中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
凍頂烏龍:茶濃し付きカップ
b200505101.jpg


イトーヨーカドーで見つけたカップ入り凍頂烏龍茶。この手のカップ入りの凍頂烏龍は、久順茶行(ダッシュ)がテトラパック型のティーバックで出しているのだが、このカップは違う仕組みになっている。

カップは、紙パック、茶漉し部分、そして茶葉入りの容器に分解でき、茶葉入り容器から茶葉を茶漉しに開けて湯を注ぐ構造になっている。

b200505102.jpg


茶葉容器は、きちんと封印され脱酸素材が入れられている。比較的新鮮な形で茶葉を閉じ込めておくことができるので、フレッシュな状態で飲むことができるというわけ。

この凍頂烏龍も、やや焙煎のかかった茶葉が入っている。おいしいティーバッグだとそれほど代わりがないが、結構考えたつくりになっていて面白い。

願わくば、もう少し上等な茶葉が入っているといいのと、茶器容器が透明なのが難点か・・・。せめて無印クラスの凍頂烏龍が入っているとうれしいのだが。

一回だけで使い捨てはもったいないので数回使えるし、ピクニックに行ったときに持参すると結構楽においしいお茶がのめるというものだ。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。