中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
獅峰明前龍井を飲む
DSC_3496

久しぶりに獅峰の明前龍井を飲んだ。
何年振りだろう。
最近は春に雲南の緑茶ばかりだったのだが
やはり龍井は美味しいお茶だ。

日本では美味しい龍井がなかなか入手できないので
こうして知人が送ってくれるお茶が貴重であり
とてもありがたい。

なんだか一人で飲むのがもったいないので、
そのうち、久しぶりに高校からの遊び仲間を招いて
お茶会でもしようかな。

他に幾つか緑茶が届いたので
またゆっくりと飲んでみたい。





にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
阿里山高山烏龍茶2017年新茶
18620494_1241730185933454_8615486952887032186_o.jpg

帰宅して阿里山でほっこり。
やっぱり阿里山はおいしい。

ふと見つけた茶荘にて
(坪林茶荘@台北)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
嶢陽茶行(永康店)
DSC_2928

鼎泰豐本店の待ち時間に覗いたのが
嶢陽茶行(永康店)。

昔と異なり今ではとても
スタイリッシュになっていて驚いた。

販売しているお茶のパッケージが
可愛いものが多い。

茶の展示スタイルは、
ルピシエ同様茶葉を見ることが
出来るスタイルで、
産地なども明確に表示されているし、
試飲もさせてくれるので、
ちょっとお茶を買ってみようという人には
よいかもしれない。

いい感じの茶器もあった。

住所:台北市大安區永康街9號
電話:02-2396-2500
営業:10:30~22:00
定休:年中無休
http://www.geowyongtea.com.tw/



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
節句の餅:柏餅
_1570574

端午の節句は、我が家は「柏餅」。
関西では「ちまき」らしいが関東は柏餅だ。

古代、柏の葉は、
神様へのお供え物を盛る器だった。
柏は神聖な木だったからだ。

では何故神聖だと考えられたのか?
それは柏の葉が次の新芽が出るまで
葉を落さないからだ。

そんな神聖な葉を
跡継ぎが途絶えない葉とみなし
「子孫繁栄」の意味が
柏餅に具現化されているわけだ。

ちなみに
柏の葉の表で巻いてあるのが味噌餡。
裏で巻いているものが小豆餡だという。
そんな違いにいままで気が付かなかった。




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
廣方圓茗茶
DSC_2829

今回の旅で最初に訪問したのが、
ずいぶん昔に作家の平野久美子さんの紹介で
東京でお会いした湯齡娜さんの店「廣方圓」だった。

日本でサロン方式でお茶を販売するための来日だったが、
数年しないうちに撤退されてしまったのが
残念だったことを記憶している。

湯さんは僕と同じ年。
20歳の時に「正中茶荘」という茶荘を開いた
というから驚きだった。
その後も多少交流があったのだけれど、
最近はもうすっかりご無沙汰してしまっていた。

DSC_2830

だから今回台北に行くときには、
湯さんに会えたらいいなあって思っていたのだが、
残念ながら湯さんはお店にはいなかった。

突然の訪問だったし、家族もいたので仕方がない。
廣方圓は、もともとはプーアル茶メインだったが、
その後、紅茶、烏龍茶、東方美人、ジャスミン茶、
鐵観音なども扱う茶荘。

DSC_2831

価格設定は高めだが、パッケージがかわいいので、
土産向けにはよいだろう。試飲もさせてくれるので、
自分で好きなのを選べばよいと思う。

今回僕は自分用に鉄観音を一つ、
上司の土産に阿里山高山茶を一つ購入した。

ここの鳳梨酥はおすすめ。

住所:台北市中山北路二段72巷7号
電話:02-2563-2851
営業:9:00~21:30
定休:年中無休
http://www.kfytea.com/



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
珍珠奶茶@春水堂(新光三越南西店)
_1570628

台北に15年ぶりに行った。
息子のリクエストで
珍珠奶茶の飲み比べをするのが
一つの目的。
(もう一つは小籠包の食べ比べ(笑))。

まずは、有名な元祖ともいうべき
春水堂だ。

中山にホテルをとったので
近隣にある三越の店舗にいってみた。
お茶の味わいがいい感じの
珍珠奶茶だった。

確かにこれを飲み比べするのは
なかなかにおもしろい。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村