中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
谷庄普シ耳沱茶
b200507311.jpg


先日知り合った雲南省出身の秦さんの店「李記穀荘」で扱っている普シ耳茶。まだ新しいできてほやほやの普シ耳茶だ。

中国雲南省思茅市景谷郷で作られる茶で、いわゆる大葉種喬木古茶樹で作られた生茶である。

思茅はいわゆる西双版納の北に位置する地域。伝統的な喬木古茶樹がある地域だが、あまりこの地域のお茶を飲む機会に恵まれない。

まだまだ若いお茶なので、タンニンの苦さが結構表に出てくるのだ。あと5年、良い状態で置いておくと、きっとおいしいお茶に仕上がるのではないかと思う、そんな味わいだ。

ここでは、他に餅茶、磚茶も扱っている。この若い茶の値段は、これから育てるということでかなり安い。茶の味わいはなかなかのものなので、是非自分で茶を寝かせたいという方には、よい材料を提供してくれるお店ではないか。

熟茶も生茶もあるが、同じように寝かせて、どのように味わいが変わるのか、実験してみようと思っている。






にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。