中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
六安瓜片
b200505251.jpg


六安瓜片という安徽省の緑茶は、その深みのある味わいがたいそう際立っているお茶で、これを飲まないと春茶を一通り飲んだという気にならないお茶である。

深緑の茶葉が特徴のこのお茶を、フレッシュなうちに入手して、おいしいうちに飲むというのはなかなか苦労することなのだが、ここ数年、うれしいことに北海道の香香さんのとこで扱っているので、ついついお願いしてしまうのだ。

おそらく、淡い、香りの高いお茶が好きな人にはやや強すぎるお茶かもしれない。

安徽のお茶は、浙江省や江蘇省のお茶とは異なり、なんだか泥臭い感じがする。その分素朴な味わいのものもおおく、太平猴魁なども、味わいが淡い割には、ボディがしっかりしていると思う。

香港で六安というと、黒茶のようなものとして知られているので、こんなにフレッシュなお茶だと思いいたらなかった時代があるのだが、これはもう人に隠れてのみたい隠し球のようなお茶というところだろうか。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック