中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
青心烏龍2005年冬茶-蘭亭
tr20060125-01.jpg


蘭亭の藤原さんから、台湾の冬茶が届いた。毎年春と冬に、品種のお茶を数種類送ってもらうのだ。いまのところ、台湾のお茶の良し悪しを自分なりに実感するための定番茶といえるもの。

いつも、青心烏龍、青心大有(月の横棒がないもの)、翠玉、金萓の四種類。ときに、台茶17号の東方美人などのバリエーションがあるが、基本はこの4種類。

特に気に入っているのは、青心烏龍。この冬のこのお茶は、非常に煎が聞く。しかも味がしっかりとしていて、落ち着いた香りがなんとも心地よい。

ふむふむ、この冬もおいしいお茶にであったねえと、こんなところで安心する、そのためのお茶というところだろうか。

ついでに「彩果」というドライフルーツの茶請けを楽しむのがうれしい時間。

一緒に送っていただいたオリジナルブレンド茶も週末に楽しもう!

  蘭亭
  住所:目黒区鷹番町3-2-1名店街
  電話:03-5722-1197
  営業:10:00~19:00
  定休:月曜


tr20060125-02.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
新しく青茶を買った時には、まず90ccくらい入る蓋碗を使っていれて素性を確認して、それから茶壺を使っていれるようにしている。蓋碗でいれて1煎目に茶水の色や香りに集中するわけだけれど、最近は杯組を使わずに細身の茶杯で全てを済ませてしまうことが多い。通常モードに
2006/02/05(日) 01:27:27 | T-4-2

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。