中国茶、紅茶、日本茶、お茶のことをあれこれと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
昨日飲んだお茶たちの記録
昨日飲んだお茶

■ 天山緑茶
福建省のお茶だと、遊茶のまきさんがおっしゃってた。とても繊細な、ちょっと見たところ陽羨茶にも通じる産毛の繊細さ加減が面白い。微妙は[火共]焙加減がいかにも福建省の緑茶という感じ。深い緑がきれいなお茶。
tr20060331-01.jpg

tr20060331-02.jpg


■ 新昌大仏龍井
もっと名前が知られているかと思ったのだが、知らない人が結構いた。Xiang Leサロンでは過去何回も飲んだので、僕にとってはおなじみのお茶だったのだが。ふっくらとしたナッティーな香りが心地よいお茶だった。どう表現していいかわからないのだが、でも、これが土地の違い?微妙な味わいが西湖龍井とは異なる気がする。
tr20060331-03.jpg

tr20060331-04.jpg

tr20060331-05.jpg


■ 茶科所龍井
遊茶の説明よると「「茶科所龍井」は、その西湖周辺地域の中でも、獅峰、梅家塢、雲栖など、歴史と品質の確かさで名高い5つの生産地区のひとつ雲栖地区で造られています。茶科所とは、国立「中国農業科学院茶葉研究所」の愛称。中国における茶葉研究の総本山のことで、このお茶名の由来にもなっています。」とのこと。非常に細く緑の色が濃いお茶だった。味わいは、なんか懐かしいという感じの龍井の味(説明になってない・・・)。
tr20060331-06.jpg

tr20060331-07.jpg


■ 獅峰龍井
最初飲んだとき、これ獅峰?とおもった。なんだかお茶の持つ強さが優しくて、あの獅峰とは違うような印象を受けたのだ。早く摘んだお茶だからか?。でも、一番メリハリのある、釜炒りの味わいがおいしかった。ああ龍井だとほっとする味わいとでもいうのだろうか。
tr20060331-08.jpg

tr20060331-09.jpg




にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
こんにちは・・・yomiyomiと申します。
中国茶には、最近興味を持ち始めたばかりで、わからないことばかりでしたが、
All Aboutとこちらのサイトをとても楽しく拝見させていただきました。

茶葉の写真は、お湯に放たれて、まるで生き返ったようで、
香りまでしてきそうです!
2006/04/01(土) 15:12:42 | URL | yomiyomi #1QjeyAYo[ 編集]
yomiyomiさんこんにちは!ようこそTearecipe2へ。

All Aboutの方もごらんいただいているとのこと、ありがとうございます。最近は、お茶の薀蓄はどうでも良くて、おいしいお茶をおいしく飲みたいなあと、そんな茶のみオヤジに成り下がってます(笑)。

残念ながら画像を撮影した環境がやや暗かったので、本当のもっと輝くような緑が再現できていないのがざんねんです。明日あたり、グラスを日の下にかざして撮影してみようかと思います。

また遊びに来てくださいね。
2006/04/01(土) 17:09:06 | URL | ひらた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
緑茶の新しいのが集まったから春を感じてみようよ、という趣旨であるらしい・・・いやそういうことじゃなかったのかな?ほぼ予定通りに仕事を終わらせて指定場所に行くと、ひらたさんがにこやかに「はい、駆けつけの一杯目」なんて言いながら、(四季春だっかな? 最近の記
2006/04/02(日) 08:26:25 | T-4-2

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。