中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
【中国茶情報】 茶館銀芽11月
ラサ企画主催の「茶館銀芽」が11月に開催されます。


11/12(金) 12:30~20:00(オーダーストップ19:30) 
11/13(土) 12:30~20:00(オーダーストップ19:30)
11/14(日) 12:30~18:00(オーダーストップ17:30)

会場:山王オーディアム
   〒143-0023 東京都大田区山王1-14-7
   TEL 03-3777-4681(開館日のみ)
   JR京浜東北線「大森駅」山王北口より徒歩8分
   (大森は東京駅から15分、横浜から22分)

詳細はラサ企画ウエブサイトをご覧ください。
http://lasa-kikaku.cside.com/chakan-ginga.php?blogid=2


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
【中国茶情報】 「李朝」と野の花 そして、韓国茶
「「李朝」と野の花 そして、韓国茶。」と題して、茶房・李白(東京)にて、李朝喫茶・李青(京都)のご主人、鄭玲姫さんのお話を伺いながら韓国茶をいただくイベントが開催されます。事前予約制ですので、電話でお申し込みください。

第1回 2010年
 10月30日(土)【A】14:00~15:00
 10月31日(日)【B】11:00~12:00 【C】14:00~15:00
 11月 1日 (月)【D】11:00~12:00 【E】14:00~15:00
 11月 2日 (火)【F】11:00~12:00 【G】14:00~15:00

第2回
 11月27日(土)【A】14:00~15:00
 11月28日(日)【B】11:00~12:00 【C】14:00~15:00
 11月29日(月)【D】11:00~12:00 【E】14:00~15:00
 11月30日(火)【F】11:00~12:00 【G】14:00~15:00

※電話による事前申し込みが必要です
 定員:各回15名
 お茶菓代:1,800円(木の実茶と五味子茶、ヨモギ・小豆の韓国餅)

 茶房・李白
 住所:東京都世田谷区宮坂3-44-5
 電話:03-3427-3665
    新宿から小田急線・経堂駅下車 すずらん通を徒歩8分




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
香白韻 【寒露の茶事~乳白の森】
DSC_9451-edit

先週に引き続き、今週は浦川さんの香白露主催のお茶会 
寒露の茶事~乳白の森】にお呼ばれし、
カメラマンとして(笑)参加してきた。

茶席は全部で5つ。
それぞれの茶席では茶人がそれぞれ工夫を凝らした設えで、
それぞれのやり方でそれぞれのお茶を淹れてくださった。

全体のイメージは白と青。
月がライトアップされている。



僕はまず浦川さんの席につかせていただく。
お茶は今年の文山包種茶と文山包種老茶。
清香の香のよい文山包種で、品種は青心烏龍か?

そして老茶。
これはなんと35年前の文山包種茶だそうだ。
綺麗に茶葉がそろっているお茶で
見た目は上等な京番茶という感じ
香はスパイシーで味わいは上品な陳年茶
酸味を取り除いた阿波番茶というような感じ
なかなか面白い
こんなお茶があるんだなという感想

DSC_9531

その後は鳴川さんの茶席へ
ここでは蜜香烏龍を茶壺で淹れていただく
甘味のある香がずっと残る
しっかりと焙煎を効かせた台湾の烏龍茶
それがとても柔らかく入っていた

DSC_9467

これらのお茶と一緒に出される茶菓子は
wagashi asobi Rioさんの作品
和三盆とフランボワーズのお菓子は
入場時につるされた木から自分で収穫する

そして栗をメインにしたガレットのような和菓子は
小麦粉の原種が使われており
上に光る闕所は岩塩なのだとか

どちらもとてもおいしいお菓子だった

途中、篳篥(ひちりき)の演奏や歌があり
和と台湾のお茶を融合させた
素敵な茶事であった

DSC_9507

茶席をともにさせていただいた方々
ありがとうございました。

茶席を運営されたスタッフのみなさん
ご苦労様でした。

そして茶事を主催された浦川さん
ご招待有難うございました。

香白韻
http://chanoyu-china.at.webry.info/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
【中国茶情報】 秋の夜長の中国茶 茶韻に酔う
茶友の会は、来る10月23日(土)、高輪福祉会館にて「秋の夜長の中国茶~茶韻に酔う~」を開催します。
深まる秋の一日、ゆっくりと中国茶を楽しみませんか。

「秋の夜長の中国茶~茶韻に酔う~」

日時:2010年10月23日(土) 14:30~19:30
場所:高輪福祉会館2階 洋室・和室(港区高輪3-19-11)
内容:
   A席:岩茶丹桂
   B席:単そう蜜蘭香
   C席:阿里山紅茶
   D席:観音王
   E席:岩茶飲み比べ(水仙、水金亀、梅占、奇蘭)

  ●茶席終了後、参加者が自由にお茶を淹れたり飲んだりできる
   フリースタイルの「大茶話会」を開催します。(点心、お菓子付き)

席料:A~D席 500円  E席 800円   大茶話会 1000円

タイムスケジュール:
   第1回  14:30~15:00
   第2回  15:15~15:45
   第3回  16:00~16:30
   第4回  16:45~17:15
   大茶話会 18:00~19:30

※茶席、大茶話会参加のご予約受付中です。席数が限られていますので、お早めにお申し込みください。
 詳細は茶友の会ホームページをご覧ください。

茶友の会http://home.a03.itscom.net/chayu/


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
【中国茶情報】大山崎秋茶会
恒例の「大山崎秋茶会」が開催される。
このお茶会には、一度行ってみたいのだが、遠方であるがゆえに、なかなか行くことができないのは残念である。

日時: 10月16日(土)・17(日) 11:00潤オ16:00(受付は15:30まで)
場所: 当館庭園・茶室など
内容: 恒例の中国茶会を開催します。
費用: 1000円(税込、お菓子・お土産付き)、入館料が別途必要
主催: 中國茶會・無茶空茶

※ 事前予約不要
※ 雨天決行
※お気に入りのお猪口くらいの茶杯をお持ちになってご参加ください(美術館でも購入できます)。
※本件のお問い合わせ先 
 TEL:06-6361-6910 
 e-mail : muchakucha*nifty.com
 *の部分を@に変えてください
 中國茶會・無茶空茶 黄 安希(ほあん あき)<茶事家>

http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/syosai29/index.html





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
【中国茶情報】 資格取得スタディツアー募集
資格取得スタディツアー募集

日本茶藝師協会では、2つの資格取得スタディツアーの参加を募集します。同協会実施の資格取得スタディツアーは、中国茶に精通した日本語通訳が付き実施されます。また中国茶本場での講習ですので、その他のお茶に関する
楽しみがあります。この機会に是非ご検討下さいますようお願い申し上げます。


■第1次中級評茶員

実施期間:平成22年12月3日~12月8日(日本発着コース)
実施場所:中国浙江省杭州市
申し込み締め切り:10月31日
催行人員:10名以上


■第12次初級茶芸師

実施期間:平成23年2月18日~2月23日(日本発着コース)
実施場所:中国浙江省杭州市
申し込み締め切り:1月10日
催行人員:10名以上

詳細は下記に問い合わせください。

NPO法人日本中国茶芸師協会
事務局 青木 雅一
電話054-667-4033
Mobile 080-6552-1880
http://www.geocities.jp/jcteaia/
jcteaia@yahoo.co.jp



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
中国国際茶文化研究会講演会開催
10月下旬に、静岡で「世界お茶まつり」が開催される。その会場で、あの中国国際茶文化研究会の姚国坤先生が講演をされるそうだ。

姚先生にお会いして、もうどのくらいの時間がたつだろう。一緒に本まで出させていただいたのが、昨日のことのようだ。今回は、平日なので多分僕は参加できないのだけれど、中国茶を学ぶ者は、姚先生の話は一度聞いておくといいと思う。

また、当日の夜、先生を囲んだ懇親会も開催される。きっとその場でもいろいろなお話を聞くことができるのであないんだろうか。

■ 講演会
日時:2010年10月29日(金) 10時30分~12時45分(受付 10時00分~)
会場:グランシップ 10F会議室(1001-1、2)
   静岡市駿河区池田79-4  ※JR東静岡駅南口より徒歩3分
講師:姚 国坤(ヨウ コッコン)教授 
   浙江林学院茶文化学院 副院長・中国国際茶文化研究会 教授
   浙江樹人大学 専聘教授
   日本出版書籍:「中国茶文化大全」(農山漁村文化協会出版)著者
   (※日本語版共著 熊倉功夫先生・松下智先生他)
費用:1,000円(当日受付にて)
定員:250名(先着順・要予約)
※定員を超えた場合のみ、事務局よりご連絡します。


■ 中国国際茶文化研究会との懇親会のご案内
姚国坤教授をはじめとする先生方や浙江省の茶団体責任者が参加予定です。
会場では、中国茶芸の披露や日本茶の呈茶も予定しています。
ぜひお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。

日時:10月29日(金) 18時30分~20時30分(受付18時より)
会場:ホテルプリヴェ静岡ステーション 3F 「サル・ドゥ・ロゼ」
   〒422-8067 静岡市駿河区南町8-5 TEL/054-281-7300
会費:5,500円(当日会場にて)

■ 講演会及び懇親会の受付先
宛先:NPO法人日本茶インストラクター協会静岡県支部
   FAX 054-653-3203
   ハガキ 〒420-0005 
       静岡市葵区北番町81番地 茶業会館3階
問合:054-653-3103 (担当:近藤)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
【中国茶情報】≪楽茶塾≫茶と禅
≪楽茶塾≫茶と禅 ~禅が教えてくれるお茶の世界~

華泰茶荘のイベントです。

日時:2010/11/20 11:00~13:00
料金:3,800円
講師:岩咲 ナオコ
場所:華泰茶荘
    東京都渋谷区道玄坂1-18-6
定員:24名
内容:茶と禅はどのように結びついていったのか
   歴史の中から見える茶と禅の関係性
   禅思想を取り入れた茶席設計と茶藝

詳細はこちらから
華泰茶荘HP


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
『槿花一日』:ロ・ヴー茶会
槿花一日

名古屋の白鳥庭園・清羽亭で2010.10.3に開催された、ロ・ヴーのお茶会『槿花一日』にご招待いただいたので、参加してきた。

白鳥庭園は、名古屋の名所「熱田神宮」から程近い場所にある池泉廻遊式庭園で、園内は御嶽山、木曽川、伊勢湾に見立てた日本庭園。

その敷地内にある「羽清亭」は、数寄屋建築の日本家屋で、母屋には広間と二つの茶室、渡り廊下を経て立札席が中洲に立つ、大変趣のある建物になっている。

この広間と立札席をメイン会場に、それぞれ茶席が用意され、さらに、母屋の茶室では、ウエルカムティを愉しむことができる。

全体のテーマは『槿花一日』。白居易の詩から、一日しか咲かない秋の季語「槿」をモチーフに、こうして一日だけここに会したさまざまなでも、平等な人々とともに、お茶を飲み交わすという趣向である。

さらに、それぞれの茶席には、テーマが決められており、それにマッチした茶席が設えられていた。

槿花一日
白鳥庭園 清羽亭全景


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
この続きを読む
『茶都に学ぶ』
『茶都に学ぶ』

角川から一冊の本が届いた
『茶都に学ぶ-私の杭州中国茶留学』

著者は宍戸佳織さん

宍戸佳織さんといえば、早稲田大学で書かれた『中国宋代における茶の加工法の変化と闘茶』や『中国茶文化と茶館』といった論文を以前拝読させていただいたことがあった

学術的な切り口で、茶芸や茶文化を紹介する方だ

この本は、そんなバックボーンとともに、彼女が杭州で中国茶のあれこれを学んださまざまなエピソードが紹介された本である。

杭州の有名茶館レポートなども紹介されており、お茶修行や杭州に興味のある方には、おすすめの一冊である。


『茶都に学ぶ-私の杭州中国茶留学』
著者:宍戸佳織
出版:角川書店
発売:2010年09月 21日
定価:1260円
ISBN 978-4-04-653729-4-C0095



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村