中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
霍山黄芽
b200507221.jpg


黄茶をいただいた。
蓋碗が茶碗代わりに。

黄茶って、正直言ってよくわからない。
いろんな黄茶を今まで飲んできたけれど、
やはり、このお茶は良くわからない。

なぜ、黄茶などという作り方が生まれたのか。
歴史が古いお茶だといわれながら、実はそれほど歴史があることが確認されていない。

素性もそうだが、そもそも、この味わい。
君山銀針は、とてつもなくおいしいお茶だが、蒙頂黄芽は深みのあるお茶だ。

そしてこの霍山黄芽は、微妙に繊細な味わいのお茶である。

b200507222.jpg


このお茶を飲ませてくださったのは、出屋敷の華茶の田華さん。山東出身の素敵な女性だ。

彼女の店では、このほかに、君山銀針、蒙頂黄芽が楽しめる。なかなか取り扱う店の少ない黄茶だが、3種類を飲み比べできるのは貴重な店と言える。

カウンターでのんびりと飲み比べするもよし、自宅で本でも読みながら蓋碗からすするもよし。
解らないながら、何か見えるかもしれない。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。