FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
玖瑰茶
b200409141.jpg

玖瑰茶(メイグイファー)は、バラ科のハマナスの花を乾燥させたもの。上等なものはとても綺麗な蕾状のもの。とても甘い香りがするため、コレに湯をさしたり、白茶に合わせたり、最近では工藝茶の中に仕込まれたりして使われている。プーアールや紅茶にも会うのがすごい。

産地はあちこち。福建省産がメイン。

もう大分前だけど、茶藝楽園で購入したものがめちゃくちゃ美味しかったのを記憶している。ウエルカムティーとして振舞ったのだけど、まるで香水のようだった。花茶はいろいろあるけれど、桂花とともに好きなお茶の一つ。

ところで、若返りのお茶だなんて言われているが、もし、本当だったら毎日がんがん飲んでしまうのだが。なぜなら、先日、息子にせがまれて昔のアルバムを見ていたんだけど、あまりにも最近の自分の写真が老けて見えるから。(笑)

まあ、もうすぐ45になるのだが、20代、30代と同じ顔してたら、お化けなんだが、それでも、本当に最近の写真を見ると、ああ老けたなあと。これはつらいものがある。女性なら、エステなんていうことも可能なのだろうが、そんな時間もないし、老けた理由が、髪の毛あたりにあるというのもある。(爆)

不老不死なんていうのは、欲しいとは思わないのだが、なんとなく若々しく見えるというのは、自分の姿勢として欲しいところではあるなあ。

さしずめ、玖瑰茶を飲んで、若さを保とうというキャッチコピーを自分のためにPCにでも張りつけておくかな。





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村