中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
抹茶オーレ
b200507021.jpg


抹茶オーレが飲みたくて、抹茶を買ってきた。抹茶オーレなので、泡立てなくちゃいけないのだが、どうも僕は茶筌でうまく泡を立てられないみたいだ。

こんど、ぎっちゃんにきちんと教わりたいものだ。

ところで、抹茶とミルクと若干の砂糖を混ぜれば、基本的に抹茶オーレは作ることができる。できるのだが、残念ながら、それだけではすまなかった。というのも、抹茶の味でこの飲みものも大きく影響があるということがわかったのだ。

実は、抹茶ならなんでもいいよねえと、スーパーで売っている易い抹茶を購入してきたのだ。ところが、これが間違いだったのだ。

普段僕が飲んでいた抹茶は宇治の小山園のもの。たまたまこれを切らしていたのでスーパーでと言うことになったのだが、ぜんぜん味が違うではないか。

まず、味に奥行きがない。うまみ成分はあるのかもしれないが、どうも薄っぺらなのだ。それから香り。あまり抹茶の香りは気にしていなかった。でも、実は、茶碗を口に当てたときの抹茶の香りというのが、とても重要なのだということを意識してなかった。

なるほど、こんなに違うものをベースにしたら、抹茶オーレだって味や香りが違うのは当たり前か。でも、買ってしまったものは仕方がない。少し多めに抹茶の粉を使ってオーレを作ったり、あるいは料理に使ってみようかと思う。

うーん、そうなると、こんど抹茶の飲み比べというものをしたくなってしまうなあ。あまりどこの抹茶がおいしいなんていう話を聞くことは少ないのだが、どうなのだろう。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
抹茶は、どうも加工食品としても優れてるようですね。抹茶自体をたてて飲むのは年に数回あるかないかなのですが、日ごろはけっこう抹茶味になじんでるかもしれません。うちでは鰻重などにスパイスのように抹茶を少々ふりかけてということもあります(^^)
2005/07/04(月) 19:06:16 | URL | 茶韻香 #-[ 編集]
わたしも棗にいれっぱなしにして退色したようなお抹茶は牛乳や豆乳と合わせてます。
小山園ファミリーはいくつか持っていますので、抹茶いろいろ会が実現した際には提供させていただきますね。
2005/07/12(火) 11:08:38 | URL | カツマタ #-[ 編集]
カツマタさん
コメントありがとうございます。豆乳というのもよさそうですね。その場合、泡立ててますか?泡って、なんだかお茶やミルクをまろやかにしますよね。是非、抹茶茶会やりましょう!
2005/07/12(火) 13:15:43 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。