中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
お茶会の開き方
「お茶会を開きたい!」お茶にはまると必ずみなそう思います。とっておきの銘茶をあの人にご馳走したい。お茶を囲んで、楽しく過ごしたい。でも、そのための、茶空間をどのようにしつらえるか、いつも頭を悩ませる問題です。そこで、今回は、お茶会のテーブルコーディネートの基礎やメニューの作成方法、そしてお茶を出す時の工夫について、考えてみましょう♪

「しつらえ」

20011119_01.jpg

おいしいお茶が手に入ったので、ちょっとお茶会を♪という方、多いと思います。お茶があれば、ほんの少しのお茶請けと道具さえあれば、お茶会は開けてしまいますが、まずはしつらえをどうするかを考えましょう。

お茶をメインに据えるお茶会ですから、基本的には余分なものはいりません。
テーブルコーディネートを考える場合、まず押さえなければいけないといわれるのが「5W1H」、つまりWho,When,Where,What,Why,そしてHowです。だれと、いつ、どこで、なにを、なぜ、どうやってという、基本コンセプトを考えます。

20011119_02.jpg

といっても、難しく考える事はありません。まず、その時々に一緒にお茶を飲みたい人は誰かな?それでWhoは解決です。人数が決まれば、食空間の大きさが決まります。

では、いつ、どの時間帯に?のWhereを考えましょう。せっかく豊饒な四季のめぐりがある国、日本にいるのですから、季節ごとのちょっとしたイベントを捕らえお茶会を開いてみるのはいかがでしょうか?四月上旬の清明節には新茶が届きますので、新茶の茶会。端午の節句、七夕、中秋節、ハロウィン、そしてクリスマスにお正月といった、様々な季節のイベントを利用して、お茶会を開いてしまいましょう。時間帯に関しては、食事を出すのか、デザートだけでいいのかということに影響しますから、重要な要素になります。お招きする人の都合も考えながら、時間帯を決めていきます。

Whenが決まれば、何処でのWhere。どこに茶席をしつらえようかということです。日中か、夜かによっても変わってきますが、中国茶の場合は、基本的にはテーブルが淹れやすいことを年頭におきつつ、でも、バルコニーとか、窓際にダイニングテーブルを移動してなどと、いろいろと楽しみながら考えて見ましょう。もちろん、煎茶の茶室を利用するなんていうのも、なかなか面白いでしょう。テーブル自体のしつらえは、テーブルクロスやランチョンマット、そしてテーブルの上に置くちょっとした小物などをいろいろ工夫することで、雰囲気をつくることができます。あとは、茶器や食器のセッティング。季節やコンセプトにあわせたしつらえをしてみましょう。お茶会の場合は、茶を入れる茶人と客の関係をはっきりさせるのか、それとも客にもお茶を淹れてもらうのかによって大きく変わります。カジュアルな場合は、客に淹れてもらっても面白いでしょう。

お茶会のメイン会場は、テーブル周りですが、たとえばお客さんを招き入れる自宅の玄関にもちょっとした工夫をすると、気持ちよく楽しんでもらえます。シューズボックスの上に茶香炉を置いておく、あるいは小さなキャンドルをともしておく。それだけでも迎える方も訪ねる方も、とても感じがよくなることを思えておきましょう。

Whatの基本はどんなお茶にするのかということ。これは後ほど、改めて。ついでにお茶請けやスイーツ、軽食なども考えてみましょう。

20011119_04.jpg

ここまで来ると自ずと、Whyが重要だという事に気がつくでしょう。すなわち、そのお茶会のコンセプトをしっかりと考えておく必要があるのです。その季節になぜ中国茶か?出来れば大切な人、仲の良い人と、とっておきのお茶を楽しむ時間なのですから、茶話の素となるものや時間のすごし方も組立てておくと場が盛り上がります。たとえば、とてもお気に入りの茶壷を入手したので、その茶壷を主題にしてもいいですし、それにまつわる話を集めておく、あるいは招いた方々に、お気に入りの茶壷を持参してもらう「茶壷茶会」等というのも面白いかもしれません。そんな場合は、お茶を淹れる手間を省いて、おしゃべりに興じるとか、茶壷の使い勝手を楽しためのしつらえなども考えてみると面白いでしょう。

最後に一番難しいHowです。Howとは、茶会全体の進行をどのように流れるように組み立てるかということです。何をどのタイミングでサーブするか、お茶をどのように出すか、出すお茶の順番は?そういう動きを捉えながら、招いた人がほっこりできることを考えていく事が大切です。それから忘れてはならないのが、空間演出。お茶の空間を満たす「音」や「光」なども考えてみましょう。

「メニュー」の作成

20011119_05.jpg

さて、テーブル周り、空間の基本が固まったら、こんどはメニューにこだわりましょう。「取っておきのお茶」ですから、自分が一番気に入っている、そして招いた方に飲んでもらいたいお茶を中心に据える必要がありますが、それだけではお茶会は回りません。食事やアジアンスイーツをサーブするお茶会の場合でも、時間の制約があるとき以外は、最低でも3種類以上のお茶を用意する必要があります。 食事を出す場合は、お茶の前に食事をすえることが基本になります。空腹時のお茶は、思いのほか体にこたえます。特に良いお茶は強いので、必ず胃に何か入っている状態でお茶を飲むように工夫しなければいけません。逆に、少しも空腹感がなければ、お茶そのものを楽しむという意味で、お茶を出している間にお茶請けを出さないということも考えられるのです。

20011119_03.jpg

あくまでもお茶会がメインですから、お茶を楽しむための補助的な意味合いで、食事のメニューを組み立てるのが良いでしょう。中国茶だからといって、中華にこだわる必要はありません。おいしい蕎麦を少し出すなんていうのも、大人の茶会としては、面白いかもしれませんね。

食事を出さないで、簡単なアジアンスイーツだけを用意する場合も、メインのお茶の前にするのか、最後に出すのかを考えてみましょうましょう。ただ、乾燥フルーツだけを大きなお皿に持って、常に置いておくだけでも、お茶会は回りますので、あまり神経質になる必要はありません。

20011119_06.jpg

お茶会の際に「どのお茶から出すか」というのは、結構考えさせられることなのですが、まずは、お茶会のコンセプトにマッチしたお茶をメインに考えてみましょう。あまり似たようなお茶が続くと飽きてしまいますし、なるべく、最後は香りをそのまま持ち帰ってもらえるようなお茶をだすことが、お茶会の印象を深める事に役立ったりしますので、その辺の事にも注意しつつ、お茶の並びを考えます。

花茶(あるいは花だけの茶)を混ぜる場合は、ウエルカムティーとして配置すると、後のお茶にそれほど影響しないので、スターターとして有効です。

基本的には、「花茶→緑茶→青茶→緑茶→青茶」という並びがオーソドックスでわかりやすいのですが、その場合のメインのお茶は、真ん中の青茶か最後の青茶になるでしょう。中国茶の場合は、緑茶から花茶まで様々なお茶のバリエーションがありますから、様々な組あわせを楽しむ事もできますし、あえて旬の緑茶だけを飲むという楽しみ方も可能です。テーマやコンセプト、そして食事とのマッチングも考えながら、お茶の順番を組み立てて見ましょう。

お茶の出し方

20011119_07.jpg

さて、最後に考えなければいけないのは、どうやってお茶をサーブするかということです。これには、大きく分けて3つの方法があります。

1.主人(客を招く茶人)が茶を入れて、客にサーブする。
2.客にも茶を入れてもらう。
3.主人も客もなく、それぞれの蓋碗で楽しむ。

20011119_08.jpg

恐らく、茶会というと、1のスタイルが基本になるでしょう。比較的フォーマルな場合にこのパターンを採用します。主人が茶を出す場合、食事を取った場所で、引き続き茶を飲むか、あるいは、別の場所に移動して茶を飲むかを考えましょう。お茶を淹れている間は、お招きしたお客さまとの会話が途切れることも在ることに留意しながら、どのような形で茶を淹れる席を用意するかを先ず決定します。茶を主人が淹れる場合は、茶杯は全て主人の前に集めておいて、茶を注いだ後、お客さまに出すのが基本です。2煎目からは、茶海に茶を注ぎ、その茶海を回すこともあれば、小人数の場合は、再度、主人に茶杯を戻してもらうこともあります。一度戻す場合は、誰が飲んだ茶杯であるかを主人はきちんと認識しなければいけません。

パターン1の利点は、自分が大好きなお茶を自分で淹れてサーブできるということです。水にこだわり、湯の温度や茶葉の量にこだわって、極上のお茶を飲んでいただきたい場合に、ぜひ、このスタイルがお勧めです。

しかし、折角のお茶だから、淹れる楽しみも共有してもらいたいという場合は、茶席をお客様にも明渡して、淹れていただくことも可能です。お茶の淹れ方を知らない方には、簡単な中国茶教室のような形で淹れていただくことをお勧めします。これによって、お招きしたお客様にも、中国茶仲間になっていただけること間違い在りません。

同じように、お茶を淹れていただく場合でも、それぞれのテーブルに簡単に工夫茶器のセットを用意することも出来るのです。例えば、お客様の好きなお茶を持参してもらうような形式のお茶会の場合は、参加人数にもよりますが、台湾の無我茶会の茶会形式が参考になります。無我茶会では、茶杯を4つ用意しておき、自分を含めて、左隣3人にお茶を提供します。こうすることにより、多くの人が多くの人の淹れたお茶を楽しむことが出来る仕掛けになっています。

最後に、パターン3の主人も客も、同じように話しに興じるために、予め用意しておいた蓋碗だけを使って、お茶を楽しむパターンです。このパターンは、既に、「中秋節にはお茶会を」で紹介した極力「茶を淹れる」手間を省く形態です。このために、蓋碗を利用して、お茶を淹れることを基本にすれば、あとはお湯があるだけでOKですから、他に部分に主人が注力できるわけです。この場合は、良い茶葉で勝負しましょう。

20011119_09.jpg

そのほかにも、比較的広い会場の場合は、ガラスコップに緑茶や茉莉花茶を入れて、湯を注ぐというサービスでも十分お茶を楽しんでもらえると思います。

基本的には、テーマとお茶の組み合わせ、そしてサーブのし方を考えれば、あなたも素敵な茶会をコーディネートできること間違えなし。いろんなテーマでお茶会を楽しんでみてください。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック