中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
正山小種
2014-12-22 20.04.45

先日、名古屋の清水さんに頂いたお茶。
かなりグレードの良い正山小種らしい。
昔は全部ひっくりめてラプサンスーチョンなんて読んでいたけれど、
最近はラプサンの言葉を目にすることもあまりなくなった。

これは紅茶と明記されているとおり
結構甘みのある紅茶。
ラプサンのようにばりばりに焙煎がかかっているわけではなく
青楼でかるくいぶされた感じだろうか。

いまだに正山小種が紅茶の原点というのが
いまいち不思議なのだけれど
烏龍茶と紅茶の境目もよくわからんけど、
まあ、飲んで紅茶と思えば紅茶なのか(笑)

星村にも行ってみたいなあって
昔は思ったものだったけれど、
今はヨーロッパの各地をカメラ散歩したいので
中国茶熱はすっかり下火な今日この頃。

布目先生みたいな中国茶紀行をいつか買うんだって思ってた
15年前がとっても懐かしい(笑)




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
京はやしやの思い出
2014-12-16 14.41.49-2
浅煎り焙じ茶@京はやしや

そういえば、京都で一番最初に訪問した茶の店は、京はやしやだったなあと、久しぶりに東京ミッドタウンのお店を再訪して思い出した。もう20年ぐらい前のこと。お茶にはまりだしてすぐの頃、たまたま京都に用事があって訪問した時に、日本茶の店を数件回った際に、一番最初に行ったのが京はやしやだった。

の頃から京はやしやには、巨大な抹茶のかき氷があったっけ。美味しい日本茶もたくさんあったはずなのに、とにかく中国茶にしか目がいかなかったので、台湾のお茶を買った記憶がある。

そういえば、長竹さんを教えてもらったのはここでだったような。まだメランジェを知らなかった時代。そんな時代もあったなあ。

2014-12-16 14.42.24-2

この京はやしやの東京ミッドタウン店は、こじんまりした綺麗なお店だ。休日は入店待ちの列が出来るほど。今だから中国茶にはこだわらずにいろんなお茶を楽しめるから、肩の力を抜いて楽しめるこういうお店が有難い。

名物の宇治金時氷は季節柄遠慮して、浅煎り焙じ茶とわらび餅の入ったみつ豆を頼んだ。ちょっと冷えてしまった体には、浅煎り焙じ茶のほっこりした暖かさがとても嬉しかった。

残念ながら、東京ミッドタウンの京はやしやは、2014.12.25で閉店だそうだ。まだ都内には数店舗あるので、次回はそっちに行くことにしよう。

http://www.kyo-hayashiya.com


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
高級中華の中国茶は、とっても惜しい
2014-12-11 18.10.31-2
忘年会@北京

高級中華料理店の中国茶って、こんなに時間がたっても昔と変わらないなあ。
もう少しぐらい工夫があってもいいのにといつも思う。
でも、確かに水を頼むと有料のミネラルウォーターが出される高級フレンチと違って、中華のお茶は無料が定番だから、そこにお金をかけられないというのはわからなくもないが、もう少しどうにかならないかなあって思ってしまう。
帝国ホテルの名の知れた高級中華料理店 北京ですら、器にはそれなりのこだわりがあるのに、サントリーの烏龍茶を温めましたか?とでもいうような、そんなお茶が出てくるのには、かなりがっかりした。

その意味では、高いけど割り切りのあるマンダリンのセンスの方が正解な気がする。

2014-12-11 20.36.14-2

まあ、料理は美味しかったので文句はないが、それだけに惜しいなあって感じが拭えなかった。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村