっかりと掴んでステキなCDに仕上げてくれています。またまたうれしいお茶を楽しむときの音楽が一つ生まれました。さあ、あなたもご自分のお茶の空間を、この曲たちで埋めてみてください。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
青空ごはんと野点を楽しむ
秋といえば食欲の秋。いろんな美味しい物が登場する秋。やはりおいしい旬のものを鱈腹食べたいのですね。で、折角だから野外に飛び出して、秋の味覚の青空ごはんとのんびり野点を楽しんでましましょう!
今回は、青空ごはん、秋の味覚和食編です。(笑)♪

20011018_01.jpg

さあ、青空ごはんへ!

我が家は東京の西のはずれにあるので、丹沢方面あるいは奥多摩方面へ車ですぐに出ることが出来ます。ですから朝起きて、青空だったらすぐに車に青空ごはんキットを詰めこんで、さあ出発!と言うことになってしまうのです。折角の青空なのだから、満喫しない手はないですよね。
青空ごはんキットとは、いわゆる野外キッチンのことで、ツーバーナー、鍋、まな板、包丁、テーブルに椅子。そして心地よい野外リビングを作るためのタープ。食材は、出かける道すがら調達です。今日のメニューは、栗ごはん、茸の炭火焼、そしてサツマイモのお味噌汁。全て道すがらの農家で分けてもらえる代物ばかり。持っていくのはお米と餅米、味噌と塩、醤油、バターぐらい。♪

野外でご飯を炊くのは難しいと思っている人が多いのではないかと思いますが、案外気軽に炊けるのです。一度なれてしまえば、ご飯が炊けるとバリエーションが広がること請け合い!で、今回の栗ご飯は、下準備が栗の皮剥きだけなので、青空ごはんには持って来い!簡単にレシピを紹介しましょう。

1.農家で仕入れた栗は、先ず水に入れて沸騰させ、そのまま弱火で15分ぐらい煮て、冷まして皮をむきましょう。面倒な場合は、そのまま皮を剥いても良いけれど、必ず塩水に漬けておきましょう。

2.餅米、米ともに1.5カップをといで笊に上げて水きりをしておきます。栗をゆでている間に米をといでおくとよいでしょう。

3.厚手の鍋に米、酒(大匙1)、塩(小匙1.5)を入れて、普通に炊くのとおなじに水を加えてひと混ぜしてください。その上に栗をのせ、昆布(10センチ角)を一枚入れてご飯を炊くのです。

4.ここからが勝負。「始めちょろちょろ中ぱっぱ」に囚われず、火力全開の強火で沸騰させます。蓋を押し上げるように湯気が出てきたら、中火にしましょう。わからなかったら、蓋を開けて水が沸騰していたら中火に。そのまま約10分。糊のようなねばねばが、蓋の周りに出てきたら弱火にします。そのまま約10分。火を止める寸前に再度全開の強火にして一気に水分を蒸発させる感じで約10秒。そして、火を止めて10分ぐらい蒸らします。 「赤子ないても蓋取るな。」も守らなくて大丈夫。気になったら蓋を取って確認してみましょう。大丈夫、大丈夫。ふっくら栗ごはんの出来上がり。

野点の楽しさ♪

20011018_02.jpg

栗ごはんに茸の炭火焼、そんな秋のご馳走に舌鼓したあとは、のんびりと青空の下で、お茶を楽しみましょう。
野外で茶を淹れることを「野点」といいます。中国茶でも、野点は楽しめるのです。車だったら、凝った道具も運べてしまいますが、野点はいかに手軽な道具でお茶を楽しめるかということも基本の一つ。まずは、最低限必要な茶壷、茶杯をベースに、手軽なものを選びましょう。ただし、目一杯おいしい茶葉を忘れずに。

一度、「野点だってちゃんとした茶器できちんと淹れたい!」と思い、煮水器から茶盤、茶船など、普段家で使っているそのままのフルセットを持ちこんだことがあるのですが、野点の時こそは、本当に手軽な道具だてを考えた方が良いということを、そのとき実感しました。何故ならば、そのときにお茶友達が持ち込んだ茶器のセットがめちゃくちゃシンプルで、格好良かったからです。

彼女は、小さな茶壷、茶船に見立てた中国の磁器製の硯、茶海代わりの日本茶の茶器、白磁の小さな茶杯を5つ。茶盂は、手のひらにすっぽり収まるぐらいの金属製の鉢。それらを地面に敷いたオリエンタルな敷物の上に並べただけというものでした。 しかもそれらの茶器と茶葉は、籐で編んだ中国のバスケットの中にすっぽりと収まるようになっているのです。コンパクトで美しい。野点の基本はこれしかないねと、すっかり感心してしまいました。高級な茶器をそろえる必要はまったくなく、自分の気に入った小物たちで、こうやって茶を入れることが出来るのです。それが、野点の基本ではないかと、最近は思っています。

20011018_03.jpg

このとき僕が持ちこんだセットの巨大過ぎること・・・。とても格好悪かったです。(笑)お茶を何気なく楽しむ。時には道具立てに凝ることも必要ですが、時には青空の下、何も考えずにお茶だけを楽しむ。マニュアルどおりとかまったくの自己流もいいのだけれど、もうすこし、TPOを身につけて見たいものですね。

20011018_04.jpg

なにはともあれ、秋の1日、おいしい秋の味覚を満喫して、さらに極上の旬のお茶を楽しむ。そんな贅沢な一時をすごしたいものです。♪




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
三宝園(東京・田原町)
素朴な、そしておいしい台湾の烏龍茶が飲みたい。そう思う人は多いはず。特別の日に飲むお茶ではなくて、日常の中で何気なくおいしいお茶が飲みたいと思っている人たちがあちこちから集まるお店、それが今回ご紹介する三宝園です。三宝園の春子さんといろんな台湾茶話をしてください。♪ ♪

20011005_01.jpg

三宝園でお茶の販売を手がけているのは綱島春子(郭春秀)さん。彼女は台湾の高山茶で有名な阿里山の出身。本業は美容技術の講師でした。実家がお茶農家で、小さい頃からお茶は日常のものとして存在していたようです。だから、彼女の発想も至極単純。「お茶は日常のもの。だから、みんなにおいしいお茶を日常で楽しんでもらいたい。」というもの。ですから、扱ってお茶も、お兄さんが阿里山で作っている純粋な高山茶だけ。

彼女が日本でお店を開いたのがちょうど1年前の2000年10月。それまでは、日本の美容技術を台湾で広めるのが彼女の仕事でしたが、その傍ら、実家のお茶を知り合いなどを通じて販売していたのだそうです。ところがそれが大評判。少しでも台湾と日本の文化交流がしたいということで、昨年、田原町に小さな店舗を借りて、お茶が飲めるスペースを開設しました。

ここのシステムは、非常にユニークで、「中国茶サロン」と名付けられた擬似会員制(?!)の形態をとっています(現在は普通の営業形態へ変更)。会費はA¥2000、B\2500、C\3000の3種類で、それぞれ、三宝園オリジナル茶壷1個と茶葉40gがまずもらえます。そして、茶葉はいつも20%オフ。さらに、購入した茶葉と茶壷をお店にキープできます。だから、いつでも好きなときにふらりと入って、お茶を楽しめるのです。もちろんお茶を買うのは会員である必要はありません。

20011005_02.jpg 20011005_03.jpg


そんな素朴な彼女の人柄と、何よりもここに置いてある素朴でおいしいピュアな高山茶に惹かれて、彼女のお店にはいつ行っても、数名のお茶好きの人がたむろして、春子さんと歓談しています。それらの人々は、ふらりととおりかかったご近所の方から、雑誌で中国茶講座を連載されるような専門家まで本当に非常に幅広い層に渡っています。
 
20011005_04.jpg 20011005_05.jpg


お勧めのお茶は、何といっても季節毎の「阿里山高山茶」。そのほかにも、梨山や福寿山、陳年高山茶なども置いてあり、高山茶の魅力に浸れること間違いなし。素朴な春子さんのお話を聞きながら、時には珍しい台湾のお菓子などをつつきながら、おいしいお茶が飲めるアットホームなスペースです。 ♪

20011005_06.jpg

三宝園
住所:東京都台東区西浅草1-5-14京成サンコーポ商店街1
電話:03-3845-4470
営業: 11:00~17:00
定休:水曜日
なお、店主は台湾と東京を何度も往復していますので、サイト又はFacebookの最新情報をご確認のうえ、ご訪問ください。
http://sanpaoen.com/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村