中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
流求茶館
b200508061.jpg


昨日沖縄4日目にして那覇に戻ってきたのだが、那覇にはよらなければならないお店がある。この茶館のことは、kinoさんがやっているshenme cha?というblogのリンクから知ったのだが、その後、雑誌にも取り上げられているのをみて、素敵なお店だなと思っていた。

ホテルからもそんなに遠くなさそうだし、時間があったら是非是非と思い、オーナーが開いている「求流茶館つーしん」に「お店におうかがいしますね!」なんて書き込みまでしてしまったのだった・・・。(笑)

で、那覇に着いた夕方、琉球料理のお店「山本綾香」の予約時間まで少しだけ時間があったので、家族をホテルにおいて単独で茶館へ。

ホテルからタクシーで国際通りまででて、そこからすぐだと思ってたんだが、事前に地図を調べたにもかかわらず、なぜかしっかりと道に迷う。実はとてもわかりやすいところにあったにもかかわらず・・・。

で地元のお姉さんに「この路地をまっすぐ行くとすぐですよ」と教えてもらってたどり着いたら、お店の方が笑顔で迎えてくれたのだった。

こじんまりとしたお店だが、カウンターはとても居心地が良くて、ついつい長居をしてしまいたくなる。メニューをもらって、あれもこれもと悩みながら木柵鉄観音をお願いした。

メニューは、台湾のお茶がメイン。そのほかに手作りのちんすこうとかいろいろなデザートも載っていた。迷うはずだ。(笑)

出していただいたお茶は、よりがきっちりとした良い茶葉で、汗をかきながら沖縄で熱い台湾茶を飲むなんて、なかなかいい素敵じゃないかとすっかり腰を落ち着けてしまったのだった。

b200508062.jpg


オーナーは山城豊さんという若くてハンサムな男性。そしてこちらも笑顔の素敵な共同経営者?!の銘苅(これで”めかり”さんと読むのだそう。)さん、そしてお店のスタッフの女性三名の記念写真をぱちり。

沖縄には「茶館」という名前のお店があるのだが(今回は時間がなくて断念)、ちゃんと工夫茶のセットで出しているのは、このお店ぐらいだとか。これだけ台湾や大陸に近いのに、それほど中国茶は浸透していないようだった。

でも、kinoさんのようなお茶ファンはおおいのだし、居心地のよさでは、絶対に東京のお店に負けてないとおもうので、是非是非、沖縄で頑張ってほしいと思う。

そうそう、お茶を飲ませていただいたときに出していただいた茶器は、なんでもkinoさんの奥様の手つくりだとか。素敵な茶杯だった。(画像参照のこと。)

結局お店からホテルまで帰るのに、道をちゃんと教わったのに迷ってしまい、嫁に怒られたことは内緒である・・・。(^^ゞ

 ■ 流求茶館
   沖縄県那覇市牧志1-3-17
   098-862-3031
   


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。ひらたさん。
ブログの紹介ありがとうございます!しかも私の嫁の器の写真までアップしていただき、たいへんありがとうございます。

6月に窯をとりよせたのですが、いまだ火は、はいらず。嫁にもこの画像をみせて、はっぱかけます!次回沖縄にいらっしゃるときは、連絡くださいね~

南部までどうぞ、足を運んでくださいませ!(近くにはビーチもありますので子供も大満足ですよ!)
2005/08/12(金) 14:03:40 | URL | kino #-[ 編集]
ひらたさん、
先日はどうもありがとうございました。
もっとゆっくりとお話したかったのですが、
あの後は「山本綾香」に行かれたんですね。
僕も1度行ってみたいなと思っているお店です。
今度沖縄にお越しの祭も是非お会いできれば幸いです。
2005/08/12(金) 15:23:30 | URL | 流求茶館 #-[ 編集]
kinoさん、山城さん、コメントありがとうございました。

山城さん、本当にご馳走様でした。また来年沖縄にいく!と嫁も息子も申しております。また是非よらせていただきます。

kinoさん、そのときには是非お会いしたいですね。引き続きよろしくお願いします。
2005/08/13(土) 23:56:25 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「流求茶館」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べ...
2005/09/25(日) 09:58:39 | ブログで情報収集!Blog-Headline/food