FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
新茶会 at anoma
b200506181.jpg


昨日は、広島出張からその足で根津のanomaへ。恒例の新茶会。バンブー茶館のかめきちさんのさがしてきたお茶をあれこれ飲める年二回のイベントなのだ。

今回も様々な単叢や鉄観音、そして岩茶が楽しめた。昨年の春のようなガツン!とくるような好みのお茶は少なかったけれど、ほっこりと和めるお茶がいろいろとあった。

他のサイトでもあがっているが、茶譜は以下のとおり。

 烏東蜜蘭香単叢2号
 烏東老叢芝蘭香単叢
 粒々香蘭花型
 鳳凰青胡苦茶
 烏東獅頭黄枝香単叢
 肉桂王美女香
 烏東群体単叢
 粒々香緑香型
 城門単叢
 烏東蛤古撈単叢
 名叢半天腰
 (飲んだ順)

蜜蘭香好きの僕は、しばらく蜜蘭香を飲み続けたのだが、烏東群体単叢と城門単叢もなかなか良かった。

烏東蛤古撈単叢を絶賛してた人が多いのだけど、僕には複雑すぎたなあと。いろんな香りがたつのだが、どうも香りと味がマッチしていないというか・・・。良いお茶だということは解るんだけど、好みではなかった。もっと単純なほうがいいや。(笑)

b200506184.jpg


岩茶もみな青い。とくに肉桂王美女香は青すぎで、岩茶????という感じ。でも、これで半球型包種茶作ったら面白いかもしれないなどと、半分眠ってた頭で考えてしまった。

青いという意味はいろんな意味で使われているようだけど、「清香」という単純な意味ではなくて、とにかく感覚的に青い。もちろん文山包種茶とか安渓鉄観音の青さとは違うのだが、この青さは、ちょっと苦手かもしれない。

これだけ青いと、僕の大好きな肉桂独特のあの乳香は出てこないからだ。そんなものは必要なくて、これで十分だという作り手の意図なのだろうけど、茶は嗜好品だからなあ。

良いお茶と好きなお茶は必ずしも一致しないという事例だろうか。

下の画像は、烏東蛤古撈単叢と名叢半天腰。

それにしても12時半から5時まで飲み続けるお茶会というのは相当ハードだね。後半寝てたかも。あまりにもお茶でほっこりしすぎてしまった・・・。

どうも、我々が午後の時間を占領してしまったので、他の常連さんは夜の部にまわされたよう。ごめんなさい。

b200506182.jpg


b200506183.jpg





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村