中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
キームン毛峰
R1148676

昔、キームンといえば、キームンジャパンを置いて他の紅茶は考えられない時代があった。
ネットで吉岡さんが丁寧な説明をしていたあの頃、なんかキームンが身近になった時代でもあった。

残念ながらウエブサイトもなくなってしまい、直接購入する手段が途絶えたキームンジャパンのお茶だったが、今は卸などを通じて販売はされているらしい。

で、8年ぶりぐらいだろうか、久しぶりにキームンジャパンの紅茶を飲んだ。ふんわりと甘い、若干スモーキーな口当たりの、おいしいキームン紅茶だった。

そうそう、このなんの飾り気もない茶の缶に、ラベルの端ってあるのがキームンジャパンの特徴だったよねえ。
久し振りのキームンも、おいしさには変わりがない。
たまにはじっくりといろんな中国紅茶の飲み比べなどもしてみるのも悪くないかな。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック