FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
中国茶入門本はこれを!
中国茶を学ぶには、いろんな方法があります。最近茶荘、茶館、あるいはカルチャーセンターなどでいろんな講習会が開催されていますので、まずは入門コースなどに参加してみるという手がありますね。でも、もう少し、自分の知識を豊富にしたい。そう思う人って多いと思います。そんなときに手元に置いておきたいのが、入門用の書籍。独断と偏見でお勧めの入門書を4冊セレクトしてご紹介しましょう♪



20010827_01.jpg
『中国茶入門』

先ず最初にご紹介したいのは、「香り高き中国茶を愉しむ-中国茶入門」。著者は、香港の中華料理を撮らせたら、この人の右に出る人はいないというほどの達人カメラマン菊地和男氏。菊地さんは、「香港飲茶読本」という本でもおなじみですが、長年香港へ取材へ行くうちに、お茶の魅力に嵌ってしまったそうです。この本は、そんな菊地さんの愛情のこもったすばらしい出来映えの中国茶入門本で、中国茶の世界のすばらしさを、美しい写真と分かりやすい文章で解説してくれます。なにはともかく、書店で一度開いてみてください。題字は趣味人で有名な香港楽茶軒の葉さんの作です♪

「香り高き中国茶を愉しむ-中国茶入門」
 著 者:菊池和男
 出版社:講談社
 出版年:1998.7
 価 格:2400円
 ISBN4-06-209232-8


20010827_02.jpg
『香りを楽しむ中国茶の事典』

次にご紹介するのは、「香りを楽しむ中国茶の事典」。「お茶の辞典-日本茶・中国茶の世界」などの「事典シリーズ」を何冊も出している成美堂出版から出されている本で、お茶に関わる様々な人に取材して構成されています。お茶の愉しみ方をいろいろと考えてみたい人には必携の入門本と言えるでしょう。この本の特徴は、さまざまな画像がページのあちこちにちりばめられている点でしょう。どんな茶器をそろえたら良いか、どんな茶葉があるのかなど、菊地さんの画像なども活用され、総合的中国茶入門本に仕上がっています。♪

「香りを楽しむ中国茶の事典」
 著 者:成美堂出版編集部編集
 出版社:成美堂出版
 出版年:2000.6
 価 格:1200円
 ISBN4-415-00985-9


20010827_03.jpg
『中国茶雑学ノート』

次にご紹介するのは、先の2冊とは全然違う、読み物風の入門書です。「中国茶の楽しみ雑学ノート―「清香(チンシャン)」へのいざない」著者は、ビジネス第一線で活躍している方たち。お茶にずっぽり嵌って、いまではすっかり日本の中国茶の世界では有名人になってしまいました。彼らの書いた前作「中国茶雑学ノート」は、どのようにお茶に嵌ってきたかを克明に記録した、入門者による入門書したが、前の雑学ノートから3年、その間彼らが主催した「中国茶サロン」で培ったさまざまな経験から、お茶の魅力を更に掘り下げて書かれています。
特に、その後彼らが出会ってきた深い中国茶の魅力的な世界が紹介されている処がとっても魅力的な本でしょう。全然綺麗な画像はないけれど、逆に文章でお茶の楽しみにいざなってくれる、入門者必読の一冊。特に、お茶と出会って迷うことなどに、明快な回答が与えられる点、読んで損はないでしょう。♪

「中国茶の楽しみ雑学ノート―「清香(チンシャン)」へのいざない」
 著 者:成田重行、工藤佳治、兪向紅
 出版社:ダイヤモンド社
 出版年:1999.9
 価 格:1800円
 ISBN4-478-96076-3 


20010827_04.jpg
『中国茶図鑑』

さて、最後は、今までの入門本とは一線を画す、中国茶の図鑑です。題名は「カラー新書 中国茶図鑑」。「中国茶の楽しみ雑学ノート」の著者陣が、コンパクトに代表的な中国茶の茶葉、産地、そして特徴などをまとめた本です。この本があれば、様々な場面でであったお茶を知る手がかりになります。もちろん、中国茶の数は、非常に多く、ここでは全て紹介しきれていませんが、例えば「太平猴魁」というお茶に出会ったときに、その茶葉の形から、茶のいろ、産地、そしてそのお茶の特徴などがわかってしまうという優れものです。類似書に「中国名茶館」(左能典代:高橋書店)、「中国茶の世界」(周達生:カラーブックス)等もありますが、この本は、茶葉が原寸大だったり、巻末に上海でのお茶の買い方指南などが付録があり、非常に使える図鑑になっています。♪

「カラー新書 中国茶図鑑」文春新書
 著 者:工藤佳治、兪向紅、丸山洋平
 出版社:文藝春秋
 出版年:2000.10
 価 格:880円
 ISBN4-06-257298-2




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック