中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
鬱陶しい花粉症にはこれだ! 甜茶でぶっ飛ばせ♪
花粉症によるアレルギー反応を抑制する効果があるとして、話題の「甜茶(テンチャ)」。実際に効果があるのでしょうか?その実態に迫ってみました。 ♪

20020222-01.jpg
甜茶(てんちゃ)の生える
桂林の山奥深くの森林

花粉症の季節が始まりました。くしゃみ鼻水、目のかゆみ・・。本当にこの季節は鬱陶しいですね。(私もとうとう去年から仲間入りです・・・。(^^;))
そもそも花粉症は、花粉が体に進入することによるアレルギー反応です。例えば花粉などの抗原が体の中に入ると、その働きを抑制するために「抗体」と呼ばれる免疫物質が抗原と結合します。

すると、「ヒスタミン」などの化学物質が放出され、これがくしゃみや鼻水といったアレルギー症状を引き起こすのです。ひょんな事から私が花粉症であることを話したら、「いいものあるよ」と教えてくれたのは、久順茶行の安蒜さん。台湾の老舗茶問屋の日本法人を運営している彼女が教えてくれたのが、中国の茶外の茶(カメリアシネンシスではない植物の葉等で作られる民間飲料)である甜茶(テンチャ)でした。

20020222-02.jpg
甜茶の畑

甜茶ってなに?

甜茶とは、甜の字が表しているように、「甜=甘い」という意味で、ほのかな甘さのあるお茶の総称です。中国の古い薬学書にも登場する健康茶で、また、中国では古くから旧正月に一年の幸福を願って飲むというおめでたい茶でもあるのだとか。
甜茶といっても様々で、いま中国で飲まれている甜茶は、4種類。ユキノシタ科の臘蓮繍球(ロウレンシュウキュウ)、アカネ科の牛白藤(ギュウハクトウ)、ブナ科の多穂柯(タスイカ)、そしてバラ科キイチゴ属の「甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)」などをそれぞれ原料にしたものです。

20020222-03.jpg
これが甜茶の葉

安蒜さんが教えてくれた花粉症に効果のある甜茶は、これらのうち、バラ科の「甜葉懸鈎子(てんようけんこうし、学名:Rubus suavissimus S.Lee)」を原料としたものだけだとか。甜葉懸鈎子は広西省壮族自治区桂林の奥地(標高500-1300m)の山林周辺や低木の茂みに自生している落葉低木。この葉を使ってお茶が作られるのです。
この地域は、瑶(ヤオ)族と呼ばれる古くから茶に関係しているといわれる小数民族がいる地域で、彼らの間で甜茶は古くから嗜好飲料として愛飲されてきたそうです。この飲料は、解熱薬、糖尿症、高血圧の生薬、食欲増進、去痰、咳止め、解熱などに効果があることから「開胃茶」とも呼ばれ、健康茶としても親しまれきました。

甜茶の成分

甜茶には、タンニンの一種である「甜茶ポリフェノール(GOD型ポリフェノール)」、各種アミノ酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄等のミネラルなど、多種類の成分が含まれています。さらに、甘味成分ステビアと似た「甜茶糖(ルブソシド)」というカロリーの少ない天然の甘味成分が含まれています。

実は、甜茶の効能の研究が始まったのは、この砂糖の100倍以上も甘いのにカロリーが極めて体に吸収されにくい甜茶糖(ルブソシド)をどうにか取り出して活用できないかということころからスタートしたのだとか。
(画像提供:安蒜さん)

甜茶の抗アレルギー性って?

甜茶糖の研究の過程で、どうも甜茶にはアレルギーに対して有効に働くのではないかとの話しがでてきたのですが、これを臨床的に実験したのが、サントリーの平井考一博士のグループでした。50名程度のアレルギー性鼻炎患者を対象に行った臨床実験で、甜茶エキス20mgを含んだキャンディを1日4粒ずつ34名に、また甜茶を含まないキャンディを同じように13名に服用させたところ、鼻、のど、目の症状が甜茶を含んだキャンディを服用した患者の方が明らかに改善効果が高かったとの結果を得たというのです。この研究はさらに三重大学医学部耳鼻咽喉科・鵜飼幸太郎助教授によって進められ、鼻アレルギー患者を対象に行った臨床試験の結果、甜茶の抽出成分に含まれるGOD型のポリフェノールに抗アレルギー作用があることが確認されました。GOD型のポリフェノールが、ヒスタミンの分泌を抑制する働きを持っているために、そもそものアレルギーのもとを断つことが出きるというわけです。この実験結果は、1994年10月に第44回日本アレルギー学会で公表されましたが、これにより、甜茶のアレルギー抑止効果は、一躍巷に知れることとなったのでした。

20020222-05.jpg
バラ科なので、棘がある


甜茶を買うときの注意

このように効果のある甜茶ですが、先にも書きましたように、アレルギー抑制効果のあるのは、GODポリフェノールを含有したバラ科の甜茶だけです。もし、甜茶で花粉症対策を!と考える方は、必ず商品に書かれている甜茶の成分を確認してください。現在巷で販売されている甜茶には他の原材料をブレンドしたものが多くありますから、気を付けましょう。GODポリフェノールの含有量の表示がある場合は、それを比較してGODポリフェノールの多く含まれているものを買うと良いでしょう。GODポリフェノールの含有量の多いものは同時に甜茶糖(ルブソシド)も多く含まれていますから、甘くて飲み易いものの方が効果があるという点もポイントですね。

20020222-04.jpg
甜茶はこんなお茶

どうやって、どのぐらい飲むの?

甜茶は、花粉が飛ぶ一ヶ月ほど前から飲み始めると効果があといわれています。今年はもう花粉は既に飛び始めていますから、甜茶で対抗!と御考えの方は、今すぐ飲み始めましょう。もちろん、症状が出始めてから飲んでもある程度の効果があるそうです。

この甜茶は、結構効き目に即効性があるようで、飲み始めて1週間程度で半数の人が、早い人では3日もあれば効果が現れる(といっても、人によってかなりばらつきはあるようです。)ようです。

20020222-06.jpg

では、このお茶を一体どのぐらい飲めばよいのでしょうか。抗アレルギー効果を期待するには、甜茶エキスを一日120mg程度摂取する必要があるといわれています。市販されている甜茶は麦茶のパックのようになっていて煮出すのですが、その場合は、甜茶1パック(5g程度)を沸騰したお湯600ccに入れて3~5分ほど煮出したものを1日分と考えて、それを朝昼晩の3回に分けて飲みきると効果的です。もっとも、甜茶1パックの量が商品によってまちまちなので、基本的には説明書に基づいて飲んで見てください。

20020222-07.jpg
久順茶行の甜茶


さあ、あなたも甜茶で花粉症をぶっ飛ばしましょう♪


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
3社のバトル中国緑茶で! 中国緑茶の魅力を!
去年の3月にClose Upで「缶入り中国茶をみなおそう!」という記事を書きました。 あれから約一年。再び中国茶戦争勃発?!3月に向けて清涼飲料各社が中国緑茶を相次いで発売します。その情報をちょっと先取り。しかし、なぜいま中国緑茶?

20020216-01.jpg

3月に向けて、サントリー、asahi、ネスティー各社から、「中国緑茶」の清涼飲料水が相次いで発売になります。昨年は、キリン「聞茶」とサントリーの「熟茶」の一騎打ちがありました。「聞茶」のパッケージデザインのセンスのよさと、井上陽水氏のCMで、この戦争は「聞茶」に軍配が上がった感がありますが(「熟茶」は、「熟茶って、プーアールだったの?」ですっかり腰砕けでした・・・。)、こんどのこの中国緑茶の戦いは、一体何処に軍配があがるのでしょうか?

20020216-02.jpg

2月19日に発売開始されるのは、ネスティーの「中国緑茶」。中国で飲まれる茶の78%が緑茶である事に着目して、その釜炒りの茶の特徴を生かすために、安徽省(あんきしょう)の銘茶、黄山毛峰(こうざんもうほう)を採用。それを全面に押し出したように、パッケージには、「黄山毛峰仕上げ」の文字。12日から開始したCMには、鈴木京香さんを採用するなど、かなり利器が入っています。で、実際にその味ですが、個人的な感想としては、確かに中国緑茶をイメージする、今までの緑茶飲料にはない特徴をうまく引き出しているなという感じです。ただし、この味が黄色山毛峰かといわれるとなんとも表現しにくいのですが。このトップバッターが、市場でどのような評価を受けるのか、ちょっと楽しみですね。

20020216-03.jpg

続いて同じ2月19日に発売されるのが、サントリーの「中国緑茶」。こちらは、今までにないボトルデザインがとても斬新で注目!お茶のボトルのイメージを一新するような「青」の使い方が、さすがサントリーと思わせます。味のほうも、釜炒り緑茶が日本人にすんなり受け入れられるかという疑問をきちんと分析してあるに違いないと思われる仕上がりになっています。使われている茶葉は中国を代表する浙江省(せっこうしょう)の龍井茶(ろんじんちゃ)。そこに、味の深みをかもし出す包種茶がブレンドしてあり、とても飲みやすくなっています。確かに龍井茶という雰囲気はとてもよく出ていました。こちらは、水野美紀さんをCMに起用。「ココロとカラダの自然なリズムを取り戻す」をコンセプトにしたCMは、発売同時にCMもオンエアされる予定です。

20020216-04.jpg

これら2社に一足遅れて、3月27日に発売になるのが、アサヒ飲料の「中国緑茶 凛」です。そのネーミングは、中国緑茶のすっきり感と背筋を伸ばして前を向く女性のようなイメージがありますね。この茶の原料も、中国雲南省産の緑茶をメインに、龍井茶(ろんじんちゃ)をブレンドして仕上げています。飲んだ印象は、これが一番中国緑茶!といいたい味に仕上がっています。が、それだけに、日本茶を飲みなれた日本の消費者にどこまで受け入れられるかが、若干気がかりという感じです。味の面では、一番素直な印象を受けました。パッケージは、中国の豊かな自然をイメージした、淡いグリーン系のデザインでまとめられています。なんとなく聞茶に描かれた「中国」らしさに似た感じがしますが、これも好印象を与えるデザインです。

さて、あなたならどれが一番気に入るでしょう。発売楽しみですね!


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
茶藝師になる前に! 茶藝員って、なに?
中国茶の資格を取得したい。そんなことを思っている方、以外と多い様です。Close Upでも、国内の資格取得について簡単にご紹介しましたが、まず、茶藝師の前に茶藝員の資格を取るという手があります。茶藝員って、なに?ということを、今回はお話ししましょう♪

20020215-01.jpg
龍井茶の故郷杭州にある
中国茶葉博物館

中国茶の資格というと、中国本土では、「茶藝師」という資格があることをClose Upでご紹介していますが、茶藝師は、茶藝館をマネージメントすることができ、さらにそこで働くスタッフを教育する役割を担う資格と考えると分かりやすいと思います。いわゆるインストラクターに近い資格かもしれませんね。

働くスタッフを教育するという観点から、中国人民共和国労働法に基づき技能・学科・評定に合格した人に付与される資格で、正式名称は、「中国人民共和国職業資格証 茶藝師」となるのだそうです。

この資格をとるには、実際に中国へ行き、杭州中国茶葉博物館において中国労働学校(という名前らしい・・・。)主催の様々な資格取得のための研修や試験を受けなければなりませんので、手軽にという訳には行きません。日本でも、まだ数人しかこの資格は取得していないようです(最近では、外国人にこの資格を開放しないという動きもあるようです。)。

でも、もう少し気楽に取得できる資格は無いのだろうかと見まわしてみると、茶藝師のちょっと手前に「茶藝員」という資格があります。これは、茶藝館等で、お客さんに茶をサーブする茶藝館の従業員向けの資格として始まったものだそうですが、お茶の淹れ方や茶葉の説明など、基礎知識の習得が大前提となっています。

20020215-02.jpg
茶藝員の小姐(北京)

なお、茶藝員の資格は、茶藝師とは異なり、国の認可 省の認可 茶館の認可などいくつかの種類があるのだそうです。

もちろん、茶藝員だからといって、低レベルの研修を受ければ良いというのではなく、それぞれのカリキュラムが組みたてられているようです。

20020215-03.jpg
茶藝員講習(杭州)

中国茶葉博物館主催・認定の茶茶藝員の場合は、中国茶界では名前が知れ渡っている中国茶葉科学研究所長、程啓坤教授、中国国際茶文化研究会秘書長、姚国坤教授、中国国際茶文化研究会副研究員、周文棠氏などの重鎮の先生方から直に指導を受けられるという至れり尽せりのカリキュラムが組まれています。

しかも、朝8:30から夜9:00までしっかりと講義があり、実技指導も大変厳しいとのこと。

中国茶葉博物館で開催される日本人向けの茶藝員セミナーもあるようで、受講できる機会も今後増えてきそうですね。この茶藝員セミナー参加された方が、日本における中国茶知識の普及に寄与してくださることを期待したいものです。


中国茶葉博物館



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
バレンタインのお茶作戦! MingChaの素敵なパッケージで
バレンタインデー目前ですね。既に買い物済んで仕舞った人、ごめんなさい!。でも、まだ仕入れていないというあなた、もらったら嬉しいセンスが良くておいしい一石二鳥のお茶セットをご紹介しましょう。これであなたへの注目度UP間違えなし♪


明茶房のお茶
20020212-01.jpg

中国茶は、基本的にはどんな専門店でもお勧めのお茶がありますから、自分で気に入ったものを選んで贈り物にするのが一番なのですが(もちろん予算もありますよね。)、もらって見た目も格好良くて、そしておいしいというパッケージなら、「明茶房(MingCha)」のお茶がお勧めです。

もともと、ここのお茶は香港の茶荘がブランド化したお茶ですが、とにかくそのパッケージデザインが斬新なのです。今までに無い、センスのよさなので、バレンタインデイのプレゼントには最適♪。

パッケージにはいくつかあって、アルミガゼットが紙のパッケージに収まっている物やガラスの筒にお茶が入っているものなど様々。茶葉自体は、鉄観音、岩茶、白毫銀針、白龍珠、坦洋工夫紅茶など、種類も多く、またセットの組み合わせもいくつかあり、選ぶのも楽しみになってしまいます。

20020212-02.jpg

もちろんお茶の品質も、なかなかのもの。以前、日本で大々的に売出す前に明茶房の(MingCha)の社長さんとお会いしましたが、とてもお茶に愛情をもったビジネスマンです。彼のお茶は、かの有 名な料理人脇屋さんも使っており、脇屋ブランドのお茶は、この明茶房(MingCha)のお茶!♪

日本では主に中國上品茶專門店「春風秋月」などに置かれていますので(現在は不明)、会社の帰りにでも是非覗いてみてください。

20020212-03.jpg

春風秋月
住所:東京都品川区大崎4-2-2 トーカンマンション五反田205号
http://www.e-moon.co.jp/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
迎茶
隠れ家のような素敵なカフェ

20020202-01.jpg

世田谷の住宅街にひっそりとたたずむ隠れ家的な心地よい茶館が一軒あります。中国的インテリアでごちゃごちゃと飾り付けられているわけでもなく、かといって、ありがちなCAFEのインテリアでもない、ちょっと心あったまるような、あまり人に知られたくない、おいしいお茶がのんびりと楽しめる、そんなお店。それが「迎茶」です。

「迎茶」(げいちゃ)までは、東横目黒線奥沢駅を降りて2~3分。自由通りのバス停の目の前に小さな間口のお店で、お店の前にメニューが出てないと、中国茶のお店だとはわからないような、そんなたたずまいのお店です。

お店のドアをあけると、L字型のカウンターがどーんと目に入ってきます。その上には電壺が数個用意されており、カウンターの後ろには、銀色の茶缶がずらり。右手には2階に登る階段と、茶壺や茶杯などがディスプレイされている棚があり、落ち着いた雰囲気をかもし出しています。

メニューも逸品揃い

20020202-02.jpg

ちょっと高めの青緑色のスツールに腰をおろすと、店主の貞重知子さんがにこやかにメニューを差し出してくれます。

このお店の魅力の一つは、そのお茶の品揃え。台湾茶、福建省のお茶を中心に青茶、緑茶、紅茶などがずらりと勢ぞろい。特に、岩茶と鉄観音、そして鳳凰単[木叢]がなかなかのもの。岩茶は、武夷山茶葉研究所でないと入手できない取って置きのものが並んでいました。きっとこのお店でしか味わえないお茶に出会うことが出来るでしょう。

お茶は、茶壺、茶盤、聞香杯のセットが用意され、自由にお茶を入れて飲むことが出来ます。もちろん初めての方には、貞重さんが淹れ方を丁寧に教えてくれます。

20020202-03.jpg

そしてスペシャルは、貞重さん自ら台湾で春に作ってきたもの。

茶器もお茶の雰囲気に合わせて白釉の陶器の茶壺で出してくれます。今年も春になったら台湾へお茶を作りに行きたいとにこやかに語る貞重さん。お茶が好きな人なんだなあと、こちらもにこにこ。

もう一つの魅力は、なんといってもお店自体が静かで清潔感あふれているところ。

道路に面しているのに、外の音が全然気にならないし、カウンターのスツールのクッションも座りごこちが良くて、ついつい長居してしまいそう。

20020202-04.jpg

2階にはテーブル席もあり、自分の好きなところに陣取って、貞重さんと語るもよし、好きな本を片手に、電壺でお湯の沸くことことという音に身をゆだねるのもよし。とてもステキで贅沢な時間が過ごせること請け合いです。

20020202-05.jpg  20020202-06.jpg

□ 迎茶
住所:世田谷区奥沢3-31-10
電話:03-5754-1785
   FAX共用
営業:11:00~21:00
定休:水曜日
HP:ge-cha
(一部画像提供:迎茶)



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村