中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
白牡丹
tr20060121-01.jpg


白牡丹というお茶が香港で飲まれているのが、昔から不思議だった。なぜ飲茶にプーアル茶という組み合わせが好まれるのに、そのほかにも白牡丹が香港でたくさん売られるのかということ。

プーアル茶も上等なものは丸いけれど、白牡丹ほど柔らかくない。特に飲茶で出てくるようなお徳用プアール茶と白牡丹の共通点など全く無いのだ。

今飲んでいるのは、林奇苑茶行の極品白牡丹。ここ数年のお気に入りだ。ふんわりと甘くてやわらかい。淹れ方もそんなに気にしなくてもおいしく入る。

最近では、ガラスのサーバーに茶葉をがさっといれ、そこに熱湯をどばー!

と、ここで気が付いた。そうなのだ、この白牡丹もこうして淹れると食事にあうのだ。これはプーアル茶との共通点。

もちろん、蓋碗で丁寧に入れたものは、むしろ食事よりもお茶会向けで、おいしい和菓子なんかとの相性がいいのだが、熱湯でがががといれると、食事にぴったりの表情をするのもこのお茶の特徴。

どちらも愛すべきお茶の表情。そのときの気分で楽しみたいものだ。

tr20060121-02.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。