FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
FOODEX2001取材報告
20010318_01

今年で26回目を迎える「FOODEX JAPAN 2001」(国際食品・飲料展)が、3月13日(火)から16日(金)まで、千葉・幕張メッセの日本コンベンションセンターで開催されました。業者関係者しか入場できないイベントですが、年々中国茶関係の出店が増加していますので、覗いてみることにしました。

今回のお茶関係の出店を見ると、台湾を中心に大陸、香港の農協や茶荘まで出店しており、それぞれに、自らのお茶のすばらしさを関係者にPRしていました。

香港からは、MINGCHA(明茶房)が出店していました。ブースは非常に明るくて、素敵なデザインのパッケージを陳列する傍ら、茶藝を披露していました。その洗練されたパッケージを戦略にして、デパートなどを狙おうとしている様子。「日本にも中国茶版スターバックスをこれで展開しませんか?!」というような売り文句でした。たしかに、このパッケージとお茶の品揃えだと、若い女性に受けること間違いなしという感じをうけました。さらに、扱っているお茶は、宋種単[木叢]などなかなかのものでした。ちょっと素敵なHPもあります。試飲をさせてくれるのですが、おいしいお茶でした。

さて、台湾ブースは、茶農会から長生製茶、久順茶行、誠宇実業、一豊茶行、[山登]泰企業、富宝企業の6社。今年は華泰茶荘と明山茶業が出店できなかった程の人気だったそうです。長生製茶は、有名な桃園のお茶やさんですが、ここを仕切っていたのが、学芸大学前にお店のある蘭亭の方でした。おいしい東方美人と翠玉を飲ませていただきました。また、久順茶行は、日本でもダッシュという会社が扱っているのですが、ここの安蒜さんというバイタリティーのある女性が取り仕切っていました。ここでもおいしい高山茶をご馳走になりました。ほかの4社は、台湾の方が直接応対をされていたので、あまり詳細な説明が聞けませんでしたが、それぞれ頑張っているようでした。一豊茶行は苗栗の茶荘なので、是非東方美人を飲みたかったのですが、やはり烏龍茶主体だったので、ちょっと残念でした。

台湾の隣接した場所に「南投県農会」がブースをだしており、ここには林茶荘の林さんが元気にブース運営をされていました。南投県は、台湾の中心部に位置する場所で、有名な台湾烏龍茶産地もひろがっており、台湾全体の40%以上を生産しているところです。ですから、それぞれのお茶産地から厳選された烏龍茶を農会が収集し、それを広く販売しているのです。そんな農会のお茶を扱う林さん、流暢な日本語でブースを回っている参加者にお茶を振舞っていました。

20010318_02
最後の中国ブースでは、2軒ばかり中国茶を扱うところがありましたが、1軒は試飲もさせてくれないし、ブースの人は中の円卓で勝手に内輪話をしているしで、全然商売するという感じではなく、またその熱意も感じられませんでした。おーい、中国、もっとしっかりしろ!という感じで、台湾の烏龍茶が中国国内でも流通量が急激に増えているのが良くわかります。

もう一軒の中国緑色食品公司が、安渓にある雲紫山というところで作ったウーロン茶を宣伝していました。試飲させてもらいましたが、やはり台湾高山茶に比べて洗練度が落ちますが、悪くは無かったです。一箱もらってきました。

というわけで、なかなか面白いイベントでした。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック