中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
お茶の???-太平猴魁
b200505271.jpg


何でこのお茶は、こんな形をしているのか。いつも飲むときに本当に不思議に思う。そしてこんで小葉種であるはずのこの品種の茶葉がこんなに大きいのだろう。

雲南省から内陸に茶樹が伝わっていくうちに、大葉種が小葉種へと進化を遂げたという話があるが、これは本当なのだろうか。実際、壁螺春の茶樹の中には、驚くほど大きな茶葉が見受けられるのだとか。福建省の仏手やミン南の水仙種などは明らかに中葉種なのだろうが、これに匹敵するぐらいの茶葉の大きな茶樹があるというのも、なんだか面白いものだ。

ともかく、大葉種でも小葉種でも、製茶の段階でかなり小さくされてしまうのだが、こと、この太平猴魁は、製茶してもこんなにばさばさとした形なんだろうか。



いったいいつの時代からこの茶葉はこんな形で存在していたのだろう。このお茶を作った産地の人たちは、なぜこんな形に仕上げたのだろう。

こんな???がこのお茶には尽きない。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック