FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
東京の日本茶カフェ
tr20080924-01.jpg

いつものぞかせていただいている日本茶ブログ「マニアなお茶時間」を書かれているかなざわゆうさんの本『東京の日本茶カフェ』を先日買った。

もともと、茶は全般的に大好きなのだが、日本茶には、至極疎い。以前、誰だっただろう、中国茶をするのなら、日本茶がわからんとだめだ!といわれたことがあったけど、日本茶に関しては、そんなに勉強はしてこなかった。

もちろん、こんなお茶フリークをしているのだから(笑)、まったく茶に興味の無い人よりは、様々な日本茶を飲む機会に恵まれてはいるし、日本茶の関連イベントとか、史跡とかに参加したり触れたりする機会は多いのだが、それでも、日本茶はずぶの素人である。

だから、ゆうさんのブログはかなり勉強になる。

そんなゆうさんが出した本は、ようするに「みんな日本茶を飲もうよ!その入り口は日本茶カフェよ!」という、至極その主張が分かりやすい、東京のカフェガイドだった。

ここで紹介されているお店33店は、どこも行ってみたい(もちろん半分ぐらいは行ったことがあるお店だったが)お店だった。

時間だ出来たら、この本片手に、日本茶カフェ散歩をしたいものだ。
もちろんカメラと文庫本も忘れずに!

ついでだから、京都の日本茶カフェの本をだしてくれないかなあ。

この本の詳細はこちらにもUPしたので、どうぞ!
日本茶を知るには日本茶カフェに行くといい


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
日本茶を知るには日本茶カフェにいくといい
■ 日本茶を知るには、日本茶カフェにいくといい

20080924-01

中国茶同様、この日本には沢山の美味しいお茶があります。紅茶や中国茶は、なんとなく日常のもので無いから、意識をして飲むことが多いのですが、日本茶の場合は、そこにあるのが当たり前のお茶なので、わざわざ自分で探してまで飲もうと思う人は多くないかもしれません。

でも、日本茶にこそ、私たちの生活に根ざしていながら、それでもなおかつ、私たちを驚かせ、とりこにする魅力があるのです。

ところで、中国茶同様、いや日本茶だからこそ、どこからそんな魅力探しを始めたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

最近では、おしゃれな日本茶専門店を見かけるようになったので、そんなところに出かけていって、あれこれと教えてもらうことも可能になりました。

でも、一番手っ取り早いのは、最近あちこちに出来た素敵な「日本茶カフェ」で、実際にお勧めのお茶を楽しんでみること。しかも、それぞれのお店では様々な趣向や工夫を提供しているので、日本茶の魅力を探索には、ベストな方法といえるでしょう。

特に東京在住の方には、本当においしい日本茶が楽しめるお店が複数ありますので、日本茶カフェめぐりそのものを楽し婿とが出来るようになりました。

■ 日本茶カフェめぐりにうってつけ

20080924-02

その日本茶カフェですが、あれこれありすぎて、どこに行けばいいか分からないという方もいると思いますが、そんな方にお勧めの本が出版されました。

その名もずばり『東京の日本茶カフェ』。著者は静岡のティーライフナビゲーター、かなざわゆうさん。第一期の日本茶インストラクターを取得された日本茶のソムリエでもあります。彼女のBLOG「マニアなお茶時間」は、日本茶フリークのみならず、茶フリークの間では有名です。

本書は、東京を「銀座エリア」、「東京・日本橋エリア」、「渋谷・表参道エリア」そして「新宿・池袋エリア」の4つに区分し、かなざわさんが厳選した日本茶カフェ33店を紹介しています。

かなざわさんが選んだ33店は、創業30周年の老舗店舗から、カジュアルカフェまで。どのお店も、写真と地図入りでお店の情報が説明されていますので、この本片手に出かけていける、ガイドそのものと言えるでしょう。

実際にこの本を捲ってみると、「おお、大好きな茶一が紹介されている!」とうれしくなったし、さらに読み進めると、それぞれのお店の特徴がとても分かりやすく説明されているので、「ここは知らなかった、是非今度行ってみよう」と思いました。

■ 日本茶の基礎もフォロー

20080924-03

お店の紹介のみならず日本茶の基礎もしっかりと

さて、この本の特徴は、単なるカフェめぐりガイドに留まっているわけではないという点です。

著者のかなざわゆうさんは、日本茶インストラクター。その経験と知識を総動員して、まったく日本茶の基礎を知らない人にも、とても分かりやすくお茶の楽しみ方をコラムとして説明してくれます。

日本茶の分類から、カフェで日本茶を観察する方法や味の引き出し方、さらには買い方のコツまで、丁寧にかつ簡潔に、そして分かりやすくかなざわゆうさんの言葉で書かれているのです。

中国茶でもよく聞かれることですが、お茶を淹れる温度がわからない、どのように茶を選べばよいのかわからない、などと、とかく難しく考えられがちな茶の世界。特に身近であるからこそ、なんだかよけ分からなくなってしまう日本茶ですが、これ一冊あれば、日本茶を楽しむさまざまな切り口が満載ですので、あれこれ考えずに、まずはこの本のナビゲートどおりに、あれこれと試して見るとよいと思います。

かなざわさんが「日本茶の楽しさを知る一番の近道は、自分のお気に入りの日本茶喫茶やカフェを見つけること。」と冒頭に書かれているように、日本茶の魅力を知るまず第一歩は、日本茶カフェに脚を踏み入れること。

そして、その際には、このかなざわさんの『東京の日本茶カフェ』が、心強いナビゲーターになってくれるのです。

「「心のエステ」に行く気分」で日本茶カフェに出かけ、おいしくほっこりとできる日本茶をあれこれと堪能してみてください。そして、是非カフェ巡りをする時に、手軽に持ち運べるサイズの『東京の日本茶カフェ』を参考本として鞄に忍ばせておいてください。


20080924-04
 『東京の日本茶カフェ』
 著者:かなざわ ゆう
 出版:東京地図出版
 発行:2008年8月27日
 価格:1400円(税別)
 ISBN 978-4-805-8514-3



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村