中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
信陽毛尖
tr20060115-01.jpg


このところ、よく飲む緑茶がこの信陽毛尖。

一時期、龍井だの碧螺春だの太平猴魁だのといった緑茶ばかり飲んでいた時期があって、そのときにこのお茶のおいしさを再発見したというか、繊細な味わいで、日本の和菓子ともあううところが最大の魅力。

9年ぐらいまで、紫陽毛尖と信陽毛尖の区別が付かず、紫陽毛尖が好きだったはずなのに、「信陽毛尖大好きです!」などと公言したために、とあるところから送っていただいたのが、このお茶との出会いなのだが、最近では、おいしい紫陽毛尖にであえないので、むしろ、そのときの言葉そのままに、信陽毛尖大好きだ。

信陽毛尖については、以前、ここで書いたけれど、日本ではあまり入手ができなくて、今飲んでいるのは、馨香のもの。

年を取ってくると、少し繊細なやわらかい味のものが好きになってくるのだが、この緑茶は、そんな僕に今一番フィットするという気がする。


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
信陽毛尖?
碧螺春(低めの温度でとろんと淹れたもの)私大好きなのですが、信陽毛尖、まだ飲んだことがないのです。はじめて聞きました。興味深いです。今度ためしてみます!
blogこれからいろいろと拝見致しますね。
2006/01/21(土) 00:33:22 | URL | オッチー #8hqL4htE[ 編集]
オッチーさん、コメントありがとうございました。

碧螺春は、僕も好きなお茶の一つです。蓋碗でじっくりと繊細な味を楽しみたいお茶ですね。

信陽毛尖はむしろ日本茶に近いかもしれません。是非一度試してみてください。

引き続きよろしくお願いします。
2006/01/23(月) 08:02:31 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。