中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
武谷清風堂
R1147940

山口に出かけた。

昔は出かける先の情報収集として、必ず現地の茶荘、茶館、カフェの情報を事前に集めるのが当たり前のことになっていたのに、最近ではカフェ情報しか事前にチェックしなくなってしまったので、ひょんな事に思いもしないお店にであったりする。

今回山口で本当に偶然出会ったのが、武谷清風堂

ここが手作りで改装して中国茶も置くようになった頃の情報はネットでいつも目にしていた、僕には比較的馴染みのお店だったはずなのに、すっかりこの店が山口にあることを失念していた。

R1147939

お店は山口駅から伸びるメインストリートの半ばに、それを横切るようにしてあるアーケード街を左折した奥の方だ。

店自体は街のお茶屋さん風味。しかしいろんなお茶を扱っている雰囲気がいい感じだ。

R1147941

この店は、清風茶房という茶藝館を併設していて、お店で販売しているお茶が飲めるらしい。今回はお店を覗くだけで茶は飲まなかったけれど、結構な種類の中国茶を扱っているようで、なかなかに貴重なお店と言えよう。


武谷清風堂
http://www.seifudo.net


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
無料で出される渋い日本茶-うれしい日本の食文化
P1130836

食事のお店にいって、無料でお茶が出てくるのは日本だけだよなあと、そんなことを考える。

あ、中国とか台湾でもそんなことはあるのかもしれないけれど、少なくとも西洋では、水やお茶は有料になる。最近の高級フレンチでも水は、確実に有料だ。お洒落なボトルに入って出されるミネラルウォーターが有料なのは、それはそれで仕方がない。だけど、一般庶民の食堂クラスのお店で、水やお茶は確実に無料なのだ。

もちろん、無料のものにそんなにお金はかけられない。だから安いお茶が基本となる。それでも、緑茶やほうじ茶が出されることが、食事をおいしくし、食欲を増進させる。

お店のテーブルにつき、ほっと一息ついたときにだされる一杯のお茶は、なんかほっこりとおいしいではないか!

それが安い緑茶であろうと、そんなことは関係ない。大きな土瓶にまとめて入れられて、何煎も出されたような渋みのあるおちゃであっても、やはり日本のそういう食文化って嬉しいなって思うのだ。

総じて昔ながらの下町のお店で出されるお茶が美味しかったりする。この写真のお茶は浅草の間見どころで出されたもの。微妙に渋くて、茶のいろなんてすっかり濁っているけれど、お店の雰囲気とマッチして、とてもおいしく感じたりする。

メニューと一緒に出されるお茶を一口飲んで、さあ、何をたのもうか?!そう考えるひと時の幸せ。今も昔もこういう部分だけは絶対に河ってほしくないなあと、そんなことを考えてしまうのは、僕だけだろうか?


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
福梅(加賀温泉)
DSC_5404

姉貴家族が遊びに来て、
御年賀でなぜか加賀銘菓「福梅」を持ってきてくれた。

なぜ?加賀銘菓?!聞くの忘れた(笑)。
でも、おいしい最中風のお菓子。

ちょっと調べてみたら、
加賀温泉の一つ、中山温泉のお菓子だそうだ。
そういえば、2年前に冬の山代温泉にはいったなあ。
また蟹を食べに行きたいなあ。。。。と
そんな思い出を引き出してくれるお菓子だった。

ちなみにこの福梅、お正月限定発売だそうな・・・。
ごちそうさまでした。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。