FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
杉林渓
b200403201.jpg

アジアンデザートの師匠で、茶友のAndy.T氏は、いつも季節になると電話で凍頂茶葉生産合作社にお茶をオーダーする。このお茶をいつも少しばかり、おねだりして分けてもらっている。

11月に作られた台湾の青茶。同じところのお茶で、焙煎の濃淡のものを飲み比べようとそのままにしておいたのだが、そろそろ緑茶の新茶の季節。飲むのならおいしいうちにと、この杉林渓を飲んだ。

杉林渓は、もう日本でもすっかりポピュラーになった高山茶。南投縣竹山鎮龍鳳峡茶區で作られる、すっきろりとした透明感のある味わいのお茶である。海抜は1650mとかなり高地で作られ、品種は軟枝烏龍(青心烏龍と基本は同じ。凍頂関係者は、軟枝烏龍と呼ぶ。)。

発酵は30%程度で、焙火度は中焙火、いわゆる半熟茶に属するお茶と、発酵が20%程度の焙火度が軽焙火の生茶のもの2種類を飲み比べる。

b200403202.jpg青みのある清香の烏龍茶は、非常に好きなお茶。でも、このところ、なぜか半熟茶の香醇がかなり気に入っている。だから、これも、今この時点では、中焙火のもの僕にはあっている。

体が自然に受け付けるお茶が、そのとき飲みたいお茶だと思うのだが、まさに、中焙火のお茶がこのところ僕にあったお茶になってきている。この変化はいったいなんだろう。

火入れの違いでまったくお茶の表情が変わるのは、今までも様々に体験してきたけれど、高山茶をこのように飲み比べたときに、線の細さを感じるお茶の場合は、やはり一定の火入れをしてあげたほうが、おいしく飲めるのだろう。

ただし、例外があって、梨山だけは、どんなことがあっても清香でないとだめなのだ。不思議なこと。

こうやって、新茶の前に過ぎ去ろうとする冬茶の季節をしのんで、おいしい冬茶を楽しむのは、また至福の時間である。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村