中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
岩茶 金観音
_1460371

小梅茶荘で肉桂を買ったときに
おまけでもらったのが金観音。

金観音は、金鎖匙と鉄観音を掛け合わせた
近代になってからの茗叢。

香りがやはり特徴の岩茶。
特にその香りが素晴らしい。
金木犀のような清冽な香りと強い甘みがある。

そして長く尾を引く後味が特徴。

このお茶は、「夏のお茶」だ。
こんな暑い日にはとっても良く似合う。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
京都へ来たら、長竹さんへは行かなければいけない!
_1460203

京都といえば、長竹。
先斗町にある和める茶どころ(ごはん処、甘味処でもある)。

京都へ来るたびにここに寄らせてもらっている。
というか、京都へ来たら
ここへ来なければいけないのである。

_1460199

おいしい玉露の冷茶と
抹茶白玉小豆

ドンピシャなお茶をいつもふるまってくれる
ご主人の心意気がとっても嬉しいのである。


茶香房 長竹 (ちゃこうぼう ながたけ)
電話:075-213-4608
住所:京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町189 8番路地
営業:13:00~23:00
定休:水曜日 月1日不定休


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
大手饅頭
_1460303

大手饅頭は岡山の銘菓だ。

岡山の土産といえば、吉備団子が有名だが
大手饅頭はもう少し上品な
茶菓子として江戸時代から続く銘菓なのである。

天保八年(1837年)に伊部屋永吉が、
岡山京橋町で創業し、
当時の備前藩主池田侯から特に寵愛を受け
御茶会の席には必ず伊部焼の茶器とともに
愛用されてきた。

大手饅頭の名称は、
店が岡山城大手門の附近にあったため
藩侯からいただいたと伝えられている。

_1460308

大手まんぢゅうは、
良質の備前米を材料とし、
糀(こうじ)からつくり始め、
もち米などを加えながら
じっくり日数をかけて成熟した甘酒を仕上げる。

これに小麦粉を混合し発酵させて生地を調製する。
丹念に仕上げた生地で、
北海道産小豆を特製の
白双糖で練り上げた漉餡を薄く包み、
蒸上げて作られる。

大手饅頭伊部屋
住所:岡山県岡山市北区京橋町8-2
電話: 086-225-3836
定休:火曜日
営業:9:00~18:00
http://www.ohtemanjyu.co.jp


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村