中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
お気に入りの倣古壺
b200401172.jpg

水平壷の話のところで、倣古壺が好きだと書いた。なんといっても、断然にこの形が好きだ。同じ作家のものの大きさのちがうものを1つずつ持っている。

で、実際、このところ使うのもこいつがおおい。特に鉄観音はこれ。大きいほうは、数名で飲むときに、小さいほうは一人のときに。

一番のお気に入りは、蓋から胴にかけてのシェイプ。特に、この大きな蓋のなだらかな斜面は、なんとも官能的だ。そして胴の曲線。やや上から押しつぶされたような形をしているが、このぽっちゃりとした形体が、手にとてもなじむ。

残念ながら、僕の持っているこの茶壷は、やや軽すぎる。ほんのすこし、ほんの少しだけ、重みがほしいところだ。

今日、仲の良い友人夫婦が遊びにきた。だから、この茶壷で海南省の茶荘の安渓鉄観音を淹れた。今流行の焙煎の軽い清香系の安渓鉄観音だった。友達とおいしいお茶を飲む。良い時間のすごし方だと思う。こんな時間をたくさん持ちたいものだ。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村