FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
中国茶は難しくない 中国茶の区分を知ろう!
■ お茶の区分は6+1

中国茶を難しいと感じる人の多くは、その種類の多さに圧倒されてしまうに違いありません。確かに中国茶は、日本茶や紅茶のように単純ではなく、さまざまな区分があり、その区分毎にも、本当に多くの種類のお茶があります。中国茶の種類は、200だ、いや500だ、いやいや1000以上はあるといった声が、実際に中国茶を商売にしている人たちからも聞こえてくるほど、多岐にわたっています。

では、どのように中国茶の区分を把握したらよいのでしょう。実は非常に簡単に中国茶の区分けを覚えることができるのです。中国茶は色ごとに緑茶、青茶、紅茶、黒茶、白茶、黄茶の6つに分けることができます。これに香りを付けた花茶を加えて全部で7つ。とても単純ですね。

■ 緑のお茶

まずは、「緑」。これはみなさんもよくご存知の「緑茶」です。緑茶は、摘んだ茶葉が空気にさらされて酸化発酵する前に熱を加えてその酸化発酵を食い止めたお茶。日本茶が蒸して熱を加えるのに対して、中国緑茶は釜で炒ったお茶が主流です。そして、よく誤解されているのですが、中国茶の主流はこの緑茶です。

■ 青のお茶

次に「青」。これは皆さんもよくご存知の烏龍茶などの分類です。茶葉を日光に晒して酸化発酵を促した後、熱を加えて作られるお茶で、半発酵茶とも呼ばれています。なぜ青茶なのかは、その茶葉を晒した時の色が、非常に濃い緑色になっていくのですが、中国では、青を緑色の濃い色を意味しているのです。日本では缶入烏龍茶が広く浸透したために、この半発酵茶である烏龍茶が中国茶の主流だと誤解されている向きもありますが、烏龍茶は中国のお茶の生産量の約3%に過ぎません。有名なお茶には鉄観音、武夷岩茶などがあります。

■ 赤のお茶

次に「紅」。これももうよくご存知ですね。そう、紅茶です。茶葉を完全に酸化発酵させたお茶で、世界三大茶の一つとして知られているキームンなどがあります。湯の色が濃い紅色をしていることから、この名前がついたと言われています。

■ 黒のお茶

そして「黒」。これは中国茶ならではのお茶ですが、釜炒り緑茶を積み重ねて放置させ、菌で更に発酵させたお茶です。茶を煎れた時の湯の色が黒いことから黒茶とよばれていますが、後から菌で発酵させるので「後発酵茶」とも呼ばれており、雲南省のポーレー(プーアール)等が代表的なお茶として知られています。

■ 白のお茶

「白」は、白い産毛の多い芽のお茶を摘み、わずかに発酵させて、天火で乾したところから、白茶と呼ばれています。軽く発酵させるところから、「微発酵茶」とも「軽発酵茶」とも呼ばれ、紅茶のシルバーチップとよく似た白毫銀針(ハクゴウギンシン)等が有名です。

■ 黄のお茶

「黄」は、緑茶と黒茶の中間のようなお茶で、緑茶に水分を加え、わずかに後発酵させたものです。茶葉が微妙に黄色く変色しているところから、黄茶と呼ばれていますが、君山銀針(クンザンギンシン)などが有名です。

■ 花のお茶

最後に「花茶」ですが、緑茶や烏龍茶あるいは紅茶に、ジャスミンや金木犀などの花で香りをつけたお茶で、茉莉花茶がその代表です。

これで中国茶への第一歩は踏み出せましたね?
さて、次回以降は、これらのお茶を個別に取り上げ、その特徴や飲み方などをご紹介していきたいと思います。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック