FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
ちっとも覚えてくれない人
b200403101.jpg

昨日は、とても懐かしい人に再会した話。でも、今日はちっとも覚えてくれない人の話し。

臺灣區製茶工業同業公會の理事長の徐さん。偉い方なのだ。この方が、僕のことをちっとも覚えてくれない人。

実は、数年前に台湾へ行った時に、しゃおしゃんの前田さんと一緒に桃園の茶業改良場へ行った。夜遅くなったので、どうしようかと思ってたら、「台北まで帰るから、車に乗せていってあげるよ」といって、数名で台北まで送ってくれたのがこの人だった。

車中、台湾語、英語、日本語が飛び交う、とても奇妙な道中だったが、僕は彼が運転する車の助手席で彼からいろいろと英語でレクチャーを受けたのだった。「ミスターひらた、台湾のお茶を勉強したかったら、台湾語を勉強しなくちゃいけない」と僕を諭したのも彼だった。車から降りる時に「出会った記念に」と、彼の工場で作られたという四季春を半斤も頂いてしまった。

ところが、翌年彼とばったり静岡で出会った時に、彼はすっかり僕のことを忘れていた。ちょっと残念だったけど、これで僕のことを覚えていてくれるだろう、そう思って、名刺交換をした。

さて、翌年(昨年のこと)、同じようにフーデックスで彼と再開して、親しげに話しかけたら、彼はまた僕のことを忘れていた。うーん、ちょっとショックかな。彼の日本語は、徐々にうまくなっているのだから、僕のことも覚えておいてよと思った。

そして、今年こそ!とおもったら、案の定、誰だっけ?という顔をされた。うーん、やはり茶の取引をしない限り、年に一回会うか会わないかの僕のことなんて、覚えていてくれないのね・・・。(笑)

絶対に来年こそ!




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村