中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
紫砂茶杯
スポンサーサイト
五感で楽しむ中国茶
tea20160210.jpg

「中国茶」、「五感」
というキーワードは、確かによく使われる。
僕にとってこれらのキーワードを見ると
すぐに孔先生の『中国茶・五感の世界―その歴史と文化』
を思い出してしまうのだが、
この本はそっちの路線ではまったくない本。

うーん。そっちの五感かあ・・・。

All About時代に
お茶と美容、健康について記事を書いてくださいといわれ
断り続けてきた分野ともいえる。

でも、こういう切り口って人気があるのだよね。
まさに需要があるからこういう本も生まれるわけで
それはそれで否とはしない。

設えを美しくして
優雅に健康に、そして楽しく。
なんて素敵な中国茶。

そういう世界から距離をとってずいぶん経つけれど
そういう世界はそういう世界でありなんだと思う。

たまにこの手の本をみたり
blogを見たりしながら、
最近では、おお、すごい工夫がされていて
お茶の世界も進化したんだなあって
かなり本気で感動したりもする。

武骨で凛とした
陰翳礼讃的な茶道も
庶民の蓋碗茶のような世界も
そしてこの本が描き出す世界も
お茶の世界であることには間違いがない。


『五感で楽しむ中国茶』
出版社: オフィスエム; AB版
著者:林圭子
発売: 2015年11月7日
ISBN-10: 4904570987
ISBN-13: 978-4904570982


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
莫干黄芽
DSC_8261

莫干黄芽は、浙江省杭州市の西北の徳清県、
莫干山の麓で作られる
黄茶だ。

晋の時代から茶の栽培が始まったかなり古い歴史を持つ。

くるくると曲がりくねった小さな芽が特徴の
緑茶テイストともいえる黄茶だといえるだろう。

DSC_8278

黄茶、なんとも不思議なお茶。
このお茶がなんで作られたのか、
いつか解明されるのだろうか?







にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
節分には福茶を飲む。
_1370120



福茶(日本茶)

立春大吉

福茶は、正月や節分、大晦日などで飲まれる茶。
正月の福茶を大福茶といって節分のとは区別するけど、
中身はほぼ一緒。

福茶と言っても、内容は地域によって様々。
例えば、京都は昆布と梅干。
長野は栗とか柿を入れるらしい。

我が家は柚子と豆と砂糖に煎茶で作るのだ。

これを飲むと、さあこれから季節は春に
向かうのだと思ったりする。

こういう日本の伝統は、長く続くと良いのだけれど。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。