FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
したたり
b200409072.jpg

もうすでにのーとみさんが、めちゃくちゃ「おっしゃるとおり!そのとおり!」という解説をしているので、いまさら文才のない僕が書いても仕方がないのだが、でも、書いてしまいたくなるほどうまかった「したたり」。(「したら」ってお菓子なの?とひらがなが読めなかったのは僕です・・・。(^^ゞ )

どんなお菓子であるかは、これものーとみさんの書いた文を読んでいただくのが一番。

最初はなんだ、羊羹かという印象だったこのお菓子。ところが恵さんが、薄めに切ってさらに持ってくれた段階で、「ナンじゃ、この透明感は!」ということになった。琥珀かと見まがうほどの透明感。コンソメスープのジェリーか、にこごりかというのは、本当に誇張した表現ではない。

そしてめちゃくちゃ上品な黒糖の味わい。口の中ですうっと溶けていく感覚は、みごとに、のどにむかって滴るという感じ。

b200409071.jpg

こういうお菓子があるんだなあ。これはすごいことだと思った。「勝ったね」という恵さんの言葉はまさに正しい。これはお菓子の中でも本当に「勝った」という表現がぴったりである。なんの変哲も無い素材で、ここまで洗練されたお菓子を作ってしまう京の文化の奥深さを、目の前につきつけられたような思いだった。

あいにく、体調不調のため、舌がやられていたのだが、それでもこれだけの味わいを感じることができたのだから、体調万全のときには、びっくりするほどなんだろうか。

それでも、食い意地の張った僕は、すかさずお代わりをしたのは言うまでもない。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村