中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
緑の一番綺麗な緑茶
b200505131.jpg


なんでこのお茶はこんなに綺麗な色をしているんだろう。おそらく、緑茶の中では一番明るい綺麗な緑色のお茶ではないかと思う。

この緑は中国では「可逆性白化現象」によるものだとされている。つまり、これは自然の中で突然変異として生まれた茶葉なんだそうだ。

つまり、緑葉体の膜の構造化が温度変化に敏感に反応して、発育が妨げられ、そのために色素変化を起こしているために、こんなに鮮やかな緑になるらしい。

「白色紙の如し」と表現されているが、そんなに白いのだろうか。製茶した後の茶葉しか見たことが無いのでわからないが、いずれにしろ、製茶した後も、普通の緑茶よりも明るい緑であることは確かだ。

そういえば日本にも九州の八女にも「ほしのみどり」という品種が白茶と呼ばれているらしいけど、安吉白茶と科学的に同じなんだろうか。それに、なぜ、八女の白茶は白茶と呼ばれるんだろう。

いつか、安吉白茶と色比べをしてみたいものだ。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。