中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
若草
_1320906

出雲に行ったので、松江で何泊かしてみた。
松江という土地は、松平不昧公が茶の湯を浸透させた土地柄だけあって
和菓子があれこれある。
とくに同時茶会などで出されたものを「不昧公好」というのだとか。

今回気に入った不昧公好の菓子は、彩雲堂の「若草」。
若草はいくつかの和菓子店から出されているらしいが、
本家はここ彩雲堂なのだとか。
_1320912

もち米で作った求肥に
緑色のそぼろをまぶした逸品。

不昧公の茶席のあれこれをまとめた「茶事十二か月」の中に出てくる菓子の一つらしい。
その後製法が失われてしまったものを、
この彩雲堂の何台か前の主人が明治中期に再現したのが
いまあちこちで作られる若草の原型らしい。

http://www.saiundo.co.jp/2shop_wakakusa.html


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック