中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
国産茶葉の烏龍茶 つむぎ
P1270043

「日本の烏龍茶 つむぎ」がコカ・コーラから発売になった。

「国産茶葉を100%使用、こだわりの製法で丁寧に作りあげました。」というのが、このお茶の特徴。
もちろん国産の茶葉を使って烏龍茶は作れるのだろうけれど、なぜそんなコンセプトを?
中国茶の負のイメージ(農薬問題など)を払しょくする必要があったのか
それとも日本茶の製造過多みたいな問題があったのか?

しかし、プレスリリースに掲げたられ「国産茶葉ならではの味わい」というものは
残念ながらこのお茶からはあまり感じられない。

P1270039

唯一、感じられた部分を掲げるとすると
中国の烏龍茶を利用しているサントリーの烏龍茶よりも
どちらかというと紅茶側に味わいが傾いている点か?
日本茶の茶葉を使って独自に製法を整えたというのなら
なんでももっと特徴を出さなかったんだろう。
結構その部分は残念な感じだった。

もちろん、日本茶の将来を考えた場合、
こういう選択肢もあるのだろう。

日本茶の茶葉をきちんと使えるとするなら、
水分状態や気温・湿度に合わせて発酵の度合いを工夫して
焙煎も日本茶や他の茶とは異なった仕上げが必要で、
そのためのラインを完成させたというのは、重要なことなのかもしれない。

それが日本においてどの程度受け入れられるものなのか、
今後の売れ行きを見守ってみたい。

http://c.cocacola.co.jp/nihon-tsumugi/




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。