FC2ブログ


中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
tree.gif

「素敵なクリスマスは、とっておきの銘茶で過ごしたい。」何かとせわしい年末ですが、せっかくのクリスマス、仲のよい友達を自宅に招いて中国茶でほっこりしたい。そこで、こんなお茶会を提案したいと思います。題して、「午後のクリスマスティーパーティー」♪

■ビュッフェスタイルがおいしい

20011118_01.jpg

お茶会コーディネートの5W1Hを考えた場合、すでに、「仲のよい友達」、「クリスマス・午後」、「自宅」のWho,When & Whereは決定済み。あとは、What, WhyとHowを決めればよいのですが、今回は大人のクリスマスティーパーティーというコンセプトで、あえてクリスマスにはこだわらずに、手軽に演出してみましょう。
そこで、まずは、簡単なランチをビュッフェスタイルでそろえてみます。たいそうな料理は必要ありません。主人のあなたも、招いたお友達も、楽しく歓談できるように、なるべく簡単なものを作って並べておけば、楽しくわいわい茶会の前の腹ごしらえ程度に、みんなでつつく。ですから、大皿料理なんかがお勧めですね。(具体的な料理のレシピのヒント等は、各グルメサイトのあちこちにたくさん掲載されていいます。ぜひ参考にしてくださいね!)

■お茶が主役

クリスマスティーパーティーの主役は、あくまでも中国茶。そこで、そんなお茶をどんな風に楽しんでもらうのがよいのかなといろいろと考えてみましたが、寒い冬にはあったかいお茶。そして冬だから旬のお茶。ということで、とっておきの武夷岩茶(ぶいがんちゃ)と梨山高山烏龍茶(りざんこうざんうーろんちゃ)を主役に立てて、お茶のメニューを組み立てて見ましょう。

□CHINATEA MENU

  ・ 礼品[シ真]紅工夫
  ・ 桂花龍井
  ・ 鉄羅漢(武夷岩茶)
  ・ 望海茶秋茶
  ・ 梨山高山烏龍冬茶

■まずは雲南紅茶から始めましょう

どんなお茶からはじめるか、いつもいつも一番悩むことなのですが、今回は食事に続いてお茶会に突入するということで、どんな食事にも比較的マッチしやすい、香りのよい紅茶からはじめてみましょう。礼品[シ真]紅工夫(れいひんてんこうくふう)は、白毫の多い甘味のある雲南省のおいしい紅茶です。食後の一服を、この紅茶でほっこりしていただきましょう。主人が蓋碗でいれて、サービスするもよし、透明なグラスのティーカップでサーブするのもまたお茶の色を楽しんでもらえるので、とても美しいです。

■江南の秋を振り返って

次に、秋の江南を一食に彩る金木犀で香りをつけた桂花龍井(けいかろんじん)で、緑茶と花茶のマリアージュをお楽しみいただきます。炒青緑茶の深みある味わいと、華やかな、クリスマスにもマッチするような香りで、お友達の会話も弾むことでしょう。
(桂花龍井はなかなか国内では入手しにくい入お茶です。龍井と金木犀の花を混ぜてしまうというてがありますので、試してみてください。
(金桂花(金木犀の花)は、楼蘭で!そして龍井は、華蓮で!)

■真打は、ベストティーの鉄羅漢

そしていよいよ今日の主役の登場です。夏すこし前に摘まれる岩茶は、摘んですぐよりも、味の落ち着く冬が一番おいしい季節。しかも、体を冷やすと言われるお茶の中で、芯から体を暖めてくれるのがこの岩茶です。800種を超えるといわれる武夷岩茶の中で、2001年のベストクオリティー岩茶であるといわれている鉄羅漢(てつらかん)。もちろん、四大岩茶の一つです。じっくりと、お気に入りの紫砂の茶壷で淹れましょう。このお茶は、最低でも5煎は楽しめます。お茶のおいしさを味わっていただくにはもってこいのお茶だといえるでしょう。しばし、会話も忘れて、お茶を堪能してもらいましょう。
(岩茶は、ラ・メランジェで!)

■おしゃれにグラスで望海茶

20011118_02.jpg

お茶そのもののすばらしさを堪能してもらった後は、旬の緑茶で口直し。少し前に届いた浙江省のおいしい緑茶、望海茶(ぼうかいちゃ)。
海雲寺の前に植えられた18本の茶樹が由来といわれ、明代から伝わる芳醇で甘味のある緑茶です。東シナ海を望む望海崗で作られる、一芯一葉、ニ葉の緑の芽がとてもきれいな緑茶ですから、ちょっとおしゃれにフルートグラスに淹れてサーブしましょう。
一息冷ましたぐらいの湯でいれるので、耐熱性のフルートグラスでなくともOK。1/3ぐらい飲んだら、また湯を足すという具合に、お茶を楽しめば、主人のあなたも参加して楽しい会話に花が咲かせます。
望海茶は、茶遊苑RIKOで!

■パーティーの締めは清香の梨山高山烏龍秋茶で

さて、楽しかったクリスマスティーパーティの締めは、なんといってもこの冬一番のお茶、梨山高山烏龍冬茶。だれもがおいしいと感じられる、清香の烏龍茶です。冬茶ですから、香りよりも味わい深さを楽しむお茶ですが、飲んだ後味が非常に清らかで、皆さんがその香りを感じつつ帰途についてもらえる、とりを努めるには最適なお茶です。じっくりと、台湾の名人の手による茶壷で何煎もたのしんでみましょう。すっかり、みんなお茶酔い心地で、中国茶の虜になること請け合いです。
(梨山高山茶は、Formosa Tea Connectionで!ただし、冬茶の到着はまだしばらく後になります。)
こんな形のティーパーティ、クリスマスの午後に楽しんでみませんか。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック