FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
京番茶
b200409291.jpg

番茶というのはおもしろい。言葉の語源は、一番茶に比べて遅い時期のお茶を総称して番茶といわれているが、焙じ茶のようなものも番茶といわれる。時期が遅いお茶は、茶の葉っぱがおおきくなってしまうので、製茶がしにくく、荒荒に緑茶をつくったのこりで、焙煎をかける場合もあって、そんなものが一緒くたに成ってしまって居るようだ。

ところで、番茶類のなかでも異色のものの代表として「京番茶」がある。一堡堂の炒り番茶などはその中でもすごい存在だ。とにかく、大きな袋のなかには、茶葉がそのまま焚き火からすくい上げられたように満載。そして、 焚き火そのものの香りがする。

夏の暑い時期にはこいつを冷蔵庫できんきんに冷やすとおいしい。そして冬は、ぐらぐら煮立った湯で出してやると身体ぽかぽかする。

京番茶は和菓子にもあう。きょうは蕨餅とあわせる。黒蜜をたっぷりとかけた蕨餅は、口の中でフンワリとした感触。そんな御菓子の持ち味を消さないように、そしてひきたてるには、なかなかお茶で迷うことがあるのだ。でも、この京番茶は、まさにそんなお茶。

京都の山里の秋深まった時期、お寺の土塀近くで焚き火をしている風景。そんな風景の中にふらりと旅して立ち寄ったような、そんなイメージのお茶。

なんだかとても懐かしい香りのする、こんな京番茶で頂くわらびもちは、大層美味しかった。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村