中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
All About Tea
tr20060203-01.jpg


この本は、メランジェにおいてある『All About Tea』の復刻本。

茶の文化フォーラムでずいぶん前から翻訳プロジェクトを開始したのだが、結局進まず、静岡大学の方々にどうも抜かされているみたい。それはそれでいい。

そもそも、この本は、935年にアメリカはニューヨークのTEA&COFFEE JOURNAL社から出版された書物。TEA&COFFEE JOURNAL社の主幹、ウイリアム・H・ユーカースによって書かれた、上下2巻約1000頁にもおよぶ大部の書。内容は6編52章に分かれている。

FTEAの翻訳プロジェクトから引用すると、

第1巻 3編27章
1編:茶の歴史
2編:栽培と製茶の技術
3編:茶の化学
第2巻 3編25章
4編:商業上のお茶
5編:茶と社会
6編:茶の文化と芸術

対象とされた国は、中国、台湾、日本を始め、インド、セイロン、アメリカ、イギリス、ヨーロッパの国々からジャワ、スマトラに至るまで、まさに茶の百科全書とも言うべきもの。


中国では1949年に、呉覚農氏によって、全訳『茶葉全書』が出版されている。その本もメランジェに並んでいる(下の本)。

いつか、FTEAの手で、我々なりの翻訳が出来るといいのだが・・・。

tr20060203-02.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
静岡大学概観 大学全体 静岡大学の主なキャンパスは2ヶ所、静岡市駿河区と浜松市に所在する。なお、静岡市駿河区に所在する1987年に発足した静岡県立大学の英称は"University of Shizuoka"であり、静岡大学の英称"Shizuoka University&quo
2007/03/08(木) 12:06:26 | さくらの記録

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。