FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
悲しい出来事
反日デモがあちこちに広がっている。日本に対する誤解や群集心理を操る一部の人たちの仕掛けたこと。

戦後生まれの僕たちには、正直いって過去日本のしたことに対する認識が希薄であるのは事実だ。でも、過去や歴史には僕たちだって責任を持つべきだ。でも、それは、単なる保障ではなく、様々な文化的な繋がり、そして協力。相互理解などで負うべき責任ではなかったか。

たしかに、彼らの心理を煽るように、いまだに靖国神社参拝をやめようとしない現首相のような、説明責任を果たさず「何が悪い」と公言してはばからない心無い人たちがいるのは事実だろう。(それがわれわれの国を動かしている人たちだということは、なんと言うことだろうか・・。)

教科書改竄という言葉を考えた場合、それもどうやら独り歩きしているのだ。おそらく、中国の人たちと、日本人の感覚には大きな隔たりがあるに違いない。だから、相互に自国と相手国の歴史を学ぶことには大いに意義があるのだろう。しかし、学ぶのは政府ではなく、人民だということを忘れてはいないだろうか。

「この車を買うお金が日本の武器になる」と平気で叫ぶ中国の人たちの姿が、なんとも悲しかった。日本をあまりにも知らなさ過ぎる人たちの心無い行動だと思いたい。

彼らが本当に日本製品を使わない気でいるのだろうか。

それよりも怒りを感じるのは中国政府の対応だろう。破壊行為が犯罪にならない国、中国政府の対応に、多いに疑問を感じる。

反日教育を面々と続けてきた政府の、彼らがチベットで働いてきた想像を絶する犯罪行為は、どこに向かうのだろう。そして、天安門事件で、中国政府が行った行動への批判や教訓は、どこへ行ってしまったのだろうか・・・。

中国の人たちは、他国を責める前に、まずは自分たちの国、自分たちの政府がしてきたことを真摯な気持ちで学ぶべきではないのか。その上で、海外の歴史や文化を学び、糾弾するべきものは糾弾すべきなのではないか。そしてその糾弾は、暴力ではなく相互理解で解決すべきではないのだろうか。

中国茶を愛し、中国の文化を愛してきた僕たちは、いったい、これから中国の何を愛せばいいのだろう。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
無我茶会in新宿御苑
b200504171.jpg


東方美人のオーナーが率いる茶藝集団「清間茶會(ちんしぇんちゃかい)」のお茶会にお誘いいただいて、新宿御苑の花の下、おいしいお茶をいただいてきた。

午前中は、2名の方がお手間を披露してくれた。メインのお茶に季節にちなんで花をブレンドしたものが出された。なかなか面白い企画。雲南の野生茶にメイクイは結構マッチするものだ。

花の下でお弁当を食べた後、明々でお茶を入れる無我茶会を。僕も茶器を持参して参加させていただいた。僕に供して下さった右隣3名の方々のお茶は、桂花烏龍、蜜蘭香単叢、そして梨山高山茶。

僕は獅峰明前龍井をいれた。無我茶会はなんどかゲストで参加したことがあるが、自分でお茶をいれるのは、「無我茶会ごっこ」以外は初めて。

陸羽の泡茶師の山田さん指導の元、4煎ほどお茶をいれた。花見客がわいわい騒いでいるなか、無我茶会をするのはどうかなと思ったが、お茶をいれ、お茶を飲んでいる間、風の音、桜がそよぐ音などが思いのほか聞こえて、大層面白かった。

楽しいお茶会にお招きくださった禰津さん、ありがとうございました。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村