中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
素敵な茶館でおいしいお茶を♪ 和茶館(閉店)
20020627_01.jpg

名古屋にある「和茶館」を紹介する記事でしたが、残念ながら、2002年末に和茶館は閉店しました。

とても素敵な茶館だったので、2002年6月にUPした当初の記事を消してしまうのが惜しまれるので、記事内容だけは若干修正して、このまま残して起きます。こんな素敵な茶館が以前あったのだということで。(T_T)

是非、早期に再開して欲しいものです。

20020627_02.jpg

和茶館は、名古屋郊外に2001年10月3日にOPENした静かな茶館です。

本店は、龍井茶の故郷、中国・杭州にある茶と骨董品を扱う有名な茶館。

和茶館を切り盛りしていたのは、オーナーの暁嵐(ギョウラン)さんとスタッフの新井さん。暁嵐さんは杭州に生まれ、二十歳で来日した日本語堪能な女性。中国茶藝師の資格も取得しています。新井さんも笑顔の素敵な女性でした。

20020627_03.jpg

店の右半分は茶葉や茶器を扱うフロアーで、龍井をはじめ、中国、台湾各地のお茶がいろいろと並んでいました。

20020627_05.jpg

店の左半分は、中国の素敵な骨董家具がしつらえてある茶館空間です。壁には茶杯の額が飾られ、静かな時間の中でお茶を楽しめました。

20020627_04.jpg

和茶館のコンセプトは、『以茶会友』。お茶を通じて、友と出会う。つまり人々が文化的なものに興味をもち、お茶を飲みながら語り合うという、ゆったりとした時間を大切にしようというものです。

20020627_06.jpg

コンセプトどおり、こだわりの茶を素敵な空間で戴くことが出来ます。一人一人茶盤と茶壺が用意され、数名でいっても、お互いのお茶が飲めるように複数の茶杯を用意してくれる心配りがうれしかったです。

20020627_07.jpg  20020627_08.jpg

ランチタイムには、中華粥のセットが用意されており、お茶と合わせて楽しむことが出来ます。とても豪華なおかゆセットは、白粥、貝柱の粥など数種の中から選ぶことが出来ました。

20020627_09.jpg  20020627_10.jpg

20020627_11.jpg  20020627_12.jpg

(和茶館は2002年12月に閉店しました。)


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック